アルファ・ロメオジュリアスプリントスペチアーレ 

画像ほぼ、同じような時期に、2200mmのホイールベースを持つジュリエッタスパイダー用のシャーシーと、100HPにチェーンされたエンジンが、ザガートとベルトネーネに渡されましたが、これにスペシャルメイドのボディーを架装したのが、ジュリエッタSZとジュリエッタSSです。



フランコ・スカリオーネの空力的なボディを架装したジュリエッタSSは、いくつかの小変更を繰り返した後、1963年に1.6ℓエンジンが搭載されたジュリアSS(スプリント・スペチアーレ)となります。その流れるような流線型のボディのお蔭でスパイダー・ベローチェと同じ112PSながら、トップスピードは30km/hも高い200km/hに達しました。長距離高速トゥアラーとしての性格ゆえ、フロントガラスの前には虫除けのプラスチックスクリーンが備えられています。このスペシャルジュリエッタは好評を博し、ジュリエッタSSで1366台、ジュリアSSは1400台が作られました。写真は、M4社製のALFA ROMEO GIULIETTA SS TOY FAIR 2008 NUREMBERGです。






画像「グランツーリスモ4」のアルファロメオ ジュリア スプリント スペチアーレ '63です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック