テーマ:岡山県

夏の倉敷美観地区・ブログ開設七周年になりました

ウェブリブログに登録してから、今日で7周年になりました。ホームページ(ようこそ私のハーブ園へ)は1ヶ月でコンテンツ不足のためあえなく挫折しましたが、ブログは、細々と更新を重ね、8年目に突入です。 幸いにも多くの方々に見ていただき、499,844件(ウエブリブ事務局のお知らせから)の訪問をいただきました。コメントも数多くいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の倉敷美観地区

「秋の倉敷美観地区」の続編です。二月も今日で最後です。今月は自転車で遠征する機会がなく、撮りためた写真をUPです。駄作ですが、よかったら見ていってください。 倉敷も年に数回、雪が降ります。そんな日はわたしのような俄かカメラマンが、カメラを携え、やってきます。その数、20名程でしょうか?。倉敷川を挟んで、「三脚が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンチョウの放鳥を撮りに行きました

正月に岡山後楽園で行われる、タンチョウの放鳥を見にいきました。今年は天候に恵まれ、大勢の人々で賑わっていました。昨年に続き、2回目です。 気合が入って、場所取りに開始一時間前に出かけます。カメラを重装備した常連さんらしき人の横にお邪魔し待ち時間に情報収集します。知らない者同士が会話できる、楽しいひと時で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の倉敷美観地区

美観地区が近いので、写真を撮っています。秋らしい景色と、ブロンプトンのある風景を撮って来ました。場所も時間もまちまちです。よかったら駄作ですが見てください。 大原美術館横の「エル・グレコ」は50年以上の歴史がある喫茶店です。建物はツタで覆われ、新緑の頃と紅葉の頃が見ごろです。ブロンプトンはどこに置いても絵になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内国際芸術祭2013宇野港周辺会場を回る

瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度 開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」は後2週間で終わりです。自分は芸術に縁のない人間だと自負していましたが、サイクリングついでに回わると、楽しい時間を過ごせました。 宇野港周辺会場で見た作品です 152 宇野のチヌ     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。おかげさまで当ブログも5度目のお正月を迎えることができました。日本三名園の一つ、岡山後楽園では毎年1月1日に数羽のタンチョウを放鳥します。飛翔する姿を撮りたかったのですが・・・ 昨年後半は、周りの方の不祝儀が重なりました。なにより応えたのは健康診断でガンとC型肝炎を疑われたことです。誤診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深まる秋をSIGMA DP2 Merrillで撮ってみる

秋も深まり、朝晩は肌寒さを感じるようになりました。わが家の庭先に咲く秋明菊です。夏の暑さを乗り越え、今年も見事に咲いてくれました。 九州北部豪雨や暑さを敬遠していたら休みと天気が合わず、ずいぶんお出かけしていません。それに体調も思わしくありません。「小人閑居して不善をなす」とは、よく言ったもので物欲の命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回倉敷国際トライアスロン大会

7月10日、第1回倉敷国際トライアスロン大会が倉敷市で開催されました。児島競艇場(倉敷市児島元浜町)を発着点に、水泳1・5キロ、自転車40キロ、ランニング10キロに576名(男性529名、女性47名)が挑戦しました。 2008年まで10回続いた「児島倉敷国際トライアスロン大会」を復活させる形で三年ぶりに開催されたもので、選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「親切な青鬼くん」と「ももっち」(香川県と岡山県)、YouTubeでコラボ!

観光客を温かく迎える香川県親切運動キャラクター「親切な青鬼くん」をご存知でしょうか?香川県警キャラクター「ヨイチ」は那須与一をモチーフにしたキャラクターですが、、親切な青鬼くんは、なぜ香川県にいるのでしょうか? 青鬼くんは、浜田廣介さんの童話『泣いた赤鬼』に出てくるやさしいキャラクターです。人間と仲良くなりたい赤鬼のために、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然はじまる父と娘の岡山弁劇場シリーズ

岡山県製作の岡山弁講座に、岡山弁丸出し父娘の「突然はじまる父と娘の岡山弁劇場」がはじまり、気づけば完結していたのでご紹介します。岡山弁講座の単発ものだと思われますが、詳細は不明です。合わせて6分ほどのストーリーです。 いつも楽しませていただいている岡山弁講座ですが、この動画にでてくる父娘(いつのまに!)についていろいろ推測して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おねえさんとおじさんの岡山弁(2)

岡山県が、岡山弁のよさをPRするべく作成、公開している「きっとためになる岡山弁講座」の続きが公開されているのをYouTubeで発見したので貼ってみました。写真は主演の井上梢さんです。 岡山弁協会会長の竹内武夫先生(まさに先生!)は、ご自信の書かれているブログ(ココログ)のプロフィールによると、元小学校長で古希の方です。柔術・剣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名前は「うらっち」です。

