夏の倉敷美観地区・ブログ開設七周年になりました

ウェブリブログに登録してから、今日で7周年になりました。ホームページ(ようこそ私のハーブ園へ)は1ヶ月でコンテンツ不足のためあえなく挫折しましたが、ブログは、細々と更新を重ね、8年目に突入です。 幸いにも多くの方々に見ていただき、499,844件(ウエブリブ事務局のお知らせから)の訪問をいただきました。コメントも数多くいただき、感謝しております。 現在、時間があれば、自転車で倉敷美観地区に出向き、写真を撮るのが、唯一の知的生産活動?です。 お盆の期間中にも倉敷美観地区には多くの人が訪れています。 朝晩の空気がヒンヤリと感じるようになりました。今年は夏が短いのでしょうか? 夏に生い茂った木々の剪定作業が本格的に始まると、本格的な秋です。 これからも駄文を重ねるつもりですが、体力の衰えとともに更新速度は落ちそうです。これから、どちらに進むのか、立ち止まるのか分かりませんが、よろしかったらまた見に来てください。ありがとうございました。 最近、LUMIX G7を買いました。全くの下手の横好きですが、時々写真ネタも書いています。よかったらブログテーマから写真も見てください。

続きを読む

冬の倉敷美観地区

「秋の倉敷美観地区」の続編です。二月も今日で最後です。今月は自転車で遠征する機会がなく、撮りためた写真をUPです。駄作ですが、よかったら見ていってください。 倉敷も年に数回、雪が降ります。そんな日はわたしのような俄かカメラマンが、カメラを携え、やってきます。その数、20名程でしょうか?。倉敷川を挟んで、「三脚が写るのでどかしてくれ」、「いや、どかん」と喧嘩していました。大人気ない。 モノクロで撮ったような風景が広がっていました。 「犬は喜び庭駆け回り、ネコはコタツで丸くなる」は真実だと実感しました。もちろん我が家の犬のように例外もたくさんありますが・・ 大原美術館近くの椿が満開でした。 新渓園にて。なんてんの雨粒を撮りたいと思いました。 倉敷八十八ケ所霊場のお地蔵様。 倉敷阿智神社。 阿智神社近くの酒屋さんの杉玉。 倉敷アイビースクウェアーにも雪が積もりました。 ろんばい。この写真だけ岡山後楽園の梅林です。 FU…

続きを読む

タンチョウの放鳥を撮りに行きました

正月に岡山後楽園で行われる、タンチョウの放鳥を見にいきました。今年は天候に恵まれ、大勢の人々で賑わっていました。昨年に続き、2回目です。 気合が入って、場所取りに開始一時間前に出かけます。カメラを重装備した常連さんらしき人の横にお邪魔し待ち時間に情報収集します。知らない者同士が会話できる、楽しいひと時です。 始まりました。 「来た~」 絶叫が響く。 「お父さん、ハョー写真を撮られ~」 ア~ 行ってもうた。足しか写っとらんがな! (心の声) ア~ ぶれぶれじゃ・・・ (心の声) エーイ! 松がじゃまじゃ~ (心の声) エーイ! 鶴らしう頭を上げんかィ (心の声) エーイ !お前の頭をどかんかィ (心の声) 研究員さんを見るタンチョウの目が、親を見る子供のようです。 何回も無理やり?飛ばされたタンチョウさん、ごくろうさまでした!おかげで、楽しいひと時が過ごせました。当サイトが続いているのは、わざわざアクセスしてくださる皆様方のおかげです。今年もよろしくお願いいたします。 _(._.)_ …

続きを読む

秋の倉敷美観地区

美観地区が近いので、写真を撮っています。秋らしい景色と、ブロンプトンのある風景を撮って来ました。場所も時間もまちまちです。よかったら駄作ですが見てください。 大原美術館横の「エル・グレコ」は50年以上の歴史がある喫茶店です。建物はツタで覆われ、新緑の頃と紅葉の頃が見ごろです。ブロンプトンはどこに置いても絵になります。 大原美術館・本館正面玄関前の、ロダンの「カレーの市民」 です。「洗礼者ヨハネ」とともに美術館を訪れる人を迎えてくれます。ありがたいことに入口までは無料です。 倉敷アイビースクエア前です。イチョウが黄色く色づいていました。ギンナンがどこかに落ちていないか探すのは、田舎ものの性です。 早朝のアイビースクエアです。 夜のアイビースクエアです。 多くの人が写真を撮る一角です。 妻ではありません。見ればわかります? 娘ではありません。見ればわかります? 別宅ではありません。妄想がクドクなりました。 阿智神社は鶴形山にある神社で、山頂に登ると倉敷の町が…

続きを読む

瀬戸内国際芸術祭2013宇野港周辺会場を回る

瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度 開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」は後2週間で終わりです。自分は芸術に縁のない人間だと自負していましたが、サイクリングついでに回わると、楽しい時間を過ごせました。 宇野港周辺会場で見た作品です 152 宇野のチヌ 153 舟底の記憶 同名作品が別に有 154 PARADISE 155 PARADISE 156 abandon/hope 157 Una 158 街中写真プロジェクト 荒木経惟とデイヴィッド・シルヴィアン 159 街中写真プロジェクト 佐内正史 160 街中写真プロジェクト 野村佐紀子 161 街中写真プロジェクト 公募作品 機関車わらアート号 秋の新作 愛の女神像 パフォーマーの人たちでしょうか?進出鬼没で滅多に…

続きを読む

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。おかげさまで当ブログも5度目のお正月を迎えることができました。日本三名園の一つ、岡山後楽園では毎年1月1日に数羽のタンチョウを放鳥します。飛翔する姿を撮りたかったのですが・・・ 昨年後半は、周りの方の不祝儀が重なりました。なにより応えたのは健康診断でガンとC型肝炎を疑われたことです。誤診でしたが、精密検査の結果が出るまで悶々とした日々を過ごしました。夜の倉敷アイビースクエアです。 後楽園のコイも全員(全匹?)、暖かい水の流れてくるほうに頭を向けています。水温む春が待ち遠しいです。 ブログの更新が遅くなりがちですが、本年もよろしくお願いいたします。今年一年が、心穏やかに過ごせたらと思います。

続きを読む

深まる秋をSIGMA DP2 Merrillで撮ってみる

秋も深まり、朝晩は肌寒さを感じるようになりました。わが家の庭先に咲く秋明菊です。夏の暑さを乗り越え、今年も見事に咲いてくれました。 九州北部豪雨や暑さを敬遠していたら休みと天気が合わず、ずいぶんお出かけしていません。それに体調も思わしくありません。「小人閑居して不善をなす」とは、よく言ったもので物欲の命じるままにSIGMA DP2 Merrillを購入しました。 倉敷の美観地区には近いこともあり、ちょくちょく出かけます。早朝は、地元の人の散歩やランニングコースです。 夜遅く、人通りの絶えた白壁地区をカメラ片手に徘徊すると不審者と間違われないか、ちょっと心配です。経験有り。 ご近所のオールドミニ専門店の店頭に置いてあるレーシングミニです。 今では本国でも珍しい(らしいです)チンクの、それもエステートバン仕様です。好事家(絶対そう思う!)の方が所有しておられる現役車両です。肝心のボディー後半が写っていません・・・ お目を汚しの写真のUPでとりあえず更新です。サイドバーの広告が消えればと思います。九州の自転車道走破も鹿児島、宮崎、熊本、大分県を残して足踏み状態です。早く行ければいいのですが・・・ 近況報告でした。 2012年12月追加 …

続きを読む

第1回倉敷国際トライアスロン大会

7月10日、第1回倉敷国際トライアスロン大会が倉敷市で開催されました。児島競艇場(倉敷市児島元浜町)を発着点に、水泳1・5キロ、自転車40キロ、ランニング10キロに576名(男性529名、女性47名)が挑戦しました。 2008年まで10回続いた「児島倉敷国際トライアスロン大会」を復活させる形で三年ぶりに開催されたもので、選手、ボランティア、観客の皆さんにはおなじみ感、手馴れた感が感じられ、みんなで競技を、楽しんでいました。 鉄人にふさわしい肉体の方が多かったですが、中にはそうでない方もおられて「意」を強くしました。また、あせってペダルが文字通り足がついていない方もおられました。選手の自転車についつい目がいってしまいます。 左の写真は下津井電鉄跡を走る選手の方です。私も参加したいところですが、以前痛めた膝関節がランニングに耐えられそうにありません。なにより致命的なのは泳げないことです・・・ 鉄人にはなれないへたれですが、これからもマイペースで自転車を楽しめたらと思います。

続きを読む

備中・倉敷あんこめぐり

「備中・倉敷あんこめぐり」(県備中県民局、倉敷市、山陽新聞社などでつくる実行委主催)は、倉敷、総社など7市1町の48店のお菓子屋さんが参加し、各店を紹介したマップを持参し、商品を購入するとスタンプが押してもらえ、応募すれば抽選で商品券(スタンプ3個分)やオーダージーンズ(同15個分)が当たります。 ちなみに、備中国(びっちゅうのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった国の一つで、山陽道に位置する。現在の岡山県の西部にあたります。 かつて豊かな自然に恵まれた「備中」は、北海道、丹波と並び三大産地とされ、伝統の老舗をはじめ、地元に親しまれた名店が風味豊かな銘菓を生みました。こだわりの職人が丹念に拵えた「あんこ」を味わいながら、あわせて備中・倉敷の歴史と文化を味わおうという企画です。←「備中・倉敷あんこめぐり」(のリーフレットから りっぱなHPも、ここにあります。とうぜん48個のお菓子の写真がありますが写真を見るだけでお腹が膨れそうになること、うけあいです。 わたしも、一念発起し、歩きつくそう、食べつくそうと思い、土、日に暇を見つけては訪店活動しています、甘い物の摂取過多による肥満、病気の発症には厳しい自己管理が必要です。また、買い求めたお菓子を写真に撮りためています。無事に全店回れたら、あまり見る人もいないでしょうが、アルバムにアップしたいと思います。上の写真は、倉敷阿智神社入り口横の「えびす饅頭」の店頭です。みごとに女性客ばかりです。

続きを読む

ああ、岡山弁!

右のポスターは日本観光ポスターコンクール入賞の、岡山県の備中地域の観光PRポスター「でぇれー ぼっけーもんげー」です。 ちなみに、でぇれー ぼっけーもんげーは「すごい」の原形、比較級、最大級で「すごい」、「す、すごい」、「すす、すごい」の意です。程度を表す形容詞・副詞で、典型的な岡山弁です。 以前読んだ岡山弁に関するエッセー(作者不詳)で、「私は郷里の岡山に帰るたびに岡山弁の汚さにうんざりする。電車の中で女子高生が「~じゃ」とか「~けー」とか「~なぁ」とか楽しげに大声で話しているのを聞くと、百年の恋がさめるわけではないがまことにがっかりする」という一文を読んだことがあります。 きつい・きたないと言われる岡山弁ですが、あまり聞きたくない岡山弁を思いつくまま書いてみました。いやなことを岡山弁で言われた際には、標準語よりもダメージが数倍、増す気がします。 ・オメー=あなたの意。「オミャー」と変化することも。二人称単数形。複数形は「オメーら」。  使用例/「オメーらは、昼間からぶらぶらしゃーがって」(あなたたちは昼から遊んで) ・ケエツ=此奴(こいつ)の意。「ケェーツァー」となまること多し。  使用例/「ケェーツァー使えんやつじゃ」(おまえは役にたたない人間だ) ・オドリャー=呼びかけ語。オドリャーは「オドレー」より語気荒く語りかける時に使用する。  使用例/「オドリャーなにゅうしょうるんなら!(いったい、なにをしているのですか!) ・タ…

続きを読む

「札幌の二度泣き」と「岡山の二度泣き」

「札幌の二度泣き」ということばがあります。一度目の「泣き」は、札幌に転勤を命じられた時は、都から遠い北辺の地に流されるかのような寂寥感や悲壮感で泣き、二度めは数年を札幌で過ごし、他都市への転勤を命じられた時に、よそ者をも受け入れる温かい人情に包まれ、快適な生活を送ることのできた札幌のまちへの離れ難い思いで泣くというのです。 一方、「岡山の二度泣き」なることばが、巷間で話題になっていたことがあります。岡山に転勤を命じられた時は、イメージが希薄で全国的な認知度が低く、どのようなまちか見当がつかない不安感と未知の地への期待感を織り交ぜながらやって来るが、いざ住んでみるとよそ者に対する冷淡さなどの保守的、利己的、排他的な風土に泣き、他都市へ転勤を命じられた時には、住みにくい岡山のまちから離れられる嬉しさで泣くというのです。 そもそも北の都札幌と、平静21年に人口70万人の特例でやっと政令指定都市になった岡山市と比較する意図が分かりません。人としての懐の広さ、鷹揚さ、温かさに劣る県民性を強調するための悪意を持った対比だと思います。しかし、このフレーズは驚くべきことに岡山市(岡山市総合政策審議会平成13年5月29日中間答申から)が、自ら発信したフレーズなのです。オウンゴールというか、自己卑下の極みで、気持ちのいいものではありません。※現在は、リンク切れで恋会されていません。 かって大宅壮一氏からも岡山県人の理論好き、排他的、悪賢い、冷淡、燃えない、利己的な面を捕らえ、「日…

続きを読む

晴れの国おかやま

岡山県では、平成元年に岡山県のトータルイメージを表現する言葉として「晴れの国」を定め、広報活動を中心に使っています。地域ブランディング化の先駆けでしょうか?たしかに岡山県南部は典型的な瀬戸内海式気候ですが、北部は日本海側気候に属しており「一言で表現するのはいかがなものか」とも思います。南北に長い日本の気候を温帯気候と一言で表す大雑把に比べると、「細かいことを気にしなさんな」と言われそうです。 岡山県が公開している「晴れの国」の根拠の公開データです。見られた方から「いつ頃の話?」とつっこみを入れられそうですが・・・。以下、岡山県広報資料:データが語る晴れの国岡山からの抜粋です。・ダントツではないが、確実に晴れの日が多い。(謙虚?)・降水量1ミリ未満の日:276日(S46~H12年の平均値)で全国第1位。(県庁所在地での但書)・日照時間の長さ:2,010時間(S46~H12年の平均値)で全国第12位。(トップ10ではない)・降水量:1,141ミリ(S46~H12の平均値)で少ない方から全国第7位。(実際雨は少ないかも) ちなみに気象学的には「晴れ」とは雲量が1-3で雨が降っていない状態をいいます。人間はわがままで、熱い日が続けば早く涼しくなれと思い、寒い日が続くと暖かい日が恋しいです。なにごとも「ほどほど」が一番ということでしょうか?長崎は雨が多いらしいですが、岡山県がうらやましい?わけはないか、と歌謡曲の歌詞を思い出しました。

続きを読む