PEGO(made in china)

画像ALFAROMEO145と146に書いてあるのロゴの「PEGO」についてですが、メーカー名「PEGO」社なのか、既存メーカーのブランド名「PEGO」なのか不明です。購入店の店長さんも不明とのことなので、箱に記載されたURL(www.pegoitalia.it)をたよりに調べて見ましたが結局わかりませんでした。ある国内ミニカー通販サイトではメーカー名:PEGOと書いてあります。またある外国ミニカー通販サイトではALFA ROMEO145-PEGO/PROGETTOKと書いてあるのでPROGETTOKのブランド名のようですが・・・


品番で見るとPROGETTOKは、「PK×××××」(←×は3けたから5けた)ですが、PEGOは「PG××××」(←×は4けた)で非常によく似ていますのでPROGETTOKの製造品だとは思うのですが・・・。





画<div></div>像ALFAROMEO145と146を見るとミニカーの作りは、PROGETTOKはこんなものか?と思うのですが、箱の作り(すでに小じわ入り)や背景用のバックボード?がセロテープ留めだったりして残念でした。

最近は、ミニカーやフィギュアもMADE IN CHINAが多くなり、中国以外で製造するメーカーが極めて少なくなりました。中国製が悪いのではなく、生産管理や検品をキチンとやれていないのだと思います。一時期、評判の良かった「SPARK」も最近はデカール貼り等にむらがあり「?」という話を聞くと残念です。15000円以上の高額モデルでしか品質が保障されないというのは悲しすぎます。


3月31日追加:国内ミニカー通販サイトで以下の記述を発見しました。「製造発売元は、イタリア/ペゴ社からのリリース品。ベゴ社はアルファ、フィアット、ランチャ等イタリア車を中心に展開しているアニア推奨のメーカー」

知らないのはわたしだけでしょうか?



2009年7月229日追加

イタリアで製造していたプロゲット Kが、本国イタリアから中国生産に移して販売開始したモデルがペゴて、プロゲットKの後継ブランドという表現が一番ただしいかと思います。(ミニカーショップの方とメールのやりとりの結論として)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック