瀬戸内国際芸術祭2013宇野港周辺会場を回る

瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度 開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」は後2週間で終わりです。自分は芸術に縁のない人間だと自負していましたが、サイクリングついでに回わると、楽しい時間を過ごせました。 宇野港周辺会場で見た作品です 152 宇野のチヌ 153 舟底の記憶 同名作品が別に有 154 PARADISE 155 PARADISE 156 abandon/hope 157 Una 158 街中写真プロジェクト 荒木経惟とデイヴィッド・シルヴィアン 159 街中写真プロジェクト 佐内正史 160 街中写真プロジェクト 野村佐紀子 161 街中写真プロジェクト 公募作品 機関車わらアート号 秋の新作 愛の女神像 パフォーマーの人たちでしょうか?進出鬼没で滅多に…

続きを読む

玉野市・東海岸後閑サイクリングコースを走りました

岡山県玉野市観光協会がフェリーの発着で賑わう海の玄関口・宇野港周辺を周遊する、お勧めサイクリングコースを紹介しています。そのうち海岸線が美しい東海岸(田井)後閑サイクリングコース(約16Km)を走ってきました。 どうやっていくか? ののちゃんの街 レンタサイクルで走りました。いしいひさいち氏は玉野の出身で「ののちゃん」は市のイメージキャラクターです。今、宇野港周辺は瀬戸内芸術祭の秋会期中で多くの人で賑わっていますが楽に移動できました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください サイクリングマップはココからダウンロードできます ここから本文です 産業振興ビル前をスタートです。正面ロビーに入ると宇高連絡船を模型やパネルで紹介するコーナーがあります。瀬戸大橋が開通して25年経過しましたが、かっての宇野港の賑わいを知る人にとっては寂しいかぎりです。 駅東創庫は名前のようにJR宇野駅の東にあります。玉野のアーティスト等が集まり、自主運営する大型倉庫を改装して作ったアトリエ&ギャラリーです。 櫻橋は船が通る時は通行止めになり、橋が持ち上がる跳ね橋です。 玉野競輪場に寄り道します。ギャンブルに縁がなく、初め…

続きを読む

大山中海・白鳳の里ポタリングルートをサイクリング

大山隠岐国立公園とラムサール条約登録湿地・中海周辺エリアから鳥取県西部総合事務所がお勧めサイクリングコースを紹介しています。そのうち史跡が残る歴史ロマンコース・白鳳の里ポタリングルート(約28Km)を走ってきました。 どうやっていくか? 皆生温泉にある米子市観光センター前の無料駐車場(30台)に車を止めました。大山中海サイクリングコース(詳細はココ)の多くがここを起終点にしているので、なにかと好都合です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください ここから本文です 観光センター前から日本海に向かいます。 日本海を背に、皆生温泉開発の祖である有本松太郎の胸像が立っています。温泉旅館やホテルが立ち並ぶ一角を通過します。湯宿のお客さんが、浜辺で朝日を見ていました。 日野川にぶつかります。川を横断するため、上流にかかる皆生大橋(国道431号線)で日野川左岸から右岸(西岸)に渡ります。 再び日野川河口まで下ります。海と車道の間の歩行者自転車用道路?(矢印)で日吉津海岸沿い走ります。皆生海岸と日吉津海岸は日野川が運んできた土砂が堆積してできた砂浜海岸です。 佐陀川に突き当たると、上流の新佐…

続きを読む

三瓶山山麓ぐるっと一周サイクりング

三瓶山は鳥取県の大山と共に中国地方を代表する島根県の火山です。主峰男三瓶(1126m)を始め、女三瓶(957m)、子三瓶(961m)、孫三瓶(907m)等の、峰々が環状に火口を囲んでいます。北の原~東の原間を結ぶサイクリングロードと、三瓶山高原道路を走って三瓶山を一周(17km弱)してきました。 どうやっていくか? 県立三瓶自然館に車を留めさせていただきました。さんべ恐竜王国の企画展を開催中で親子連れで賑わっていました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください .2013ぐるっと三瓶くにびきウォーク・三瓶一週コースを参考にしました ここから本文です 時計周りに回る予定でしたが、下り基調かもと期待して、急遽、反時計周りを選択しました。自然館の前を出発、高原道路を一気に下ります。 コースは三瓶山麓周遊バスの運行路線と一部、重なります。写真はお手植えの松東口バス停付近です。昭和46年の全国植樹祭で、昭和天皇・皇后両陛下が植えられたそうです。ほのかに紅葉が始まっていました。 市道(高原道路)から県道30号線に入ります。県道を大田市街方面に向かうと石見銀山に行けます。循環コースから外れますが、合流地点から1Km西の浮布池に寄り道しました。 …

続きを読む

武庫川サイクリングロードをサイクリングする

武庫川サイクリングロードは、武庫川と仁川との合流点付近から、同河口までの右岸(西岸)を走る7.1kmの自転車専用道です。西宮市公園緑地課が管理しています。武庫川公園(河川敷公園)内を通っており、ジョギングコースと合わせ、多くの人が利用しています。 どうやっていくか 車を止める場所に悩まないですむ輪行です。JR東海道線の甲子園口で降車、武庫川に向かいます。地元の方は自宅から自走?鳴海浜公園や鳴海浜臨海公園の有料駐車場に車を止める? ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 西宮市、(財)西宮スポーツセンター作成のコース案内を参考に走りました ここから本文です 県道114号線の一里山陸橋から河川敷に降ります。写真はたぶん始点だろうと思われる地点です。ここから県道を頭上に、あるいは平行して下り基調のコースを走ります。 この道路は西宮市が市制50周年記念事業として計画し、(財)西宮スポーツセンターが市の交付金と日本自転車振興会の補助金を受けて建設しました。立派な松林が多くあります。歩行者の方に注意して走ります。 旧中仙道の渡し場があったところです。対岸に髭を蓄えていた老人の営む茶屋があり、その老人が渡しに多少関与していたことから髭の渡しと呼ばれるようになったとか?すごい髭と推…

続きを読む

R185 さざなみ海道をサイクリングしました

R185 さざなみ海道は呉市から三原市を海沿いに結ぶ国道185号線の名称です。そのうち三原港から大芝大橋までの約40Kmを走ってきました。瀬戸内の多島美を楽しみ、また地元の人々の生活を肌で感じながら走ります。 本来のR185 さざなみ海道は呉市(本通一丁目交差点)を起点とし、三原市(三原警察署入口交差点)を終点 とする総全長70kmのコースです。沿線4市では15か所に「さざなみサイクルポート」を設置され、休憩できます。 どうやっていくか? 残暑厳しき折、長距離はしんどいので青春18切符を使って輪行です。三原駅で下車し、8駅分を走って風早駅から帰宅の途につく、JR呉線沿線を走る旅でもあります。案の定、足がつり青息吐息でした。   (;´ρ`)風早駅です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 コース地図はココでダウンロードできます。 りんくうサイクリングスタンプラリー対象コースです。 ここから本文です 三原といえばやっさ、やっさの掛声で知られる「やっさ踊り」でしょうか?三原港湾ビルの横です。後ろは三原内港東駐車場(市営駐車場)です。ここからスタートです。 西野川にかかる曙橋を渡ります。右手に三原市役所が見えています。 …

続きを読む

大崎上島一週コースをサイクリングしました

竹原港からフェリーで二十数分で造船とみかんの島・大崎上島に着きます。かって海運業や造船業で栄えた町並みに歴史を感じ、ゆっくり流れる島時間を楽しむ30Km余りのコースです。 どうやっていくか? 第一便がでる前に竹原港に着きました。フェリー乗場横の無料駐車場に駐車できましたが、帰る頃には広い駐車場が満車でした。車を置いて、自転車をフェリーに乗せます。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です。 大崎上島の白水港に着きました。ここから時計回りに島を一周します。垂水港方面を目指して出発します。 県道65号線を進んでいきます。人影が見えません。 かって「風待ち潮待ち」の港として栄えた木江地区は大正・昭和の面影を残す旅館や遊郭跡が残っています。古い街並には木造三回建ての建物が数多く残っています。写真は珍しい五階建ての建物です。 このあたりでは、時間もゆっくり流れているようです。映画「東京家族」のロケもこの地区で行われました。 木江港交流倶楽部かもめ館です。外観は竜宮城をイメージしたとかで、異彩を放っています。中には大広間や海中映像館があ…

続きを読む

世羅ふれあいロードハーフコースをサイクリングする

世羅高原(標高340~500m)を走るふれあいロード(広域農道)、フルーツロード(広域農道)と国道432号線を結ぶ30Kmのサイクリングコースは様々な農作物と果実に出会えます。 どうやっていくか? 世羅町役場に駐車させていただきました。駐車場から今高野山を見ましたが、早朝で霧がかかって城が見えません。今高野山駐車場にも駐車可能です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です。 世羅町役場前からスタートです。役場前で待ち合わせしてお遍路に出る人から声をかけられ、雑談をしました。世羅町は涼しいこと、走るコースは坂が多いことを教えてもらいます。 所々に朝霧が立ち込めていました。霧が太陽光を遮り、スピードを出すと肌寒かったです。道路横に設置された温度計が21℃と表示していました。寒いわけです。 四季園にしおおたでは、農家が育てた農産物、旬の野菜、果物や、手作りの寿司、惣菜を売っています。鳥脅しでしょうか?案内板の上のカラスの作り物が妙にリアルです。 本コースで唯一、迷いやすそうな箇所です。四季園にしおおたを過ぎると国道432号線は左(南)に曲がりますが、ここは、「弁城」交差点を目指…

続きを読む

安芸灘とびしま海道をサイクリングする

安芸灘とびしま海道は7つの島を7つの橋で結んだ陸路の愛称です。瀬戸内海の多島美と橋のある景観が楽しめます。道路は良く、起伏も適度にあり楽しく走れます。信号も無く、交通量が少ないです。多くの人が走っていました。 どうやっていくか? 船舶の停泊地だった大津泊庭園に駐車させてもらいました。安芸灘大橋(自動車は有料)を渡ってすぐの、島内唯一の見戸代信号の先にあります。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です 下蒲刈島 大津泊庭園が海道ウォーキング大会のスタート・受付地です。ウォーキングコースを参考にして走ります。 ※広島県サイクリング推奨ルートは起点は国道185号線・安芸灘大橋入口です。駐車不可 下蒲刈島 松濤(しょうとう)園は、三之瀬瀬戸の急潮を借景に、松を主樹とした庭園だそうです。園内には朝鮮通信使をもてなした資料を展示した「御馳走一番館」や陶磁器館あります。 蒲刈大橋 下蒲刈島と上蒲刈島を繋ぐ橋長480mの3径間連続プラットトラス橋です。完成当時は農道橋としては日本最長の橋でした。 上蒲刈島 であいの館 は地元の特産品、加工品をお土産品を扱う観光総合案内所です。展望台から四国が望…

続きを読む

トロッコ列車「奥出雲おろち号」と奥出雲サイクリング(2)

トロッコ列車「奥出雲おろち号」と奥出雲サイクリング(1)からの続きです。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です 井野原駅に到着しました。サイクリングの開始です。大型観光バスが待機しており、おろち号から降りた団体さんを拾い、道の駅方面に走り去りました。びっくりです。 国道314号線で中国山地の分水嶺を越え、トンネルを抜けると、奥出雲オロチループの最上部にある三井野原橋です。今回は山間部を走るのでトンネルがかなりあります。安全走行に留意します。 道の駅・奥出雲おろちループ の展望台付近で「ヘビに注意」の立札がありました。以前はマムシに注意でした。 こわごわ展望台に進み、へっぴり腰で三井野原橋を撮ります。目が眩みます。 ループ展望台で道路維持業者の方が自転車で上がってきたと勘違いし驚ろかれます。汽車で上り、自転車で下ると言うと納得されました。谷から登ってくるマムシを見たかと案内され、多いにビビリます。マムシもヘビですが。 奥出雲の山々は高くそびえ立ち、谷深く幾多の伏流水を生みだします。延命水やおろち水もその1つです。おろち水は、水質検査機関によるとミネラルの多い良質な飲料水に適した水だそうです。 …

続きを読む

トロッコ列車「奥出雲おろち号」と奥出雲サイクリング(1)

トロッコ列車「奥出雲おろち号」で木次(きすき)駅から三井野原(みいのはら)駅まで鉄道の旅を楽しみました。帰りは下り基調の国道と県道を自転車で走って帰ります。前回(三年前)は雨で走れず、再挑戦です。過去記事はコチラ どうやっていくか? JR木次駅前(3台駐車可)に、了解を得て車を停めさせていただきました。満車の場合はお隣のサン・チェリヴァ(ショッピングセンタAM9:00~PM8:00)さんの駐車場に駐車できるよう木次鉄道部さんが依頼しているそうです。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です おろち号はJR木次線の木次駅 ~備後落合駅間を一日一往復です。9月29日まで金・土・日・祝日と夏休みは毎日運転し、10月・11月は金・土・日・祝日と紅葉期間の運転です。全指定席で、定員64名です。※出雲発もあり 列車は3両編成です。1号車が窓ガラスのないトロッコ列車、2号車は雨の日の控車(同じ指定席)、最後がディーゼル機関車です。トロッコ列車はバスツアーに組込まれる事もあり、予約が取れない日もあります。 トロッコ列車は風光明媚な山間僻地を走るイメージがありますが、奥出雲おろち号も、中国山地の山中をのんびり走ります。前日まで大雨だったたため、車内に入る風は心地よ…

続きを読む

ファインロードをサイクリング

ファインロードは福井県道801号永平寺福井自転車道線の通称です。永平寺町鳴鹿山鹿を起点とし、福井市福町を終点とする総延長26.1kmの自転車道です。九頭竜川水系沿いの自転車道は高低差がなく、多くの人で賑わっていました。 どうやっていくか? 今回は永平寺にも立ち寄るので、えちぜん鉄道永平寺口駅の無料駐車場に車を停めさせていただきました。駅に近く輪行に便利です。休日はサイクルトレインが利用できます。終点の福井運動公園は千台駐車可能な運動公園です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 地図は福井県HPからDLさせていただきました。 ここから本文です 国道364号線鳴鹿橋北詰の起点(と思う)です。ここから堤防上や河川敷を走りますが路面状態がよく、また下りが長く続くので快適に走れます。 鳴鹿大堰の横を通ります。堰(せき)は、水をせき止める目的で河川や湖沼などに設けられる構造物です。堰柱は、鳴鹿の「鹿」をイメージしたそうです。そう言われれば・・・ 本自転車道の距離標です。永平寺からの距離と運動公園からの距離を併記しています。当初計画の起点は永平寺だったのでしょうか? 九頭竜川にかかる五松橋で対岸に渡…

続きを読む

若狭自転車道をサイクリング(2)

若狭自転車道をサイクリング(1)からの続きです ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 迷走区間は修正しています ここから本文です 小浜城跡を出発し、小浜市街を抜け海にでます。マーメイドテラスに着きました。顔立ちが異なる?人魚の像が2体あります。人魚の肉を食べて若さと美しさを保ち、800年を生きたという八百比丘尼の伝説を元に立てられたそうです。 道は県道235号線となり、側道が自転車道です。人魚の像から500m程離れた、翼のテラスに着きました。小浜公演前の広場です。飛び立つ鳥をモチーフにしたモニュメントです。白鳥のようです。 このあたりではツキノワグマが出没するようです。幸い、今まで熊に出くわせしたことはありませんが、今後も出会いたくありません。 自転車道(県道の側道部分)は青井崎を目指して、緩やかに上っていきます。 自転車道が国道27号線(丹後街道)と合流します。ここから再び県道235号線に分岐する間の国道区間は未整備区間です。食堂(赤丸)で焼鯖を食べました。美味でした(´∀`) 再び、国道27号を離れ、県道235号線に入って行きます。 …

続きを読む

若狭自転車道をサイクリング(1)

若狭自転車道は、一般県道小浜大飯高浜自転車道線の通称です。福井県小浜市門前を起点とし、大飯郡高浜町事代を終点とする計画延長が40.3kmの自転車道です。前半(15Km弱)では古刹を周り、後半(35Km強)は若狭国定公園の海岸線を巡ります。若狭路の歴史と自然を楽しめます。写真は羽賀寺です。 どうやっていくか? 長距離(往復すれば80km以上!)を走ること、日中温度が30度を超えそうなので、体力温存のため、帰りはJR(若狭高浜~東小浜駅)で輪行です。車は明通寺の駐車場に置かさせていただきました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 地図は福井県HPからDLさせていただきました 迷走区間は修正しています ここから本文です 駐車場(上)の先に明通寺山門があります。明通寺は坂上田村麻呂が建立したと伝えられている寺院です。本堂と三重塔は国宝です。自転車道の起点(と思う)は山門の下にありました。 日中でも薄暗い境内の一角に、苔むした自転車道の案内板と自転車置場(写っていません)があります。ここが起点でしょうか? 起点から国道27号線の手前まで松永川に沿った県道23号線側道、もしくは県道横の自転車道を東市場橋手前まで走ります。写真は参拝道を下り、…

続きを読む

江田島を日帰りサイクリングで走ってみる

広島、呉沖の江田島は景色と料理を楽しめるサイクリングコースと新聞で紹介されていたので、JR、新幹線、路面電車、フェリーを乗り継いで輪行、サイクリングしてきました。島内主要箇所に、自転車ハンガーが設置されています。 どうやっていくか? 広島港(宇品)の電車乗場です。江田島には多くの港があり、どこで乗下船するかでコースの長さと見所が変わります。江田島ライド30Kmルートを参考にしました。市のHP から サイクリングマップ(第4版)がDLできます。島内数箇所に用意されているレンタサイクル(一日500円)を利用すると、身軽に行動できます。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください 迷走区間は帰宅後に修正しています。寄り道した軌跡は消去しています ここから本文です 切串港に到着です。30分、450円の小さな旅です。広島に勤務(新幹線通勤していた)していた時、能美町出身の同僚が、海が荒れると出勤できないとボヤイテいました。 切串漁協前を出発して程なくすると、カキの加工場が見えてきます。最近、不幸な事件が起き、残念です。 切串人工干潟では、春から夏にかけて潮干狩りを楽しむ大勢の人で賑わうようです。 島内には先の大…

続きを読む

ヒルクライムチャレンジシリーズ高梁 吹屋ふるさと村大会コースを走ってみる

高梁市の山道を自転車で駆け上がる高梁吹屋ふるさと村大会(高梁市、市体育協会などの実行委主催)が今年、目出度く3回目を向かえ、エントリーが始まっています。フルコース(15km、標高差398m、平均斜度2.6%)を走ってきました。 どうやっていくか? スタート地点に一番近いJR伯備線・備中川面駅まで輪行しました。無人駅&二両編成のワンマン電車が走る路線で乗降方法不如意で、どぎまぎしてしまいました。 ※大会当日の開催場所の最寄りは備中高梁駅です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です。 ききょう緑地公園から12kmのパレードラン後、旧高倉小学校(統合で廃校)横から、計測区間がスタートします。県道85号を走り、吹屋ふるさと村を目指します。要所要所に案内が残されており、迷わず試走できます。 平均斜度を抑えて、初心者から本格的なサイクリストが楽しめるコース設定とのことで甘く見たわけではありませんが、輪行し易いシングルギアのブロンプトンを持ち込みました。立ち漕ぎでなんとか走りきりました。 ()´д`()ゲッソリ・・ 道幅が狭いところがあります。ヒルクライムの名のごとく、基本的には上りの連続です。車がほとんど走らないので安心して走れます。 …

続きを読む

球磨川サイクリングロードをサイクリング(2)

球磨川サイクリングロードをサイクリング(1)の続きです ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください ここから本文です 球磨川にかかる木綿葉大橋が見えてきました。この辺では天然のスッポンや鮎が捕れるようで、うらやましいです。 木綿葉大橋(正確には木綿葉大橋下トンネル)です。木綿葉は「ゆうば」と読みます。 伊沢踏切を渡ります。踏切の先を線路に沿って左にいくと肥後西村駅です。線路の向こうに球磨商高が見えています。 小さで川に沿って、遠目に見える国道を目指します。 国道219号にでたら、右に進みます。走行中の車からでも見えるサイクリングロードの大きな案内板があります。湯前人吉自転車道活性化推進協議会の作成です。「相良三十三観音を自転車で巡ろう」のサブタイトル付きです。 本自転車道で見るマスコットキャラクターの名前が判明しました。上記看板に書いてあります。アユリンです。最初はコオロギかと思いましたが、鮎のようです。サラリンとコロリンには結局出会えませんでした。 国道重用区間が2km続きます。鳩胸川河川公園の先にある、鳩胸川にかかる鳩胸橋を渡りま…

続きを読む

球磨川サイクリングロードをサイクリング(1)

球磨川サイクリングロードは一般県道湯前人吉自転車道線の通称です。球磨郡湯前町中里を起点とし、人吉市五日町を終点とする29.0kmの自転車道です。くま川鉄道終点の湯前駅から始発の人吉温泉駅間の球磨川中流域を走ります。船乗場の後方に、赤い鉄橋のJR肥薩線と曙橋(自転車道)が見えます。 どうやっていくか? 国道219号線の人吉クラフトパーク出入口前の横断歩道です。黄矢印方向へ進むと、石野公園駐車場に、赤矢印方向に進むと自転車道の人吉方面です。諸般の事情で別のところに車をとめましたが、こちらの方がいいと思います。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です くま川鉄道湯前駅前に起点(と思われる)があります。湯前駅から10mほど、離れています。湯前町管理の湯前駅前公園とその駐車場の横です。 起点から国道219号線にでたら、コンビニを目印に国道を走ります。現道(国道)利用区間です。右折して自転車専用道に向かいます。途中、食料や水を補給できるお店(VM含む)はあまり無いのでコンビニで補給しておきましょう。 球磨川にかかる古渕橋南詰めから自転車専用道が始まります。写真はイメージ(合成)です。 なにやら視線を感じ…

続きを読む

一ツ葉・西都原自転車道をサイクリング

一ツ葉・西都原自転車道は宮崎県道365号宮崎佐土原西都自転車道線の通称です。宮崎市塩路を起点とし、西都市三宅を終点とする22.8kmの自転車道です。写真は宮崎県の県花、はまゆうと自転車道です。砂が白くしています。 どうやっていくか? 起点側にはインター手前に駐車スペースがあります。しかし管理者不明な事と置き引き発生との事前情報から動物園駐車場に400円で駐車しました。終点側は西都原古墳群の駐車場(無料)があります。 置き引きに会うとガックリです。ナビやETCにいたずらされると被害大です。人通りがあるところに駐車する事、車内に上着やカバンを置かない様に心掛けています。余談でした。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です 起点です。写真の左手に一ッ葉有料道路住吉インターが写っています。右手は写っていませんが未舗装道路に沿ってフェニックス自然動物園(裏側)があります。 一ツ葉有料道路の下を通り過ぎると、左折します。ちらっと海が見えました。 有料道路と併走します。 フェニックスの木陰♪♪♪ 宮崎の二人♪♪ 夢を語ろうハネムーン♪♪♪ ちょっと、古すぎました。 潮害防備保安林の中を日向灘沿い…

続きを読む

大淀川自転車道をサイクリング

大淀川自転車道は宮崎県道363号綾宮崎自転車道線の通称です。東諸県郡綾町北俣を起点とし宮崎市鶴島1丁目を終点とする25.6kmの自転車道です。綾川渓谷から大淀川水系の変化する景観を見ながら宮崎市役所まで下ります。 本サイクリングコースは、綾町サイクリングターミナル(起点から1.8Km先地点)から利用されているようです。案内図もサイクリングターミナルからスタートしています。この間(赤線区間)は、総延長にも含まれていると思われます。 どうやっていくか? 終点付近には大淀川高水敷駐車場(宮崎市役所下で橘橋横の駐車場があります。無料です。今回はここに車を止めさせていただきました。200m先の河川敷が終点なので便利です。起点目指して走り出します。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です。 自転車道の正式な起点は、広域農道の綾尾堂橋との交差点です。ここからスタートします。 起点から山の中腹に、綾城が見えます。近くに見えますが、案内によると自転車道13km+一般道路4Kmだそうです。寄り道する時間も体力もありません。 川に沿って走る自転車道なので、いくつかの橋を渡ります。 …

続きを読む

春の下津井電鉄廃線跡サイクリングロードを自転車で走る

以前、下津井電鉄廃線跡サイクリングロードの記事で一番似合う季節は春だと書きました。今年は桜の開花が東京より遅れましたが、桜並木を見たくなったので走ってきました。記事のタイトルが長くてすいません。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 2010/11/12 の記事と同じ地図です。 ここから本文です。 前回の記事と重複しないように心がけました。合わせてお読みいただけるとうれしいです。 今回は車載しやすいブロンプトンでお出かけです。シングルギアが恨めしい時もありますが、ゆっくり走りたいときには最適です。 さくら さくら 今、咲き誇る ♪♪♪ 天気がいいと寄り道したくなります。写真は延喜式外古社で、御鎮座この方、千誌五百年経ている古社だと案内に書いてありました。備前池田藩累代の御祈願所です。 自転車専用道が県道276号線とぶつかり、ピンクの喫茶店が目に飛びこんできます。コーヒー&お好み焼きのAMANです。今日はいちだんと鮮やかなような気がします。 稗田駅跡付近です。夜は夜桜見物の人(酔っ払いか)で賑わうのでしょうか? 大正橋…

続きを読む

GIOS SPAZIO(スパジオ)を買いました

クロモリホリゾンタルフレームに憧れていましたが、躊躇していました。今回、卒業記念(色々な意味で) という口実ができ、買換えです。お世話になっているお店の委託販売品です。通勤の必要が無くなり、街乗りとツーリング用です。 GIOSブルーのSPAZIOは、泥除けが最初からついていますし、フロントには最初からキャリアが取り付けらており、独特の雰囲気を持つ実用車的なシクロバイクです。※泥除けは前オーナーの趣味でステンレス製に変わっています。 肩付きのラグ付きフロントフォーク(銀メッキ仕様)←よくわからん、こだわりのカンチブレーキ、好みが分かれるWレバー採用等々?突込みたがる人を喜ばす装備満載です。※教えていただいたことの受け売りです。 バイクの状態も良かったのですが、メインコンポが、SORAからTIAGRAに換装されていたのが、購入の決め手です。 700X28Cの微妙(絶妙か?)なタイヤサイズ、ロードとは異なるクラシカルなタイヤもお気に入りです。 比較できるほど多くの自転車に乗っていませんが、走り出すとすぐに分かりました。野球の軟式球と硬式球のような違いです。軽快感はありませんが、路面からの振動をいなしてくれます。疲れにくい自転車です。 美観地区では人力車が走っています。 …

続きを読む

ゆうかファミリーロードをサイクリング

ゆうかファミリーロードは熊本県道330号熊本山鹿自転車道線の通称です。熊本市中央区島崎1丁目を起点とし、山鹿市鍋田を終点とする34.0Kmの自転車道です。道中、名所旧跡は無いですが、豊かな田園風景が楽しめます。 ※国交省HP記載の起点、島崎2丁目は間違いです どうやっていくか? 終点近くに山鹿市サイクリングターミナルがあります。宿泊できます。古代の里では、食事もできるようです。早朝で駐車のお願いができず、事後了解を得て、車を止めさせていただきました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です 段山橋(だにやまばし)西詰の交差点に熊本山鹿自転車道の標識があります。起点だろう と思われる地点です。井芹川に沿って北上します。交通量が多いので注意します。 自転車専用帯部分を走ります。ところどころ車道を横切るので、信号を守りましょう。熊本市中心部に近いので、人車が多いです。 ちなみに、ゆうかは「熊鹿」と書きます。九州からツキノワグマが絶滅したというのが定説ですが、今や全国区のくまモン は、いたるところに出没します。橋梁下部工工事現場で、協力を呼びかけていました。 鹿児島本線と併走した後、踏み切りをわた…

続きを読む

国東半島サイクリングロードをサイクリング

国東半島サイクリングロードは県道413号杵築安岐国東自転車道線 の通称です。杵築市を起点とし国東市国東を終点とする延長35.4kmの自転車道です。伊予灘に臨む自転車道は、起伏がありますが山と海の両方の景観が楽しめます。2箇所の通行止めは迂回路が用意されています。 どうやっていくか 江住吉浜リゾートパークは、食べて、泊まって、遊べる自然に囲まれた総合リゾート施設です。入園料・駐車料金ともに無料なので、今回はここに駐車をお願いしました。わかりにくいですが、写真の左手に自転車道が走っています。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合ココをクリックしてください。 ここから本文です 国道213号線住吉浜バス停先交差点に自転車道の案内板があります。 道路を隔てた反対側がスタート地点です。わかりにくいですが、電信柱の左に自転車を置いた地点です。 リゾートパーク横を通り過ぎると、海にでました。海に沿って走ります。時間が早いので、空と海が朝焼けしています。 やがて道は、雑木林へと入ります。小枝や落ち葉にタイヤを取られないよう進みます。 畑の中を通りすぎたら、一般道にでます。峠を越えたようです。 一般道は美濃埼漁港(最後の写真)にでます。漁港先にツール…

続きを読む

メイプル耶馬(やば)サイクリングロードを一時断念

メイプル耶馬サイクリングロードは、中津市から中津市山国に至36.8Kmの自転車道です。山国川が溶岩地を浸食してできた渓谷等、風光明媚なコースです。日本経済新聞等のサイクリングロードランキングでも人気上位のコースです。 昨年の九州北部豪雨の影響を受け、自転車道は通行不可の状態です。部分的には平成25年5月より復旧予定ですが、全線復旧完了は平成26年3月の予定です。国道を代替走行可能ですが邪魔になりそうで行くのを見合中です。 大分県北部豪雨による中津市の被害状況は中津市のHPから、通行規制情報は、大分県のHPから確認できます。写真は大分県道路規制情報提供サービスの大分県中津市柿坂付近のカメラ映像です。自然の猛威は恐ろしいです。 最後に 本記事は大分県土木建築部様に自転車道の現況を問い合わせ、ブログ掲載の許可を得て作成しました。中津市のHP管理者にもリンク貼付を報告済みです。直接、見聞きした情報に基づいていませんから、誤解等あればお教えいただければうれしいです。ありがとうございました。

続きを読む

肝属川河畔自転車道をサイクリング

肝属川河畔自転車道は鹿児島県自転車道1号東串良吾平自転車道線の通称です。東串良町新川西から鹿屋市吾平町上名に至る総延長19.2km(県資料20.8)の自転車道です。高隅山系を望む川の景観が楽しめます。 どうやっていくか? 大隅広域公園も駐車場がありますが、ツワブキ館(物産館)に許可を得て停めさせていただきました。吾平山上陵駐車場まで降りた後、起点を目指します。帰路に着く前、ツワブキ館名物みそうどんをいただきました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合ココをクリックしてください。 ここから本文です 県道柏原池之原線柏原橋西詰から自転車道は始まります。ここから川は名前を変えますが肝属川水系を遡り、吾平山上陵を目指します。写真右手に自転車道の案内図があったようですが・・・ しばらく行くと車止めがありました。自転車専用道はここから「スタート」のようです。陽気のせいか、桜島の降灰のせいか、はたまたPM2,5のせいか、山か霞んでいます。 自転車道の案内地図がありました。 道路に描かれた案内標識が要所要所にあります。ここは堤防上道路から河川敷道路へと降りていくところです。 こんな案内が…

続きを読む

吹上浜砂丘自転車道をサイクリング

吹上浜砂丘自転車道は鹿児島県自転車道2号加世田日吉自転車道線の通称です。鹿児島県南さつま市加世田小湊(旧加世田市)から日置市日吉町下越ノ尾に至る総延長 23.9km(22.2kmで概成)の自転車道です。 始点~自転車専用道入口と自転車専用道出口~終点の各1Kmは市道利用区間です。写真は起点周辺です。本自転車道は南薩線の廃線跡地を一部利用しています。ほとんど自転車専用道で起伏も少ない走り易い自転車道です。 どうやっていくか? サイクリングターミナルりんりんに車を止めさせていただきました。ターミナル利用者用なので、許可を得て駐車しました。公園内にも駐車スペースはたくさんありますが、より安心です。りんりんには、自転車道のほかにもサイクリングターミナルを起終点とするコースも制定されていますので、HPでごらんください。また、近くに似た名前のサイクルステーションりんりんかせだもあります。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場会ココをクリックしてください。 ここから本文です 吹上浜砂丘自転車道の起点(南さつま市加世田小湊)です。国道226号と市道大崎小湊線の交差点です。自転車道案内標識が国道上にあります。 市道にひっそりと船つなぎ石がありました。万之瀬川はかってこの付近を流れ、当時、この石で船をつな…

続きを読む

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。おかげさまで当ブログも5度目のお正月を迎えることができました。日本三名園の一つ、岡山後楽園では毎年1月1日に数羽のタンチョウを放鳥します。飛翔する姿を撮りたかったのですが・・・ 昨年後半は、周りの方の不祝儀が重なりました。なにより応えたのは健康診断でガンとC型肝炎を疑われたことです。誤診でしたが、精密検査の結果が出るまで悶々とした日々を過ごしました。夜の倉敷アイビースクエアです。 後楽園のコイも全員(全匹?)、暖かい水の流れてくるほうに頭を向けています。水温む春が待ち遠しいです。 ブログの更新が遅くなりがちですが、本年もよろしくお願いいたします。今年一年が、心穏やかに過ごせたらと思います。

続きを読む

深まる秋をSIGMA DP2 Merrillで撮ってみる

秋も深まり、朝晩は肌寒さを感じるようになりました。わが家の庭先に咲く秋明菊です。夏の暑さを乗り越え、今年も見事に咲いてくれました。 九州北部豪雨や暑さを敬遠していたら休みと天気が合わず、ずいぶんお出かけしていません。それに体調も思わしくありません。「小人閑居して不善をなす」とは、よく言ったもので物欲の命じるままにSIGMA DP2 Merrillを購入しました。 倉敷の美観地区には近いこともあり、ちょくちょく出かけます。早朝は、地元の人の散歩やランニングコースです。 夜遅く、人通りの絶えた白壁地区をカメラ片手に徘徊すると不審者と間違われないか、ちょっと心配です。経験有り。 ご近所のオールドミニ専門店の店頭に置いてあるレーシングミニです。 今では本国でも珍しい(らしいです)チンクの、それもエステートバン仕様です。好事家(絶対そう思う!)の方が所有しておられる現役車両です。肝心のボディー後半が写っていません・・・ お目を汚しの写真のUPでとりあえず更新です。サイドバーの広告が消えればと思います。九州の自転車道走破も鹿児島、宮崎、熊本、大分県を残して足踏み状態です。早く行ければいいのですが・・・ 近況報告でした。 2012年12月追加 …

続きを読む

ひびき灘自転車道をサイクリング

ひびき灘自転車道は一般県道遠賀宗像自転車道の通称です。遠賀町広渡を起点とし、宗像市田熊を終点とする計画延長33.9km(平成15年度24.5km整備済見込)の自転車道です。響灘沿いの自転車道は多くの人が走っています。 響灘に注ぎこむ遠賀川と釣川に沿って、響灘の海岸線に沿って走ります。一部、現道利用区間がありますが、車道と分離された自歩道がある区間が多く安心して走れます。 どうやっていくか? 芦屋町海浜公園や波津海水浴場に駐車場があります。写真は海浜公園内の観光協会事務所です。 ※利用にあたっては事前にHP等で利用時間・料金等を確認してください。季節等で運用が変わるようです ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 2つのGPSログを足して作成しました ここから本文です 遠賀川橋の下です。ここから次の御牧大橋までは直方北九州自転車道とルートを共有しています。 御牧大橋の手前です。左に曲がると直方北九州自転車道、直進すると遠賀宗像自転車道です。 遠賀川河口堰が見えてきました。通行止めです。河川敷から堤防道路(県道27号)線にあがります。 ※遠賀川河口堰は九州最大の可動式河口堰とのことで全長5…

続きを読む

野母半島サイクリング道路をサイクリング

野母半島サイクリング道路は長崎県道300号長崎野母崎自転車道線の通称で長崎市江川町を起点とし、同市脇岬町焼山を終点とする20.7Kmの専用道です。野母半島は長崎市から「ノ」の字状に北西に伸びている半島です。 県道224号線の前後(赤○記入部分)を除けば、山間部を縫って進みます。直線区間は短く、九十九折が連続する自転車道です。一部で海が見えるポイントがありますが天候が悪くよく見えませんでした。 どうやっていくか? 江川パーキング(15台駐車可)に車を止める予定が、進入路が分からず、「えがわ運動公園」に車を止めさせていただきました。家族連れで賑わっていました。道路を横断すると起点が目前です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください GPSログが地形に追いついていず、無修正なので距離表示が短いです。 ここから本文です 管理事務所(閉鎖中)と土井首中学校に挟まれて、起点がありました。中学校を回りこむように上っていきます。事務所前(写真無し)が駐車場でした。 幾重にも折曲がって進みます。見た目ほど急勾配でなく、以外とスピードがでるので対抗してくる自転車に注意が必要です。 頭上でガサゴソ音がしました。何かい…

続きを読む

佐賀環状自転車道をサイクリング

佐賀環状自転車道は佐賀県道401号佐賀環状自転車道線の通称です。佐賀市外縁を周遊する計画延長43.4Kmの自転車道です。一部、未整備区間(約7Km)がありますが現道や代替ルートで通行可能です。 佐賀線跡区間(約5Km)は、特に徐福サイクルロードと呼ばれて親しまれています。桜が植樹され、いかにも廃線跡といった風景が続きます。ちなみに徐福(じょふく)は始皇帝に不老不死の霊薬があると具申した人です。 どうやっていくか? 県立森林公園に駐車させていただきました。900台駐車可能な綺麗な公園です。環状道路はどこからて走り始めてもいいのですが、国交省HPの起終点は佐賀市嘉瀬町荻野なので好都合です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください 迷走部分は修正しています。代替ルートは一例ということでご了承願います。 ここから本文です バルーンの形をしたお洒落?な二階建てトイレが国道207号線(嘉瀬橋東詰)沿いにあります。トイレの前に自転車道線の案内標識も立っています。ここから堤防上道路を北上します。 バルーンさが駅は長崎本線の駅で、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(内外から100機を超えるバルーンが集まるアジア最大の熱気球大会)の為に常設された臨時駅…

続きを読む

筑後川自転車道(筑後川サイクリングロード)をサイクリング

筑後川自転車道は福岡県道806号吉井久留米自転車道線の通称です。うきは市吉井町桜井を起点として久留米市合川町に至る延長27.4キロの自転車道です。筑後川を下流に向けて走る途中に移り行く川の景観が楽しめます。 長野水神社(原鶴大橋上流附近)から百年公園までが県道(自転車道)です。現地案内に記載されている公園先から筑後川大堰間(7Km)は、久留米市公園土木管理事務所が管理している「公園内園路」です。板筑後川サイクリングロードはこの2つの総称です。写真をクリックすると拡大します。 どうやっていくか 今回は百年公園に車を止めさせていただきました。久留米市が平成元年に、市制100周年を記念して作った公園です。河川敷に降りると自転車道は目の前です。他にも途中の河川敷に駐車場があり、利用者の利便を図っています。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください ここから本文です 案内板(二番目の写真)があるので起点だと思います。ここから河川敷、堤防道路を走って筑後川を下っていきますが、途中、自販機やお店がないので水、食料は持参されたほうが安心です。 対岸に原鶴温泉が見えてきました。 筑後川サイクリングロードの距離標です。長野水神…

続きを読む

倉敷市玉島、ぶらっと自転車で走る

倉敷市西部の玉島地区は北前船の貿易港として繁栄した港町ですが、昭和の面影も色濃く残っています。ひなびた町並みは 三丁目の夕日(写真は同ロケ地)の景色のようでどこかなつかしいです。カメラ片手に走ってきました。 急傾斜地崩壊危険区域内の坂道を、フウフウ息を吐きながら自転車を担いで上ると円通寺にでます。良寛さんが青年時代に修行した寺として有名な古刹です。お寺の人が見知らぬ私にもやさしく声をかけてくださいました。 醤油屋さんでしょうか?ごく普通に営業しておられます。 すべての川は玉島港に注ぎますが、川と共生する町並みは玉島でよく見る光景です。 パチンコ屋さんの跡です。当時、パチンコで勝った人も負けた人も今はよい「思ひ出」に・・ 羽黒神社横のレトロ感溢れる建物はかって銭湯でした。港湯と読むらしいですが昭和生まれの私には読めませんでした。昨年廃業されたそうです。 玉島の町には古い郵便ポストがよく似合います。年季の入ったポストがだんだん周りから減ってきましたが、玉島ではまだまだ現役です。 看板を見ると金物屋さんだったような・・・ 新倉敷駅(かっての玉島駅)と玉島乙島の工業地帯とを結…

続きを読む

北九州遠賀川自転車道をサイクリング(2)

北九州遠賀川自転車道をサイクリング(1)からの続きです ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください ※未整備区間の中には代替ルートを走っているところがあります ここから本文です 御牧大橋から水巻町、芦屋町を通り北九州市若松区の終点までが分かりにくいので案内図を拡大してみました。土地勘の無いわたしにはなかなかの難コースでした。 御牧大橋を渡り終えたら、河口方向に進みます。自転車専用道へと降りていきます。後ろに見えるのは河口堰?でしょうか? 江川自転車道橋です。対岸に渡ります。 江川河畔公園です。北九州遠賀川自転車道の案内地図はここに有りました。 なみかけ大橋に出るまで道に迷います。やっと着いたら、今度は自転車道への進入路がわかりません。行きつ戻りつして、道路右側に側道を発見。そこを下ると(1)の最初の写真の場所に出ます。 自転車歩行者専用道は響灘に沿って設けられています。 海の家です。大勢の人で賑わっていました。 自転車道は海の家の前にあるトイレの横を通ります。 …

続きを読む

北九州遠賀川自転車道をサイクリング(1)

北九州遠賀川自転車道は一般県道直方北九州自転車道線の通称で 直方市溝堀を起点とし北九州市若松区安屋を 終点する自転車道です。34.6kmの計画延長の内8.9km(H15度見込)が整備済です。遠賀川の真中の自転車道です。 平成9年に着工された新しい自転車道でネット上にも資料があまりありません。起点からいきなり未整備区間で案内図では省略されているとか、芦屋町区間の自転車専用道が地図では分かりにくいとか、終点付近が目印が少なく分かりにくいとかで手間取りました。国道495号線が新旧あることに帰宅して気づきました。迷うわけです・・・    ↑泣き言! ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください ※未整備区間の中には代替ルートを走っているところがあります ここから本文です 勘六橋西詰めの南側(消防本部の下)からスタートします。整備中区間は行ける所まで進み、行き止まりになると堤防道路に上がる予定です。 ※案内図では中間市役所手前までが整備中になっています。 勘六橋から行きし方を望んでみました、遠賀川左岸を河口に向かって北上します。 後ろで大きな物音がするので振り向くと、電車がやってきました。筑豊電鉄のようです。道はだんだん悪くなりますが、まだ進めそうです。あわててカメ…

続きを読む

遠賀川河川敷サイクリング道路をサイクリング

遠賀川河川敷サイクリング道路は福岡県道474号飯塚直方自転車道線の通称です。飯塚市新立岩を起点とし直方市溝掘を終点とする総延長12.8km(県HPは12.9Km)の自転車道です。遠賀川沿いの3自転車道の最上流です。 名前のとおり、全区間が河川敷を走る自転車道です。直線で起伏が少ない平坦なコースは誰にでもやさしいですが、足を止める所が少なく(私の場合)、淡々と走りました。 ※福岡県HPに自転車道の案内と地図が有ります  どうやっていくか? 北九州遠賀川自転車道も同日に走るので国交省遠賀川河川事務所下の勘六橋北側駐車場に車を止めました。当日は運が悪いことに、社会実験だそうで300円徴収されます。東隣に東勘六橋があることを現地で知りました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です 新飯塚橋の下の河川敷駐車場(国道201号線新飯塚橋東交差点の北側)からスタートです。こちらの駐車場は利用する車もなく、貸切状態でした。駐車場を貸し切っても仕方ありませんが・・・ 道路に埋め込まれた距離標です。なんで12.2Kmと不思議に思っていましたが帰宅して福岡県直方県土整備事務所作成のマップをよく見ていると、「12.2Km」と書いてあります。3通りの距離…

