ファインロードをサイクリング

画像ファインロードは福井県道801号永平寺福井自転車道線の通称です。永平寺町鳴鹿山鹿を起点とし、福井市福町を終点とする総延長26.1kmの自転車道です。九頭竜川水系沿いの自転車道は高低差がなく、多くの人で賑わっていました。







どうやっていくか?



画像今回は永平寺にも立ち寄るので、えちぜん鉄道永平寺口駅の無料駐車場に車を停めさせていただきました。駅に近く輪行に便利です。休日はサイクルトレインが利用できます。終点の福井運動公園は千台駐車可能な運動公園です。









※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します

地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。

地図は福井県HPからDLさせていただきました。



ここから本文です



画像国道364号線鳴鹿橋北詰の起点(と思う)です。ここから堤防上や河川敷を走りますが路面状態がよく、また下りが長く続くので快適に走れます。











画像鳴鹿大堰の横を通ります。堰(せき)は、水をせき止める目的で河川や湖沼などに設けられる構造物です。堰柱は、鳴鹿の「鹿」をイメージしたそうです。そう言われれば・・・










画像本自転車道の距離標です。永平寺からの距離と運動公園からの距離を併記しています。当初計画の起点は永平寺だったのでしょうか?











画像九頭竜川にかかる五松橋で対岸に渡ります。













画像福井県内水面総合センターは、河川や淡水魚をテーマにした展示ホールや人口のせせらぎが流れるふれあい広場があります。ふれあい広場の風車越しに自転車道を撮ってみました。










画像寄る年波に勝てず、最近は輪行に頼ることが多いので出番が多いブロンプトンです。












画像九頭竜浄水場に白いドーム型の建物が複数ありました。帰宅して調べると福井市水源の1つである地下水を汲み上げる深さ15~20mの浅井戸と呼ばれる井戸と判明しました。










画像中藤河川公園(テニスコート)前にサイクリングロードマップがありました。一乗・朝倉ルート、西山公園ルートと永平寺ルートの3ルートです。永平寺ルートは永平寺-運動公園になっています。








画像距離を置かず立っている永平寺福井自転車道・歩行者専用道路マップです。こちらの地図は鳴鹿橋北詰-運動公園になっていました。見づらいと思ったら南北が逆でした。









画像日野川桜づつみ公園は自転車道の脇に200本以上の桜が植樹され、見事です。春のサイクリングは最高だ思います。










画像日野川と足羽川の合流地点です。河川管理境界標識がありました。












画像上記の合流地点には橋がかかっていません。足羽川の川上にかかる水越川を使って大きく迂回します。











画像形が良く似た案内標識と距離標識が、あまり距離を置かずに並んであります。しばし立ち止まって、行くべき方向を考えました。











画像福井県狐川排水機場があります。前を通って狐川に入っていきます。












画像福井運動公園が見えてきました。野球、サッカー、陸上などさまざまな運動施設が集まった運動公園です。










画像終点(と思う地点)です。終点は公園の中だと思っていましたが、正確に言うと運動公園北端のフェンスと狐川に挟まれた一角にありました。ここからえちぜん鉄道福井口まで走り、永平寺口まで輪行して帰りました。







最後に



画像永平寺まで足を伸ばしました。永平寺ごまどうふがおいしかったです。











画像えちぜん鉄道の「サイクルトレイン」は自転車をそのまま乗せられる列車です。折畳み自転車は対象外です。女車掌(アテンダントさんと呼ぶらしい)の手を煩わすことなくちょっと残念?でした。詳細はえちぜん鉄道HPをごらんください。福井県は国土交通省近畿地方整備局の管轄です。福井県では大規模自転車道以外にも多くのサイクリングコースを策定しています。福井県HPをごらんください。なお、本文中の間違いや不適切な箇所があればお教えください。お詫びし、訂正いたします。



6月10日追記



画像永平寺福井自転車道の起点は当初から永平寺町鳴鹿山鹿と福井県土木部道路保全課さまからお教えいただきました。地図記載の永平寺まで足を伸ばしてみてください。写真は廃線になった永平寺線の荒谷駅~永平寺駅間の遊歩道です。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック