西日本大規模自転車道人気ランキング(ルートラボの★数順)

2010年3月31日から正式公開されたルートラボですが、2010年9月23日(初投稿日)から2020年3月31日(廃止日)までの約10年間に、皆さまに頂いた★の多いコース順にランク表を作成してみました。ルートの不明箇所は、管理者に問い合わせて極力、正確を期したつもりなので、ルートの★の数はブログを見て、ルートを参考にして実際に走った皆様からの評価だと思うので、ブログを続けるうえで大きな励みになりました。★の数はアクセス数と一致しませんが、ある意味では、西日本の自転車道順人気ランキングとも言えるのではないでしょうか? ※それぞれのルートの投稿日が異なるので、ルート公開期間の長短がありますが無視しています。 NO.自転車道の名称★数分類1姫路明石自転車道33近畿2北河内サイクルライン19近畿3吉備高原自転車道17岡山県4吉備路自転車道16岡山県5下津井電鉄跡 サイ・(1)(春)14岡山県6綾川自転車道 12四国7加古川右岸自転車道 12近畿8若狭自転車道(1) (2) 10福井県9出雲路自転車道 9中国10蒜山高原自転車道 8岡山県11片鉄ロマン街道  8岡山県12香東川自転車道  8四国13宍道湖湖北自転車道 8中国14びわ湖レイクサイド自転車道 7近畿15土器川自転車道7四国16南河内サイクルライン7近畿17佐賀環状自転車道6九州18神出山田自転車道 6近畿19阿南徳島自転車道6四国20因幡自転車道 6中国21弓ヶ浜自転車道6中国22全線復旧!メイプル耶・(1)(2)5九州23北九…

続きを読む

学校のホームページを作る

数年前にホームページの勉強のため、公開限定サイトを作りました。 「初めてのホームページ作りと維持管理」 です。 想定は、日常業務に追われて纏った勉強の時間が取れない先生、あるいは、業務分担で運悪くホームページ係を任命されたがホームページの勉強の仕方が分からない先生です。記載内容の一部が未完成であること、作成年月日が古いこと等、問題がありますがホームページで困っている人の一助になればと思い、公開します。よかったら見てください。 先生は授業以外にも、課外で部活動の指導等の多くの仕事があります。また、年に数回行われる学校行事、保護者の家庭訪問や懇談会、PTA活動や、地域との係わり等々、多岐にわたる仕事に時間を取られます。そもそも、職員室に腰を落ち着けてデスクワークする時間さえ、まともに取れない先生もいます。 PCに疎い人が多い職場なら、ホームページに関心ある人は限られるのではないでしょうか?大抵は白羽の矢が立って戸惑う人が多いのではないでしょうか?わたしが思うに先生は専任のホームページ担当ではないのですから、更新などの必要最低限ができれば十分だと思います。ホームページの維持や管理は片手間にできる仕事だとは思えません。しかし、管理職の求める水準が高くて、その割に、評価が低いと・・・ 事務職で対応してくれればいいのですが。 かって私もホームページの作成を頼まれ、苦労しました。技術もそうですが、デザイン等のセンスもないことを痛感しました。本記事は便宜上、学校という…

続きを読む

ルートラボの公開機能代替えサービス(『轍 Wadachi』オンライン)(2)

地図サービスは、各人の使用目的で選択肢が違います。サービス内容が日本語対応していないとか、ルート表示できないとか、公開機能がないとか、新規作成や編集機能がないとか、無料(使用制限付き無料を含む)利用できないとかサービス内容(範囲)は、千差万別です。自分の使いがってが一番です。私には「Google Map」や「『轍 Wadachi』オンライン」が公開用によさそうです。他にもいいのがあるのでしょうが、詳しく知りません。以下は、忘備録として作成しました。 ◎ 『轍 Wadachi』オンラインの概要 『轍』は、2006年当時画期的だったGoogleマップ上にGPSで取得したログを描画させるために開発されたソフトです。クラウド型サービス『轍 ONLINE』との連携により、作成した地図を公開することが可能です。現在は、オープンストリートマップと地理院地図に対応です。(㏋から) 『轍 Wadachi』オンラインは、グーグルマップと違い、コースのアップダウンを示すプロフィールマップや、平均速度や移動距離などのログ解析結果も表示できます。また、閲覧者は埋め込んだ地図の「詳細を見る」から、GPSファイルをダウンロードできます。大きなメリットです。 『轍 ONLINE』の公式サイトで、動作環境を確認します。ユーザー登録は後でもできます。・ハードウェア Pentiumおよびその互換CPUを搭載したWind ows PC メモリ512MB以上・オペレーティングシステム(OS) Windows 7/8…

続きを読む

ルートラボの公開機能代替えサービス(Google マイマップ)(1)

ヤフーが提供する「LatLongLab」は、公開されたルートを見たり、また自分でGPSデータ(ロガーの座標と時間,高度log)を取り込んでルートの新規作成や編集ができるサービスです。また自転車乗りブロガー?にはWeb地図にルート表示(軌跡図)して公開できる有難いサービスでした。しかし、2020年3月31日でルートラボサービスの終了がアナウンスされたので、代替えサービスを探さないといけません。 地図上に経路(ログ軌跡)を表示できる地図サービスは数少なく、かつ無料(条件付き無料を含む)で公開できるのは一握りだと思います。以下は私の知る代表的な地図サービスです。・Google Map・OpenStreetMap・国土地理院地図 ルートラボは、公開されているルートのダウンロードができましたが、対応ファイル形式は次の3つです。 KML:地理情報データのフォーマット。OGCの公式標準のファイル形式(.kml)GPX:Google、カシミール等々、多くのGPSで使える汎用性の高いファイル形式(.gps)TCX:ガーミンが取り決めたアスリート用GPSのファイル形式(.tcx。)心拍数などを含む。 ルート図(軌跡図)をブログなどに公開する必要条件(環境)は、以下の通りです。 1.使用ブログでHTMLタグの使用が許されていて、かつ<iframe>タグが使えること。2.FTPアップロードが可能なWEBサーバー(無料も可)を持っているか、利用できること。 …

続きを読む

国交省大規模自転車道サイトとPanasonicおでかけサイクルガイドの廃止

久しぶりの更新です。国土交通省の大規模自転車道のページが閲覧不能になっています。道路局に問い合わせしたら、「大規模自転車道を含め、自転車に関する情報を整理した上で、HPへの掲載等、広報関係の充実化を図っていきたいそうです」。予定は未定か? 消えた大規模自転車道サイトのアーカイブです。使い勝手の悪いサイトでしたが、なにが起きたのでしょう?実は前々サイト(FLASH仕様)も2011年1月に突然消えています。 (過去記事) 地方自治体の中には、まだリンクを貼っていますが・・・ 話が変わりますがPanasonic提供の「おでかけサイクルガイド」も2018年12月末をもって、サービスを終了する旨、告示されました。 私事ですが、同サイトの運営会社様のご依頼で、「キウイハズバンド」名でサイクリングのコース情報を同上サイトに提供しています。中には「おでかけサイクルガイド」のリンクから当ブログを知り、訪問していただくケースもありました。 本ブログとPanasonicの「おでかけサイクルガイド」はルートラボでコース表示しています。ルートラボは、プラグインにSilverlightをインストールする必要があります。しかしブラウザによっては、ルートラボを利用できなかったようです。 マイクロソフトは2021年でSilverlightをサポート終了とかで心配していましたが、ヤフーがルートラボを更新してJavaScr…

続きを読む

ブログ開設9周年

当ブログ(キウイハズバンド)が10年目を迎えます。10年も続くとは思っていませんでしたが、多くの方々(765191 件/8月15日現在)の訪問を励みに、続けてこられました。本当にありがとうございます。 暑気耐えがたき毎日が続き、身も心もぐったりとしております。最近は更新も滞りがちですが、お遍路は続けています。 お遍路の傍ら、うどん行脚もしています。愛媛県今治市のいなか屋台うどん村です。おにぎりをたのんだら、母屋で握ってきてくれました。知る人しか食べれない(当たり前か!)うどんやさんです。 暑さにまけず深山で咲いているあじさいが、通り雨で一息しています。 今春、世間の耳目を引いたお遍路裁判後の巡拝です。61番札所香園寺納経所でビラを配布していました。 ※逆打だと、63番札所吉祥寺の納経所に、62番札所宝寿寺を飛ばしてお参りしてくださいのアナウンスのビラが有ります 新62番札所の納経所ですが、駐車場の一角のプレハブ作り?の建物は急遽感が否めません。御朱印も寺名が無くなります。 ※本堂や太子堂はありません 最近ちょくちょく見るようになった人形様かかしのおばあちゃんです。ちょっとほっこりします。 八栗寺近くのうどんやさんで、休憩しました。 …

続きを読む

沖縄のみち自転車道をサイクリング(2)

沖縄のみち自転車道をサイクリング(1)からの続きです 南部観光総合案内センターの前に、玉城那覇自転車道のコース図がありました。右奥に写っている赤い屋根が案内センターです。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※沖縄のみち自転車道(2)は、南城市南部観光総合案内センターからです。 ここから本文です 案内センターを過ぎたら右折です。この道路は糸数城跡、玉城城跡などの史跡を結ぶ道路でもあり、グスクロード(4㎞)と呼ばれています。 旅の楽しみの一つは、地元の方と言葉を交わすことです。道を尋ねたり、挨拶を交わします。農家の方に、これから植える農作物を教えてもらいました。 グスクロードの展望スペースから、来し方を振り返りました。自転車道は、下り基調で快適に走れます。遠くに島尻消防本部が見えています。 グスクロードの真ん中にあるグスクロード公園です。観光地というより、地元の人が憩う公園です。 玉城城跡です。時間が許せばゆっくり見たいのですが、先を急ぎます。 自転車道が県道137号線にぶつかったら北上し、垣花交差点を右折して県道86号線に進みます。 ここは、県道86号…

続きを読む

沖縄のみち自転車道をサイクリング(1)

沖縄のみち自転車道は沖縄県南城市玉城前川と那覇市首里を結ぶ、一般県道玉城那覇自転車道線の通称です。ルートには未計画、未施工区間が多く含まれますが、現段階で走れる32Km(5Kmの往復区間含)を走りました。 どうやっていくか? おきなわワールド前が起点です。おきなわワールドは玉泉洞(鍾乳洞)とハブ資料館があります。道路の反対側はガンガラーの谷(鍾乳洞の崩れた亜熱帯の森)で、多くの人が車で訪れていました。私はタクシーを利用しました。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※途中で道を失った箇所は、帰宅後にログ補正しています。 ※コース不明箇所は南部土木事務所様に問い合わせ、正確を期しました。 ここから本文です ワールド前の起点と思われます。ここに立つまで、計画してから三年が経ちました。西日本の大規模自転車道のなかで唯一、未走破自転車道でした。 足下のルート図では、斎場御嶽まで道が伸延しています。玉城村・知念村・佐敷町・大里村の新設合併により、2006年に南城市がうまれました。 専用道もありますが、多くは既存道路の併用です。朱色塗装されています。未施工や、計画段階区間は教えてもらわないと自転車道とわかりません。 県道48号線の下を併走するように、自転車…

続きを読む

「爽快!岡山満喫サイクリングロード事業」推奨ルート備中周回ルート(矢掛~笠岡)を走る

爽快!岡山満喫サイクリングロード事業の推薦ルートの一つ、備中周回ルートの矢掛~笠岡間の20Kmを走りました。春爛漫の一日でした。 どうやっていくか? 旧矢掛町には、江戸時代に旧山陽道の宿場町として栄えた当時の面影を残す街並みが残っています。町並み保存地区には無料駐車場があります。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 観光駐車場の西側の町道に、しまなみ海道でお馴染みのブルーラインと方向表示がペイントされています。矢掛~笠岡間の起点から出発しました。 町並み保存地区を抜け、小田川の支流にかかる栄橋を渡り、国道486号線にでます。 しばらく国道を走った後、交通量の少ない堤防道路にでます。 矢掛の町を東西に横切るように流れる小田川の岸に、堤防道路が続きます。 小田川には、所々に沈下橋があります。 堤防道路は県道48号線に交差します。かんのん橋を渡り、笠岡方面に進みます。 ソメイヨシノとシダレザクラでようか?桜が見事です。 …

続きを読む

ブロンプトンで飛行機輪行(覚え)

飛行機輪行について勉強しています。鉄道輪行については過去に調べましたが(過去記事はココ)、飛行機に自転車を乗せるのは初体験です。 機内へ持込むことができる手荷物は大きさ・重さ・個数に制限があります。航空会社HPで確認です。ツアー利用なら、旅行代理店にも確認します。 ちなみに岡山発那覇行JTA(JAL)はB737です。ホームページの手荷物欄(座席数100以上)によると普通席では ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 機内持込可能は、合計重量10kg以内で身の回りの品(カメラ、ハンドバッグなど)の他、合計115cm以内で各辺はイラスト図以内です。個数は1個です。 貨物室に預けられる手荷物は20kgまでが無料で、個数制限はありません。3辺は、右イラスト図以内です。重さが超える場合は、超過料金が発生します。 自転車の場合、分解・折り畳んだ状態で受託手荷物規定サイズ内であれば、保護用ケースやカバーなどで梱包されていることを条件に預けられます。 旅は、「身軽が吉」だと思っています。キャプテンスタッグ大型収納トートバッグMの内部を、ダンボールで補強しました。これを使おうと思います。 ブロの保管兼移動ケースとしても使えそうです。 …

続きを読む

角島大橋を自転車で渡る

南国?と勘違いしそうなエメラルドグリーンに輝く海土ケ瀬戸をまたぐ、「日本一美しい橋」と言われる角島大橋を自転車で渡り、「行ってよかった道の駅」ランキング(クチコミ)第1位の道の駅北浦街道豊北まで、自転車で走りました。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 角島には8カ所の駐車場(ほとんど無料)があります。道の駅「しおかぜの里角島」は角島中央に位置し、最大180台が駐車可能です。ここに車を止めさせていただき、プロで山口県道276号角島神田線を西進、灯台を目指します。 エメラルドグリーンというか、コバルトブルーというか神秘的な海の色と、白い砂浜が目を楽しませてくれます。 角島を含めた山口県北部の海岸線は、北長門海岸国定公園として指定されています。 芸能人に疎い私ですが、キムタクは知っています。角島は、映画やテレビ番組で、またコマーシャルのロケ地としても、たびたび取り上げられています。 はまゆうが群生していました。 角島灯台は130年以上経った現在でも、現役で毎日点灯している総御影石造りの洋式灯台です。「あなたが選ぶ日本の灯台50選」に選ばれています。 …

続きを読む

やまなみ街道サイクリングロードの「納涼滝めぐりコース」を走る

中国横断自動車道尾道松江線(愛称:中国やまなみ街道)が、平成27年3月22日に全線開通しました。広島県と島根県は、沿線地域にも自転車客を呼び込もうと,「やまなみ街道サイクリングロード」と,沿線に18の周遊コースを選定しました。このうち納涼滝めぐりコースを、残暑厳しき中、走りました。 どうやっていくか? 納涼滝めぐりコースは、道の駅「掛合の里」を起終点とする総延長26Kmの周回コースです。道の駅に車を留めさせていただきました。28年度より環境整備を進めていく予定だそうで、サイクルスタンドがありました。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※島根県ホームページの「やまなみ街道サイクリングロード」について ※・広島県ホームページの「やまなみ街道サイクリングロード」について ここから本文です 道の駅を出発します。本コースの一部は、中国地方風景街道協議会が定めた出雲國神仏霊場20 社寺を巡る「神仏の通ひ路ルート」にもなっているようです。 このあたりは、積雪地帯でしょうか?見慣れないポールが、道路際に立っています。固定式視線誘導柱と視線誘導標でしょうか? 国道54号線から県道39号線に入る地点です。最初、この地点を見落として54号線を北上し、多根トンネルまで爆走、引き返しました。ここに自転車乗…

続きを読む

北木島と白石島を、レンタサイクルで走る

石と流し雛の島として、近年は「千鳥」の大悟の出身地として知られる北木島(きたぎしま)と、白石踊で有名な白石島をレンタサイクルで走りました。前回は旅客船に自転車持込みでしたが、今回はフェリーとレンタサイクルの旅です。 どうやっていくか? 笠岡諸島のフェリーは3航路あり、いずれも伏越港から出発します。もちろん自転車は持込(但特殊手荷物として有料)できますが、金風呂丸フェリーでは、自転車を借りて白石島、北木島をサイクリングする事を提案しています。 自転車(実用車中心です)は予約不要ですが、4台程度なので予約が確実です。特に、お盆等の繁忙期は、帰省客等が増えるのでレンタサイクルも予約のみとなります。詳細は、瀬戸内クルージングに直接お問い合わせください。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 北木島金風呂港に着きました。借りた自転車はジャイアント ESCAPE (旧)です。 北木島は、島全体が花崗岩でできた島です。待合室の裏側に石切唄の石碑があります。石切作業の際に歌われた労作唄が石切唄です。地域の方が、清掃活動されていました、 石材を切り出す採掘所(石切り場)を丁場といいますが、島内ではあちこちで丁場跡を見ることができます。 …

続きを読む

夢前(ゆめさき)川サイクリングロードを走る

夢前川サイクリングロードは、姫路市広畑区末広(歌野橋西詰)を起点として同西夢前台(夢前橋西詰)を終点とする総延長5310mの自転車専用道です。夢前川右岸を遡りますが、高低差が少ないので、誰でも気軽に走れます。 どうやっていくか? JR山陽本線英賀保駅まで輪行です。車を運転する気苦労、駐車場を探す手間が無いので、お気楽です。1Km強先の起点を目指します。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※兵庫県中播磨県民局県土整備部作成の「中播磨自転車利用マップ」を参考に走りました。 ここから本文です 県道417号線の歌野橋西詰にサイクリングロードの案内標識があります。 河川敷へと下りるとサイクリングロードが始まります。 山陽本線の下を通ります。電車が来ました。 夢前川右岸の河川敷を川の臭いを感じながら北上します。草いきれに頭がくらくらしそうです。 さるすべりは真夏に、紅色の花を咲かせます。あぶが飛んできました。 3ヶ月間ほど咲き続けるので、百日紅と書きます。後ろに姫路バイパスが見えています。 本自転車道の唯一?の変化です。自転車道は、いったん県…

続きを読む

備讃瀬戸、猫に会いに真鍋島・北木島を走る

笠岡諸島は備讃瀬戸の南西端、岡山県の笠岡市沖にあります。大小31の島々からなり、7島が有人島です。その内の真鍋島と北木島を自転車で走ってきました。猫との出会いは、岩合光昭氏になったようで楽しめました。 どうやっていくか? 笠岡駅まで輪行です。駅から旅客船発着の「住吉港」までは400mです。車で来たら、発着場付近に無料(夏期有料)の駐車場があります。駅前では笠岡市で開催される中国総体のPR活動を、地元の高校生が行っていました。 サイクリングで旅客船航路を利用し、エリア内を周遊する際には、「せとうちサイクルーズPASS」 を利用すると旅客運賃、自転車運賃が割引になります。詳しくは、コチラをごらんください。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 駅前商店街を抜け、JRの線路を地下道で横切ります。ひなびた路地を通り抜けると、旅客船乗り場はもうすぐです。島旅の期待が高まります。 「住吉港」に着きました。せとうちサイクルーズPASSは住吉港の切符売り場で発行してもらいます。同じ笠岡港ですが、フェリーの発着する「伏越港」は駅から約1Km先の別の場所に有ります。 急ぐ旅ではないので、8時10分発の旅客船(左の小さい方)に乗ります。一時間少々で真鍋島の本…

続きを読む

「爽快!岡山満喫サイクリングロード事業」推奨ルート備中周回ルートを走る

岡山県は昨年12月に「爽快!岡山満喫サイクリングロード事業」と銘打ち、県内の観光資源をサイクリングを通して発信すべく推薦8ルートを発表しました。広島同様、順次整備予定です。今回は備中周回ルートの北半分を走ります。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 矢掛町観光駐車場を起(終)点として、高梁川にかかる川辺橋を目指します。ポタリン派には、モデルコースは長すぎるので、ショートカットです。 奈良時代の吉備真備を顕彰した吉備真備公園です。真備公の銅像、中国家屋があります。この先にある真備町「まきび公園」と合わせてお勧めです。 川辺橋の手前に旧山陽道の川辺宿があります。この辺りは高梁川の氾濫で、度々被害を受けており、往時を忍ばせる建物はほとんど残っていません。 総社大橋西詰を左折し、矢掛方面に進みます。時間帯により、車の通行量が多いので走行には注意が必要です。 人車の往来がまばらになると、のどかな田園風景が広がります。夢が原まで緩やかな登りが続きます。 江戸時代,新本義民騒動と呼ばれる百姓一揆がありました。処刑された4人の霊を慰め、功績を称えるために村民によって義民碑が建てられました。 …

続きを読む

瀬戸内しまなみ海道自転車道の通行料金無料化2年延長

広島県尾道市と愛媛県今治市を自転車専用道と公道で結ぶ当サイクリング道の自転車通行料金が、2年間無料となりました。無料化は本年度3月末までの期間限定だったのですが、JB本四高速、広島県、愛媛県が観光客の増加が見込めるとして、減収分を負担して実現しました。今回の措置で回数通行券とサイクリングチケットは払い戻しとなります。通常の通行料金を合計すると500円でしたが、ありがたや、ありがたやです。 四国と広島県を結ぶ全長約70km※のサイクリングコースは、芸予諸島の風光明媚な風景を気軽に楽しむことができる内外で人気のコースです。※今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」~尾道港駅前港湾駐車場まで サンライズ糸山は、多くの老若男女のサイクリストで賑わっていました。 で、各橋間に儲けられている料金所はこのようになっておりました。財布からお金を取り出し、体をくねらせてお金を投げ込んでいたことや、小銭がなくて次の料金箱に、合わせてお金を入れていたことが遠い過去のような・・・ 最後に ずいぶん更新が滞ってしまいました。ブログの更新方法も忘れているし、おまけにウエブリブログの画像添付のやりかたがいつのまに変わっているしで、戸惑いの中での編集作業でした。よかったら、これからも当ブログを見にきてやってください。ありがとうございました。 …

続きを読む

わかやまサイクリング旅・粉河駅~慈尊院コースを走る

和歌山県は、健康増進やサイクルツーリズムの振興を目的に、総延長800kmのサイクリングロードを整備する計画です。紀伊半島沿岸を走る「海のルート」、高野山などを通る「山のルート」、紀ノ川沿いの「川のルート」です。 今回は 「川のルート」の一部である慈尊院~粉河(約16km)を走りました。高野山の入口となる「慈尊院」から紀の川を下り、粉川にいたるコースです。紀ノ川沿いの8.5kmで車道左側に青いラインが引かれ、整備が進んでいます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※那賀振興局がHPで公開している紀の川エリアサイクリングマップ、および和歌山県観光連盟 が  HPで公開している粉河駅~慈尊院コース【約16km】を参考にしました。 ※奈良県と和歌山県発行の「紀の川(吉野川)を辿る自転車の旅 奈良ー和歌山」でも同ルートを  見れます。 ここから本文です 昨年できた「道の駅 柿の郷くどやま」を出発します。多くの観光客で賑わっていました。 程なくすると、左手に慈尊院の案内標識がありました。慈尊院は、弘法大師が高野山開創の時に、高野山参詣の、表玄関として、伽藍を草創されました。 御母公が高野山を一目見たいとこの地を訪れます。大師は、月に九度は必ず当時女人禁制の高野山上から20数キロの山…

続きを読む

ならクル「T12吉野川ルート」(大和上市~五条)を走る

吉野川(紀の川)流域を走って来ました。若かりし頃の思い出の地・奈良和歌山への郷愁(年か?)に誘われ、また、旅への誘惑を絶ちがたく、「元気で動けるうちが花」と言い訳して、いそいそと出かけました。 奈良まほろばサイク∞リングルート(愛称ならクル)の「T12吉野川ルート」を参考に走りました。穏やかに流れる吉野川の下流域を、のんびり走ります。 ※ならクルは奈良県が観光地等をループ状に結び、周遊観光できるよう推奨している31の個別ルート(延長593km)からなるサイクリングルートです。「奈良ー和歌山紀の川(吉野川)を辿る自転車の旅の一部」でもあります ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※レンタサイクルの関係で、起点が推奨ルートと違います。 ここから本文です 吉野地域の玄関口・大和上市駅前の吉野ビジターズビューロー(吉野山観光協会)で電動アシスト付きレンタサイクルを借りて、上市駅前から走り出します。楽をしたいとアシスト付きを選択しますが、後でこの選択が裏目に出ます。 国道169号線をしばらく走り、交通量の少ない県道39号線に入ります。 橋のたもとに修験道の開祖・役行者の像が建っていました。吉野らしい光景です。見事なまでの青空の下を走ります。 どこか懐かしい、川…

続きを読む

夏の倉敷美観地区・ブログ開設七周年になりました

ウェブリブログに登録してから、今日で7周年になりました。ホームページ(ようこそ私のハーブ園へ)は1ヶ月でコンテンツ不足のためあえなく挫折しましたが、ブログは、細々と更新を重ね、8年目に突入です。 幸いにも多くの方々に見ていただき、499,844件(ウエブリブ事務局のお知らせから)の訪問をいただきました。コメントも数多くいただき、感謝しております。 現在、時間があれば、自転車で倉敷美観地区に出向き、写真を撮るのが、唯一の知的生産活動?です。 お盆の期間中にも倉敷美観地区には多くの人が訪れています。 朝晩の空気がヒンヤリと感じるようになりました。今年は夏が短いのでしょうか? 夏に生い茂った木々の剪定作業が本格的に始まると、本格的な秋です。 これからも駄文を重ねるつもりですが、体力の衰えとともに更新速度は落ちそうです。これから、どちらに進むのか、立ち止まるのか分かりませんが、よろしかったらまた見に来てください。ありがとうございました。 最近、LUMIX G7を買いました。全くの下手の横好きですが、時々写真ネタも書いています。よかったらブログテーマから写真も見てください。

続きを読む

高野山へ

四国八十八ヶ所巡礼の締めくくりとして高野山へ参拝しました。1000m級の山々が連なる高野山は、夏でも涼しかろうと観光バス(高野山開創1200年総本山金剛峯寺と奥の院参拝 熊野牛をご賞味コース)を利用しての参拝です。 一の橋から奥の院に続く参道は2Kmにもおよび、両脇には20万基を越える墓石や供養塔、慰霊碑が並んでいます、 奥の院を目の前にして、激しい雨に襲われます。俄に視界が暗くなり、空には稲光が走ります。大音響とともに境内に雷が落ちました。参道が川と化し、横殴りの雨には傘はなんの役にもたちません。まさに急変でした。 奥の院を後にして、金剛峯寺に到着するころには激しい雨も小降りになりました。思い出深いお参りになりました。 達成感とともに、次に何をしたいのか、すべきなのか思案しています。

続きを読む

結願成就。大窪寺に行く

一番札所・霊山寺から始まったお遍路の旅も、いよいよ打ち止めです。途中色々(本当に色々)ありましたが1つの区切りということで、台風の余波を心配しながら大窪寺にお参りしました。 徳島県の県境に近い矢筈山(標高782m)の中腹の大窪寺は夜来の雨のせいか、山全体がもやっていました。 結願したら、高野山にお礼参りしたり、一番霊山寺にお礼参りするようです。わたしも車で、一時間程の一番札所の霊山寺に向かいました。真新しい白衣に袖を通し、気分新たに納経を済ませます。新しい旅の始まりです。 最後に 今回は、中西うどん店に立ち寄りました。高松市のセルフのうどんやさんです。ナビが旧店舗を指し示し、行き着くことができません。どうやら昨年移転されたようで、地元の人に聞いてどうにか行き着きました。やっと口にできたうどんは格別でした。大窪寺の前にも打ち込みうどんで有名な「八十八庵(やそばあん)」という有名店ありますが、今回は立ち寄りませんでした。 8月に、高野山にも、お礼参りに行きます。暑さ厳しきおり、年のせいで暑さが応えます。皆様方におかれましてもご自愛ください。ありがとうございました。

続きを読む

讃岐香川涅槃の道場(78~87番札所)へ

お遍路の旅も今日で最後と思い、善通寺の宿坊を早々に後にしますが、大師様のもっと修行せよとのお導きか、はたまた、うどんやさんからもっと来いとのお誘いか?87番札所の長尾寺でタイムアウトしてしまいます。写真は根来寺の駐車場のそばにたつ伝説の牛鬼像です。心引かれる姿をしています。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 郷照寺の境内から宇多津駅方面を眺めます。宇多津のランドマーク?のゴールドタワーやその先の瀬戸内海も天候によっては見えそうです。 79番札所の天皇寺です。通常の鳥居の左右にわき鳥居がつく珍しい鳥居があります。 うどんを食べに寄り道します、うどんは大師が唐から持ち帰ったのが起源とされ、香川県民ならず、全国民が恩恵に浴しています。開店と同時に飛び込んだのは、丸亀市のなかむらです。評判の釜玉をいただきました。 80番札所は讃岐国の国分寺です。ここから高松市に入り、国分寺、根来寺、一宮寺、屋島寺、八栗寺と廻ります。次の白峯寺は坂出市です。 81番札所の白峯寺は、天皇寺と同様、保元の乱(1156)に破れて讃岐(香川)に流刑になった崇徳上皇とゆかりがある札所です。 82番札所の根来寺です…

続きを読む

伊予愛媛菩提の道場から讃岐香川涅槃の道場(65~77番札所)へ

伊予愛媛の最後の三角寺から讃岐香川の霊場を廻ります。ここまできたら先が見える気安さからか?気の緩みか?食欲の命じるまま、うどん屋さんに寄り道が多くなります。写真は雲辺寺の五百羅漢像です。迫力に圧倒されます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 26カ所ある愛媛の札所の最後が、三角寺です。標高430mの平石山中腹に、密やかに佇んでいます。山門には珍しい、梵鐘が吊り下げられています。 雲辺寺は標高911mの雲辺寺山頂にあります。徳島の池田側からでも雲辺寺にたどり着きますが、ロープウエーならではの光景は格別です。折しも霧が立ち込め、神秘的でした。 雲辺寺境内にある「おたのみなす」です。「親の意見となすびの花は万にひとつの徒もない」の諺に所以します。お守りや絵馬もなすの形をしています。 67番札所の大興寺です。雲辺寺のお参りの後では、平地の札所のありがたさがよく分かります。 68番札所と69番札所は同じ敷地内にあります。長旅のお遍路さんにはありがたいかもしれません。山門にも2つの名前が併記されています。 境内の案内図を見ながら、順番に廻ります。 …

続きを読む

伊予愛媛菩提の道場(54~64番札所)へ

愛媛県、菩提の道場も後半です。行政区でいえば今治市と西条市の十一カ所を廻りました。今年の四月は多雨に祟られ、なかなか旅に出れませんでした。お大師さまも久しぶりです。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 今治市最初のお寺は延命寺です。元々は53番札所の円明寺と字も読みも全く同じ「円明寺」だったのが、さすがに間違われやすいので、明治時代に「延命寺」に改名されたそうです。いきなり本堂が改修中でした。 今治市役所のそば、市街地の真ん中に別宮山 金剛院光明寺 南光坊でがあります。今治沖の大三島に建てられた大山祇神社の別当寺の1つです。 56番札所の泰山寺は今治市の郊外にあります。 本堂の横に地蔵車があります。石塔に丸い輪があり、これを回すと六道輪廻の絆を断てるといわれています。六道とは、地獄・餓鬼など衆生が背負う六つの迷界のことです。 57番札所の栄福寺です。 58番札所の仙遊寺です。二重破風の堂々たる本堂です。大型車の展開場所(駐車禁止)に迷い込んでしまいました。 伊予国国分寺が59番札所となります。三番目の国分寺です。 …

続きを読む

伊予愛媛菩提の道場(43~53番札所)へ

宇和島市の札所を後にして、二ヶ月経過しました。高速の休日割引を利用してのお寺参りですが、かんじんな天気に恵まれませんでした。早くお寺を回りたいとの思いで出かけましたが、2日目は雨にたたられてしまいます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 43番札所の明石寺です。めいせきじと読みます。本堂は両端の反った唐破風(からはふ)作りの屋根です。天井には、趣のある画が描かれています。 内子の町に立ち寄ります。600mの通りに約120棟の家々が連続して建ち並び、この内約90棟が伝統的な民家です。うだつやなまこ壁が見られます。 久万町(現久万高原町)の天然記念物に指定されている樹齢180年のしだれ桜を見に立ち寄りました、久万高原町には大寶寺と岩屋寺があり、前の記事・久万高原ぐるっと一周と重複します。3月中旬に桜が花開いているはずもなく・・・ 44番札所の大寶寺は折り返しにあたり、「中札所」と呼ばれています。明石寺からの80kmは、歩けば20時間を越え、峠越えの難所が続く歩き遍路四国最大の難所だそうです。境内は老樹が林立し、幽寂な空気が漂います。 岩屋寺は標高700mの切り立った断崖中腹にあります。クルマは駐車場で足止めされ、険しい山道を20分かけて登…

続きを読む

道後サイクリング遍路(46から51番札所へ)

旅行ガイドるるぶ提案の道後温泉周辺の札所をレンタサイクルで巡るモデルコースを参考に、車で走ってきました。若い女性を意識した1日遍路の企画のようです。私の場合、モデルさんのようにおしゃれなプチ旅行にならないのは重々承知です。あいにくの天気で、自転車で走れなかったのが心残りです。 どうやっていくか? レンタサイクルは道後観光案内所で貸りられます。車利用の場合、宿泊所の駐車場が利用できればいいのですが、それ以外市営有料駐車場(温泉利用は1H無料)と無料臨時駐車場があります。 ※HPで確認してください。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※るるぶ四国'15 モデルコースでは立ち寄らない札所も実際は回っています ここから本文です 道後温泉から県道187号線を東に約1Kmいくと51番札所の石手寺があります。お遍路さん以外の参拝者や観光客の姿が目立ちます。春はそこまで来ています。 出店が並ぶ回廊式の参道が珍しいです。時間が早すぎてお店が開店していません。ひやかしも楽しいものです。 本堂とその前に立つ五鈷です。石手寺は、四国遍路の祖。衛門三郎ゆかりの寺として親しまれています。 讃岐街道(県道40号線)は、住宅地の中を通り、通行量も多いので注意が必要です。…

続きを読む

久万高原ぐるっと一周、お手軽コースを走る

久万高原町には2つののヒルクライムコースの他にも、町が自転車コースを設定しています。そのうち高低差の少ない35Km弱の初心者向きのお手軽コースを走りました。久万高原町の名所に立ち寄りながら山間部を走ります。 どうやっていくか? 久万高原町の役場と美川支所は、土日祝日を含めて駐車が可能とのことなので、来庁舎のじゃまにならない所に車を止めさせていただきました。古岩屋荘を起終点とする場合は石鎚観光(0892-41-0431)様に、お問合わせください。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 役場本庁を出て、国道33号線を北上し、県道12号西条久万線を目指します。 県道をしばらく走ると町営の久万美術館があります。 久万美術館の前庭部から雪をかぶった石鎚山が見えます。標高1982mの西日本最高峰の山で、日本7霊山の1つで古くから信仰の山として知られています。 美術館を通り過ぎると大宝寺の入口がありました。杉の巨木の間を参道が延びています。杉の推定樹齢1000年とかを聞くにつけ、人の世のはかなさを感じるのはわたしだけでしょうか? 県道12号線を走ると峠御堂隊道(トンネル)があります。本コー…

続きを読む

土佐高知修業の道場(38と39番)から愛媛菩提の道場(40~42番札所)へ

高知県の札所巡りも足摺岬と宿毛市を残すのみです。車載ナビは時々車が通れるのか不安な道を選択してくれ、不安になります。歩き遍路用の標識を見つけるとなおさらです。とにもかくにも、愛媛を目指して進みます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 四国最南端の足摺岬に、38番札所の金剛福寺があります。本堂前にある亀の石像「大師亀」は、弘法大師が海上の不動岩で修行した時に 海亀の背中に乗って海を渡ったという伝説にちなんだものです。 大きなお寺で、池を取り囲むように諸堂が立ち並んでいます。 宿毛市の延光寺(39番札所)は高知県最後の札所です。 境内に入って右手に梵鍾を背負った亀が目に入ります。寺宝の銅鐘は赤亀が海の彼方より背負って来たとされており、延光寺の朱印はこの赤亀を押印したものです。 40番札所である観自在寺は、愛媛県の札所としては最も南に位置しています。 境内に栄かえるの石像があります。親子孫と三かえる お金かえる 福がかえる 病気が引き(ひき)かえるそうです。 41番札所の龍光寺です。かっては神仏混合のお寺で山門の代わりに鳥居が、…

続きを読む

土佐高知修業の道場(33~37番札所)を巡礼する

高知県の札所は4県最少の16箇所ですが、距離は4県中最長の約470kmです。室戸岬から足摺岬まで海岸に沿って長い長い旅が続きます。移動時間が長いので1日に数多くのお寺は回れませんが、南国情緒を感じられる旅です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※車載ナビに従ったコースです。須崎東IC先の高規格道路を使わないルートです。 ここから本文です 桂浜の西約4Kmの高知市市街に33番札所の雪蹊寺があります。 境内で柑橘類を売っていました。 34番札所の種間寺には山門がありません。弘法大師が唐から持ち帰った五穀(米、麦、あわ、きび、ひえ)を境内に蒔いたのが名前の由来です。 子安観音は安産に御利益があるとされている観音さまです。柄杓を持参すると底を抜いて祈祷してくれ、お守りとして渡されます。安産した参拝者から奉納された柄杓が観音様を取り囲んでいます。 清瀧寺は山の中腹にあるお寺です。 九十九折りの坂道を運転に注意して進むと高さ15mの薬師如来様が迎えてくれます。 36番札所の青龍寺です。第68代横綱、朝青龍の名前は、母校の明徳義塾に近い…

続きを読む

土佐高知修業の道場(24~32番札所)を巡礼する

今日は最御崎寺の宿坊を早朝に立ち、引き続き高知県の札所を巡ります。自転車の「自」の字も出ない、まるでドライブガイドのような記事ですが、またいつか自転車でという思いと、自転車で廻る人の参考になればと思います。煩悩を沈める旅とは言えませんが、わたしにとっては心の癒し旅です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 室戸岬の高台からこれから行く行当岬のほうを眺めます。宿坊を早朝に旅立ったので、空が白み切っていません。 25番札所の津照寺に着きました。室津港を見守るように小高い丘の上にあります。ご本尊さまが遭難しかけた船を室津港に導いたとの伝説から、船乗りの信仰が厚いそうです。 津照寺の駐車場はガイドブックでは室津港広場になっており、驚きます。魚の積み下ろし作業をする漁船の横を通り、防波堤側(最初の写真)に停車しました。 土佐湾に突き出た行当岬の頂に26番札所の金剛頂寺はあります。最御崎寺の東寺に対して「西寺」と呼ばれることもあります。 境内には弘法大師が炊いた米が増えて人々を救ったとされる「一粒万倍の釜」と「がん封じの椿御霊木」があります。わたしも「がん」を心配する年齢になりました。 ごめん・な …

続きを読む

阿波徳島発心の道場(18~23番札所)を巡礼する

発心の道場・徳島県の廻りきれなかった残りの札所、18番札所の恩山寺から23番札所の薬王寺までを廻りました。今回はドライブ遍路なのでナビ任せの旅です。右の写真は太龍寺ロープウエイです。 どうやっていくか? 今回の宿は宿坊の最御崎寺遍路センターです。最御崎寺の足下で、室戸岬スカイラインの中腹にあります。大皿に盛る土佐の郷土料理「皿鉢(さわち)料理」やかつおのタタキが楽しめます、 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※補足 ・18番札所の恩山寺から19番札所の立江寺間の一部市道?は、小松島市の定めた「義経ドリーム  ロード」の一部です。 ・那賀川を囲む18番札所から22番札所の平等寺を巡る総距離72.4Kmが自転車王国とくしま(県南  版)で「お遍路那賀川コース」として紹介されています。 ・国道55号線で22番札所の平等寺から23番札所の薬王寺に向かうコースの一部が同上案内で、  総距離12.9kmの「日和佐うみがめコース」として紹介されています。 ここから本文です 「一番さん」の鳴門市を出発してから徳島市を経て、小松島市に入ります。小松島市には恩山寺(18番札所)と立江寺(19番札所)があります。右の写真は、恩山寺で弘法大師御母公玉依御前ゆかりのお寺です。 恩山寺から立江寺に行く途中に、小松島市制定の「義…

続きを読む

阿波徳島発心の道場(11~17番札所)を巡礼する

弘法大師ゆかりの霊場巡りを発心したものの、時折押し寄せる膝関節の痛みと休みの関係で思うに任せません。遍路道の難所や、札所間が最大90Kmを超える道のりを考えると自転車だけでは無理で、自動車を併用して回ろうと思います。今回は1300Kmに及ぶ遍路道の内、70km(11~17番札所)を回りました。 どうやっていくか? 今回は藤井寺と焼山寺を車でお参りしました。徳島市立考古資料館に車を止めさせていただき、徳島市内の5つのお寺は、順番が違いますが自転車で回りました。館内で地元の歴史の勉強をさせていただき合わせて感謝です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※篠山市の観光情報サイトにあるモデルのサイクリングコースを参考にしました。 ※藤井寺から焼山寺は車で走り、大日寺から井戸寺は自転車利用です。 ここから本文です 切幡寺で参拝を終えると、次は藤井寺です。平地を抜け、山間部に入ると藤井寺はあと少しです。 山裾に佇む藤井寺は、参拝客も途切れ、閑散としていました。藤井寺の境内奥から次の焼山寺まで「遍路ころがし」と呼ばれる難所道が続きます。 次の焼山寺への40km弱の道のりは県道31号線経由と国道192線経由の二択になります。山間部を抜けて走行距離が短い県道ルートを選択しました。 …

続きを読む

篠山市をサイクリングしました

兵庫県中東部に位置する篠山市は、丹波黒大豆の産地として知られ、農地や山林が広がる自然豊かな地域です。早い秋を求めて、走ってきました。左の写真は篠山城のお堀で、左手に武家屋敷群がある集落が見えています。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※篠山市の観光情報サイトにあるモデルのサイクリングコースを参考にしました ここから本文です 篠山城跡の三の丸西駐車場(1日200円)に車を止めさせていただき、辺りを散策します。 篠山城大書院です。まだ、開館時間ではないのをいいことに、先を急ぎます。 青山歴史村です。まだ、開館時間ではないのをいいことに、先を急ぎます。 御武士町武家屋敷群の中にある安間家資料館です。まだ、開館時間ではないのをいいことに、先を急ぎます。 歴史美術館前の灯篭にデカン・ショデカン・ショで半年暮らすあとの半年寝て暮らす♪♪の文字が。デカンショ節は、篠山市を中心に盆踊り歌として歌われる民謡だそうです。知りませんでした。 春日神社絵馬殿の黒神馬絵馬です。この絵馬は慶長2年(1649年)第三代篠山藩主が、明石に転封の際に奉納したそうです。この馬が絵馬から抜け出し、畑を荒らしたとの…

続きを読む

メイプル耶馬サイクリングロードをサイクリング(2)

メイプル耶馬サイクリングロードの距離漂は次の主だった地点(青の洞門、サイクリングターミナル、山国)までの距離を表示しています。(2)では、この内青の洞門から山国までの20Kmを走ります。※15/36の通し距離表示も併記有り ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※サイクリングロードから外れ、青の洞門等に寄り道しました ここから本文です ほんやばけいまち自転車道休憩所です。ここは耶馬溪サイクリングターミナルの自転車置場(予約者のみ)のようです。2014年7月~11月末までの期間限定の宿場キャンペーンを実施中で、最初のスタンプを押します。 国道212号線(日田往還)を離れ、自転車専用道に入ります。 この付近は台風や大水のときは冠水して通行不能になるところです。その際は、国道・市道を利用するよう書いてありました。普段は、身近に山国川を楽しめます。 馬渓橋です。下流の、羅漢寺橋と耶馬渓橋とともに耶馬渓三橋と呼ばれています。サイクリングロードから外れますが、案内がないため左折するポイント探しが難しいと思います。 平田駅跡(平田宿場)には数少ない駅舎が残され、公共トイレも整備されています。 「夏休み」と聞けば…

続きを読む

全線復旧!メイプル耶馬サイクリングロードをサイクリング(1)

メイプル耶馬サイクリングロードは大分県中津市の中津駅南口を起点とし、山国商工会館前に至る約36Km(内自転車専用道は22km)のコースです。四季折々の山国川の流れと渓谷美が楽しめます。6月1日、一昨年の九州北部豪雨から約2年ぶりに全線復旧したので走ってきました。※過去記事はコチラ サイクリングロードは、市道と国道213号線(1.2Km)+大分県道411号中津山国自転車道線(34.8Km)からなります。1975年に廃止の耶馬溪鉄道(中津から守実温泉間36.1km)の線路跡地の利用で、傾斜や起伏も少なく走りやすいです。 駅前~青の洞門入口(15Km)、青の洞門~SC(約10Km)とSC~コアやまくに(約10Km)に分かれます。余裕が無ければSC前後がお勧めです。過去に日経新聞社のサイクリングロードランキングの第1位に選ばれたコースです。 どうやっていくか? 耶馬溪サイクリングターミナルは青の洞門とコアやまくにの中間地点にあります。200台のレンタサイクルが常備されています。自転車持込でも駐車は可能です。紅葉シーズン等、観光客多数の場合周辺駐車場を教えていただけます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※サイクリングロードから外れ、青の洞門等に寄り道しました。 ここから本文です JR日豊本線の中…

続きを読む

しまなみ海道part3(大三島から糸山SCまで)_Again

多々羅大橋を降りたら大三島に到着です。大三島の東部海岸を、次の伯方島では西海岸をそれぞれかすめる様に走ったら大島に到着です。大島では海を離れ、島中央部を横断してサイクリングセンターに至る30.kmのコースです。 どうやっていくか? 今回はしまなみ海道の四国側の基点・サンライズ糸山でヘル持参のレンタサイクル利用です。駐車場を捜す手間(優先的に駐車可能)と万が一のトラブルに安心です。ここは車種(アンカー選択)を選べ、500円/1日と格安です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 多々羅大橋を渡り終えると、県道317号線に降りていきます。途中の村上三島記念館近くで、自転車道まで車体をはみ出した自衛隊のヘリが頭上に迫ります。訳が分からず、「???」です。※村上三島は大三島出身の書家です 道の駅「多々羅しまなみ公園」まで降りてきました。橋が高い所にあると、勾配を緩やかにするために導入部分(アプローチ)部分が長く、アーチ部分が複雑になります。 大三島と伯方島を結ぶ大三島橋が見えてきました。 大三島橋は今治・尾道ルートで最初に完成した橋で、このルート唯一のアーチ橋です。全長は328m(アーチ間 297m)と一番短い橋ですが、趣が…

続きを読む

しまなみ海道part2(因島から多々羅大橋まで)_Again

因島大橋を渡り終えたら因島です。今回は因島島内を走り、生口島を抜けて多々良大橋までの約30Kmを走破です。ブルーラインの広島県側は、西瀬戸自動車道の北側を走るコースです。多々羅大橋中央部からは、愛媛県です。 どうやっていくか 今回も向島の洋らんセンターに車を置かせていただき。立花海岸経由で因島大橋まで走ります。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 因島大橋を渡りました。直下にあった距離表です。距離標示は推奨ルート上における尾道駅~今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」までの距離を示しています。(詳細はココ)地図を見る時間と迷う時間がなくなりました。 橋を降りて国道317号線をしばらく走ると、因島アメニティ公園・因島大橋記念公園内に海を見ている恐竜が見えてきます。1989年に広島市内をメイン会場として開催された海島博のパビリオンの展示物だったザウルくんです。 因島大橋の料金所から見えていた大浜崎灯台に足を伸ばします。手前の建物が灯台記念館で、その先に見えるのが灯台で「布刈(めかり)瀬戸」を航行する船の目印です。 国道をさらに進むと、こんどはモアイ像です。これらも海島博の展示物らしいのですが、なぜ因島のオートキャンプ場跡にモアイの家族(それも2体の恵比寿…

続きを読む

しまなみ海道part1(尾道から因島大橋まで)_Again

しまなみ海道を一気に走り抜けるのも素敵ですが、「区切り打ち」よろしく、時間を掛けて島々を巡るのも旅の楽しみです。時間が取れたときに数回に分けて、走行日時が違う記事シリーズの予定です。しまなみ海道は前記事や過去記事で書いてダブリますが、最新ということでご容赦ください。お気に入りのコースです。写真は、新しいスタート地点となりそうな、ONOMICHI U2です。 どうやっていくか? JR尾道駅まで、自転車を持参(輪行)したら、駅舎左手の自転車組立場で組み立てます。休日ともなれば、カラフルなウエアと自転車が目を楽しませてくれます。 車で来る人には、U2(駅西)周辺が駐車や宿泊で便利です。U2はサイクリスト向けのサービスを提供する全国初の複合施設で2014年3月にオープンしました、ホテル併設で、GIANTストアではバイクレンタルやメンテもしています。 レンタサイクルを利用すると走行計画の自由度が増えます。保障料は戻ってきませんが、借りたターミナル以外のターミナルへの乗捨も自由です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ここから本文です 尾道から向島に渡るには尾道大橋(2013年4月から無料)がありますが、交通量が多いことから渡船が推奨されています。旅情面からもお勧めです。尾道~向島間は3ルートありますが、駅…

続きを読む

向島一周と尾道の坂を楽しむポタリング旅

向島では、因島大橋としまなみ海道のさわりの部分が楽しめます。、昭和の香りを残す同兼吉地区を抜けたら渡船で対岸の尾道に渡ります。自転車を降りてロープウエーで千光寺山頂に上がり、坂のある景色を楽しむ30Kmコースです。 どうやっていくか? 向島洋らんセンター に駐車させていただきました。ここは、尾道サイクリング協会の事務局にもなっており、声をかけて停めさせていただきます。胡蝶蘭が目を楽しませてくれます。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※しまなみ海道サイクリング自転車でもっとたのしくアラフォーゆるゆる島めぐり旅の走行ルートと記事を参考にさせていただき、走りました。 ここから本文です 向島洋らんセンター 前をスタートです。緩い坂道から始まるので助かります。自転車の赤いフロントバッグがよく目立ちます。(自画自賛) 因島大橋への入り口(導入道路)です。この奥から自転車専用道が始まります。厳密には歩行者と自転車と二輪車(125以下)専用道路です。ここから尾道の間、因島大橋がしまなみ海道の一部です。 自転車専用道から因島大橋を写します。この角度から写真が撮れるのは、自転車道利用者だけなので、ちょっと得をした気分です。 因島大橋自転車専用部分です。車…

続きを読む

大山中海・ぐるっと中海~水辺の道~ルートをサイクリング

本コースは、鳥取県の皆生温泉を出発し、弓ヶ浜半島の大規模自転車道を走ります。県境はTVCMで「べたぶみ坂」として有名になった江島大橋で越え、島根県の松江市と安来市を走って、中海をぐるっと一周する70Km弱のコースです。コースは平坦で、途中、変化する中海(汽水湖)の景観が楽しめます。 どうやっていくか? 皆生温泉にある米子市観光センター前の無料駐車場(30台)に車を止めました。大山中海サイクリングコース(詳細はココ)の多くがここを起終点にしているので、なにかと好都合です。白鳳の里ポタリングルートに続き、ぐるっと中海~水辺の道~ルートに挑戦です。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※参考にさせていただきました→daisen-nakaumiさんの自転車大好きマップ ここから本文です 米子市観光センター前のコグステーションからスタートです。移転準備中とのことで、休業していました。 県道207号線(皆生街道)から国道9号線(山陰道)に出ます。しばらくして、大きな歩道橋が見えたらその下が弓ヶ浜自転車道です。米川沿いに川下に向かって北上します。 やはり、大規模自転車道はすばらしいです。平坦ですし、米川に沿って直進すれば迷うこともないと思います。もっと多くの人が利用したらと思います。道路の横では、特産のネギの…

続きを読む

自転車王国とくしま(県北版)お遍路発心コースをサイクリング

四国八十八ヶ所霊場巡りの全工程は1460キロに及びますが、「発願の寺」霊山寺から、10番札所・切幡寺までを、自転車で区切打ちです。札所巡りは一部の坂で難儀しますが、後半は吉野川の堤防道路が快適です。 どうやっていくか? 道の駅「第九の里」がスタート地点です。興味のある方は併設されているドイツ館、賀川豊彦記念館に立ち寄れます。なると金時を使ったお菓子を買って帰りました。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※「自転車王国とくしま(県北版)」のお遍路発心コースを参考に走っています ここから本文です 道の駅を下り、左に折れると第一番札所の霊山寺です。ここを起点に遍路を始める人が多いため、巡礼用品を揃えられる売店があります。遍路に慣れてないのでしょうか?所作がぎこちない人がいます。 第二番札所、極楽寺です。団体バスの到着が重なると納経所が大混雑します。自家用車、タクシー利用のお遍路も多いです。昔ながらの歩き遍路もけっこうで会いますが、自転車利用は少数派です。 JR四国の阿波川端駅です。無人駅です。気持ちは、中井精也になったつもりで写真を撮りました。 第三番札所、金泉寺です。県道1号線から入る入り口を見過ごして、小学校横を通る道から金泉寺に入りまし…

続きを読む

冬の倉敷美観地区

「秋の倉敷美観地区」の続編です。二月も今日で最後です。今月は自転車で遠征する機会がなく、撮りためた写真をUPです。駄作ですが、よかったら見ていってください。 倉敷も年に数回、雪が降ります。そんな日はわたしのような俄かカメラマンが、カメラを携え、やってきます。その数、20名程でしょうか?。倉敷川を挟んで、「三脚が写るのでどかしてくれ」、「いや、どかん」と喧嘩していました。大人気ない。 モノクロで撮ったような風景が広がっていました。 「犬は喜び庭駆け回り、ネコはコタツで丸くなる」は真実だと実感しました。もちろん我が家の犬のように例外もたくさんありますが・・ 大原美術館近くの椿が満開でした。 新渓園にて。なんてんの雨粒を撮りたいと思いました。 倉敷八十八ケ所霊場のお地蔵様。 倉敷阿智神社。 阿智神社近くの酒屋さんの杉玉。 倉敷アイビースクウェアーにも雪が積もりました。 ろんばい。この写真だけ岡山後楽園の梅林です。 FU…

続きを読む

善通寺ICすぐの人気うどん店巡りをサイクリングして

厳しい寒さが続く今日この頃、讃岐うどんの聖地・善通寺にうどんを食べにいこうと思いたちます。30Km超の距離は負担とはなりませんが、半日で5店のうどん店を巡るのは胃袋に試練の旅です。写真は丸亀総合運動公園です。 どうやっていくか? 丸亀城前の駐車場に車を止めさせていただきました。丸亀に来たら丸亀城に立ち寄り、散策します。市内が一望できる石垣の美しいお城です。関連過去記事はコチラです。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※香川県公式観光サイト「うどん県旅ネット」のモデルコース、「善通寺ICからすぐ!の人気うど  ん店6時間で5店舗制覇ツアー」を参考にさせていただきました ここから本文です 丸亀城前を出発します。県道33号線沿いの金倉寺を目指します。お寺の前が最初のうどん店です。 長田 in 香の香店です。9時の開店直後なのに、店内はすでに満席です。県外ナンバーの車が多いです。名物は釜あげうどんですが、ゆであがりまでの時間が待てない人が怒って帰りました。短気は損気です。定休日(水・木) うどん店の前に第76番札所の金倉寺(こんぞうじ)があります。四国に渡るたび、四国巡礼の予行演習として、可能な限り、札所を巡るようにしています。決して腹ごなしの物見遊山ではありません。 …