鬼の女の子をイメージした岡山県の新マスコットキャラクターの名称が決まりました。公募の結果、全都道府県から1万4571点が寄せられたそうですが、少なくても4点は家族の名を語ってわたしが応募しました。連絡が無いので、選に漏れたようです。 桃太郎のももっちに対し、岡山県の鬼のモデルとされる温羅(うら)伝説にちなんで考案した「うらっち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももっちのお友達の愛称募集で、豪華商品をゲット!(終了)

岡山県では、県のマスコット「ももっち」に新しい仲間、オニをモチーフにアレンジした愛らしい女の子?を登場させ愛称を募集しています。 マスコットの名前が採用されると、あなたの名前が岡山県の広報誌に載り運がよければ新聞・マスコミで報道されるかもしれません。豪華景品をGETできるかもしれません。募集締め切りは、平成22年4月20日(火曜日)ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ももっち焼(岡山限定発売)を買いました

倉敷市にある「倉敷夢工房」のももっち焼を買いました。ももっち焼は、ももっちの形をした今川焼き※です。餡子(あんこ)はつぶあん、カスタード、クランチチョコがレギューラーで、今日は、いちごレアチーズとロイヤルミルクティーもありました。こちらは季節商品でしょうか?一個80円です。 ※今川焼き 小麦粉を主体として型で焼いた和菓子のひとつ。各…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結願」 備中・倉敷あんこめぐり

結願(けちがん)は、日数を決めて行った法会や願立てなどの予定日数が満ちること、満願。また、その最終日 (=デジタル大辞泉から)の意味だそうです。四国八十八か所の霊場巡礼の旅と比べるのもなんですがわたしの、備中・あんこめぐりの旅が本日の「天領」をもってすべて終わりました。遠くは、新見、笠岡まで行きましたが、無事終了することができました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おねえさんとおじさんの岡山弁

岡山県は、動画配信サービスYouTubeを使ってさまざまな情報や県政広報を、発信していますが、その中のコンテンツのひとつ「きっとためになる岡山弁講座」をご紹介します。 ギャルと中年男(失礼!)が同じフレーズを岡山弁で復唱しますが、岡山弁の性別、年齢を超えた面白さに笑ってしまいました。この面白さは、県外のだれにで通じるものか?非常に興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状の「ももっち」

岡山を代表するヒーロー「桃太郎」をアレンジして誕生した「ももっち」は、平成18年4月から「岡山県マスコット」として、県内各地のイベントや広報活動に登場していますが、2010年用年賀状にも登場しました。 全国の皆様に「ふるさと岡山応援寄附金」を知っていただき、岡山をより元気にするため、ぜひこのイラストを年賀状にご利用ください!と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備中・倉敷あんこめぐり

「備中・倉敷あんこめぐり」(県備中県民局、倉敷市、山陽新聞社などでつくる実行委主催)は、倉敷、総社など7市1町の48店のお菓子屋さんが参加し、各店を紹介したマップを持参し、商品を購入するとスタンプが押してもらえ、応募すれば抽選で商品券(スタンプ3個分)やオーダージーンズ(同15個分)が当たります。 ちなみに、備中国(びっちゅうのくに)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オエンガー参上!

青少年のマナー低下や、その手本となるべき大人のマナー低下も顕著だということで、岡山県は、新たな戦隊ヒーローの「オエンガー」君を登場させて、公共の場でのマナーや相手を思いやるこころの大切さについて啓発活動を行っています。写真はちらしのオエンガーの雄姿です。岡山県内を走る電車の宙吊り広告や、岡山県内の公共施設でちらしで見た方も多いのではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ、岡山弁!

上(左)のポスターは日本観光ポスターコンクールに入賞した岡山県の備中地域の観光PRポスター「でぇれー ぼっけーもんげー」です。ちなみに「でぇれー ぼっけーもんげー」は〔すごい〕の原形、比較級、最大級で「すごい」、「す、すごい」、「すす、すごい」の意です。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に詳しい説明が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「札幌の二度泣き」と「岡山の二度泣き」

「札幌の二度泣き」ということばがあります。札幌に転勤を命じられた時は、都から遠い北辺の地に流されるかのような寂寥感や悲壮感で泣き、数年を札幌で過ごし、他都市への転勤を命じられた時には、よそ者をも受け入れる温かい人情に包まれ、快適な生活を送ることのできた札幌のまちへの離れ難い思いで泣く。北の都の懐の広さ、鷹揚さ、温かさが偲ばれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴れの国おかやま

岡山県では、平成元年に岡山県のトータルイメージを表現する言葉として「晴れの国」を定め、広報活動を中心に使っています。たしかに岡山県南部は典型的な瀬戸内海式気候ですが、北部は日本海側気候に属しており「一言で表現するのはいかがなものか」と思います広大なアメリカの気候を一言で表す無謀さに比べると(たとえが悪いですが)、「細かいことを気にしなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more