続きを読む

タンチョウの放鳥を撮りに行きました

正月に岡山後楽園で行われる、タンチョウの放鳥を見にいきました。今年は天候に恵まれ、大勢の人々で賑わっていました。昨年に続き、2回目です。 気合が入って、場所取りに開始一時間前に出かけます。カメラを重装備した常連さんらしき人の横にお邪魔し待ち時間に情報収集します。知らない者同士が会話できる、楽しいひと時です。 始まりました。 「来た~」 絶叫が響く。 「お父さん、ハョー写真を撮られ~」 ア~ 行ってもうた。足しか写っとらんがな! (心の声) ア~ ぶれぶれじゃ・・・ (心の声) エーイ! 松がじゃまじゃ~ (心の声) エーイ! 鶴らしう頭を上げんかィ (心の声) エーイ !お前の頭をどかんかィ (心の声) 研究員さんを見るタンチョウの目が、親を見る子供のようです。 何回も無理やり?飛ばされたタンチョウさん、ごくろうさまでした!おかげで、楽しいひと時が過ごせました。当サイトが続いているのは、わざわざアクセスしてくださる皆様方のおかげです。今年もよろしくお願いいたします。 _(._.)_ …

続きを読む

BROMPTON Sバッグのオリジナルフラップを作る

ブロンプトンSバッグのフラップがベルクロ(マジックテープ )装着になり、簡単に交換出来るようになりました。お気に入りの生地で世界に1つだけのオリジナルフラップが自作できます。複数有ると、その日の気分で付替できます。 ジーンズ生地は、Betty's Storeで14オンスのデニム生地を購入しました。※生地の厚みは1平方ヤードの重さ(1オンス = 28.3g) で表します。 6号帆布を倉敷帆布本店で購入しました。店員さんから家庭用ミシンでは重ね代によりますが6号、8号が限度で、ミシン針16号(または14号)、糸は30号等助言いただきます。※帆布の厚さは号数で表し、数字が小さいほど厚いです。 不要になったカーテンの有効活用です。遮光用カーテンなので厚手です。今回出来上がりが一番楽しみな生地です。 作り方ですが、型紙はオリジナルフラップから起こします。ほつれ防止をかね、バイアステープでパイピングします。防水スプレーで対策予定ですが、とりあえず雨が降れば防水カバーを出して被せます。 (表)ジーンズ生地+(裏)カーテン生地 (表)カーテン生地+(裏)ジーンズ生地 (表)帆布+(裏)ジーンズ生地 …

続きを読む

ブロンプトンイージーカバー改造と新たに輪行バッグを作ってみる

過去記事(ご注意!JRでブロンプトンの転がし輪行はできません)の中で、イージーカバーの改造<試行1>にトライしましたが、「小人閑居して不善を為す」ではありませんが更なるバッグの改造と新たなバッグ作りに挑戦しました。 ◎イージーカバーの改造 底板をクリップで脱着していた「バージョンⅠ」から「Ⅱ」はマジックテープで底布を固着する方式に変更し、より「一枚の輪行袋」状態というか、蓋付輪行袋になり、使い勝手が大幅に向上しています。 材料はイージーカバーの材質に似た生地(ナイロン?)と100均のマジックテープ3本(縫付タイプ)です。底布は景品のバッグをばらして使用しました。生地が滑るのでミシンが難しいですが強引にテープを縫付けました。 カバーに縫い付けたマジックテープと底布に縫いつけたマジックテープを合体します。横倒し状態で作業すると楽です。写真のように車体の露出はありません。 ※拡大して見るとカバーに縫い付けたテープの位置が分かります。 「バージョンⅡ」のよいところは従前と同じ感覚で装着でき、仕舞い寸法もコンパクトで改造前と同じようにサドルバッグ内に収まります。ちなみに写真はわたしのサドルバッグの中身です。けっこう入ります。 今回、肩に担げるように、紐(100均の布製ベルト×2)を購入しました。上部の開口部を極力少なくするため、使用方法もシンプルで…

続きを読む

高松市内(レンタサイクルで)うどん屋巡りとサイクリング

寒さ厳しき今日この頃、「そうだ、高松にうどんを食べにいこう」と発念します。10Km弱の走行で4店のうどん屋の食べ歩きの旅はとても健康に良いとは言い難く、「メタボ一直進」の旅です。 けっして食べログではありません。 どうやっていくか? JR茶屋町駅からJR高松駅間を輪行します。予讃線の人身事故とかで児島駅に1時間20分足止め、いやな予感がします。強風で瀬戸大橋線が止まらなければいいのですが。 ※↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。 ※香川県公式観光サイト「うどん県旅ネット」のモデルコースのうち、日帰り ・レンタサイクルで  うどん屋めぐり “うどん王国”で個性派名店をハシゴ!を参考にしました ここから本文です 高松駅に着きました。足止めされている間に、おなかが空いていい感じです。 一店目。JR駅構内のうどん屋さん、宇高連絡線のうどん屋の味を引き継いだという、連絡線うどん店です。ホームの外からでも食べられます。毎週、来高していた時、食べていた懐かしい店です。素うどん320円です。 順路の高松駅前広場地下レンタサイクルポートに向かいます。地下への降り口がわかりにくいかもしれません。高松市はレンタサイクル事業が整備され、1日100円から利用可能で、返却箇所も市内7箇所あり、便利です。 …

続きを読む

秋の倉敷美観地区

美観地区が近いので、写真を撮っています。秋らしい景色と、ブロンプトンのある風景を撮って来ました。場所も時間もまちまちです。よかったら駄作ですが見てください。 大原美術館横の「エル・グレコ」は50年以上の歴史がある喫茶店です。建物はツタで覆われ、新緑の頃と紅葉の頃が見ごろです。ブロンプトンはどこに置いても絵になります。 大原美術館・本館正面玄関前の、ロダンの「カレーの市民」 です。「洗礼者ヨハネ」とともに美術館を訪れる人を迎えてくれます。ありがたいことに入口までは無料です。 倉敷アイビースクエア前です。イチョウが黄色く色づいていました。ギンナンがどこかに落ちていないか探すのは、田舎ものの性です。 早朝のアイビースクエアです。 夜のアイビースクエアです。 多くの人が写真を撮る一角です。 妻ではありません。見ればわかります? 娘ではありません。見ればわかります? 別宅ではありません。妄想がクドクなりました。 阿智神社は鶴形山にある神社で、山頂に登ると倉敷の町が…

続きを読む

ご注意!JRでブロンプトンの転がし輪行はできません

JRを利用して輪行する場合、JR各社の旅客営業規則に定める無料手回り品扱いとなります。自転車は解体して専用の袋に収納したもの又は折りたたみ式自転車であつて、折りたたんで専用の袋に収納したものが無料扱いです。 事実の経緯 四国の某駅で、いつものようにブロに EASYCOVERを被せて改札口を出ようとすると駅員さんに停められ、ちらしを手交されます。JR列車内で自転車に絡む事故が起き、JR各社が4月から輪行の考え方を統一したそうです。自転車の一部(サドル、ハンドル等)が露出している場合は、「完全に収納している」状態ではないと教えてもらいます。また、車体の上から被せるカバータイプは、あくまでカバーで輪行袋ではないとの解釈です。出していたサドルを、中に入れて了解を求めますが、車輪の露出がだめだといわれます。カバーではなく輪行袋に買い換えてくださいといわれます。全国的に買い替えが進んでいるとは初めて聞きました。なお、ちらしを見るとJR四国管内では、雑誌等で紹介されているごみ袋で作る緊急?収納袋は破れやすいと断わられる可能性があります。他のJRでも同様と思います。※<EASYCOVER はブロンプトンとBD-1のカバータイプの専用収納袋です。ダホンではスリップカバーです。転がしての移動(コロコロ)を可能にするため、下部から車輪が出る仕様かと思います。 電車を一本、遅らせます。写真のように車輪を隠してもだめでした。下で絞るカバーはあくまで一枚の輪講袋ではないそうです…

続きを読む