続きを読む

玄海自転車道をサイクリング

玄海自転車道は福岡県道611号西ノ浦今宿自転車道線の通称です。福岡市西区西浦を起点とし同今宿を終点とする一部現道利用区間もありますが計画延長15.5km(内14.6Km施行済)の自転車専用道です.。福岡市管理です。 今津休息所のサイクリングロードのイラストマップ(全体計画)です。地図のように室見川(福重)まで足を伸ばす約6Km長の21.4kmとなります。15.5kmは事業区間(西浦から今宿まで)です。ややこしいです・・・ どうやっていくか? 二見ケ浦前の無料駐車場を利用させていただきました。置き引き等に気をつけるよう注意書きがありましたが、トイレ・自販機もあり便利です。多くの観光客で賑わっていました。二見ケ浦が目の前です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です。 海中にそびえ立つ男岩と女岩から少し離れたあたりを、起点とかってに決めて県道54号線を海に沿って北上します。風光明媚な玄界灘を左に見ながら走るので気分は爽快です。 ※二見ケ浦は糸島市です。 海沿いには、意匠を凝らした食事処が立ち並び、若い人たちで賑わっていました。 玄海灘から博多湾に出るため、岬を横断します。北崎郵…

続きを読む

タイヤ交換

ハイパードライブ 500についているタイヤ (VITTORIA ZAFIRO 700X23C)のサイドのひび割れが気になりだしたので交換しました。価格の安い割には耐久性に優れ、性能もそこそこでした。 CRCでシュワルベのブリザードが格安なのを発見、購入しました。経費節約のためゴミ袋に入れられて届くとの書込み見ましたが写真のように丈夫なビニール袋で折畳み無で着きました。黒なのでゴミ袋と違い中身が見えません! タイヤ交換後に、皮むきを兼ねて試乗です。すぐ分かりましたが乗り心地がいいです。倉敷は石畳やレンガを敷き詰めた箇所がけっこう多いのですが、振動吸収性もいいです。空気圧が8,0Barと低めなのも一因かと思います。 タイヤのデザインの好みは人それぞれだと思います。今回は気分を変えたくてブルーを選択しました。車も同じですが、タイヤを変えるとの印象が変わります。またタイヤの印象が、本体の印象(評価)も左右すると再認識しました。お役目御免になったタイヤは裏から見るとまだまだ走れそうでしたが、タイヤを交換した安心感は大きいです。新タイヤは耐パンクケブラーMBベルト採用とかで耐パンク性、耐久性もいいようなのでのでツーリング用のタイヤとしていい選択だったと思いました。

続きを読む

BROMPTON Easy Wheel Half Set に換装

標準コロからEasy Wheel Half Set に換装しました。 Lシリーズなどリアキャリア無しモデル用なので2個でワンセットです。 ※イージーがEasyではなくEazyと表記されている場合もあります 購入時から気づいていたのですが、折畳み時にリアレフレクターと地面の隙間が1cmもありません。平地に置くのは問題ありませんが、不整地面に置くのは、気が引けます。泥除け付きはどうなのでしょうか? 標準のコロの直径が4.5cmに対しオプションは6cmとなり、その分が反映してリフレクターと地面の隙間が増えるのでは?が換装の理由です。 換装後、トップチューブ?とリアタイヤの隙間も、若干広がったような気がします。シートチューブ?とリアタイヤの隙間は変化ないようです。微妙です。 換装で地面とリフレクター間が1cm以上空きました。なにより良かったはペダリング時に踵に引っかからなくなりました。転がり易くなったので滑り止め防止にエンドキャップと共用がいいです。両方が標準で付けばいいのですが・・ あと一点、リアアームの塗装剥げが気になっていました。不要に展開しないよう、フロントフォーク先端から生えている黒フックを乗せる箇所です。大仰にするほど貧乏くさくなりそうで妙案が無く、気休めですが手持ちのBBBバイクスキン(透明)を貼ってみました。工場…

続きを読む

BROMPTON S-Bag を購入

Sバッグはブロンプトンの一番小さなフロントキャリアバッグ(W42H31 D18)です。Sタイプハンドル車には専用に作られたSバッグだけが取り付け可能です。ヘッドチューブにキャリアブロックを介して取り付けるのでいつも体と相対するので、ハンドルと向きが異なりちょっと不思議な感覚です。以外に操舵性に影響ありません。 2010年以降、前面の蓋は固定式からベルクロでの装着になり、交換出来るようになりました。購入したのはホースフラップ仕様です。ホースフラップは英国の古くなった消防用ホースを再利用した物で同じ物はありません。 バッグの右サイドにはファスナーポケット、左サイドにはメッシュポケットがついています。写真のようにバック背面(キャリアフレーム側)には、左右にファスナーポケットが2個あり、不恰好ですが使い勝手がいいです。 バッグの中は、黄色い布地で覆われています。内部は仕切りで二つに分かれます。しきり部分はファスナーで開閉できる物入れでレインカバー入れになっています。撮影のためフラップを取って写しました。ベルトは外せません。 今まではウエストバッグ(荷が多ければリュックサックも併用)を使用していましたが、一泊程度の荷物は入るので選択肢が増えました。元を取るべく、ショルダーバッグとしても使うつもりです。もう少し安ければいいのですが・・・

続きを読む

SIEで児島ジーンズストリートを走る

倉敷市児島は学生服を代表とする繊維産業が盛んな町で国産ジーンズ発祥の地でもあります。市内には多くのジーンズメーカーがあります。商店街の一角でジーンズショップが並ぶジーンズストリートに新調した自転車でいきました。 レトロで雰囲気のある通りなので、クラシックな風袋のブロンプトンを置くと絵になります。ブロンプトンを、壁にもたれさせてもらいました。一番簡単な駐輪方法です。 かわいいお店の前です。ブロンプトン独特の駐輪スタイル「犬のお座り」状態でとめています。折り畳み時と違い、シートポストを引っ込めないのでロックされてていないのでリアアームを再び後に回したら、すぐ走りだせます。 オールドミニの塗装色、サーフブルーに緑を混ぜたような不思議な色、ターキッシュグリーンのブロンプトンをポストといっしょに撮ってみました。目立っているでしょうか? 富士銀行の跡です。近所の方が教えてくれました。 ジーンズミュージアム(資料館)前に着きました。ベティスミスも見えています。ジーンズストリートから自転車で20分です。自転車を倒し、さっそく傷をつけてしまいました。キャスター幅が狭くて倒れやすいのはブロンプトンの宿命です。 最後に ブロンプトンはペダルを踏めば軽ゆえ、思いのほか前進します。身のこなしも乗り心地も軽…

続きを読む

ブロンプトンS1E 輪行スペシャルに

英国の折り畳み自転車ブロンプトンは、1986年にアンドリュー・リッチーが初の量販車30台を発売して以来、基本デザインはほとんど変わっていません。2012年モデルは、2012年1月中旬以降の発表とのことですが、価格を含めてどのように変わるのか、変わらないのか不明です。 (2012年1月19日追記)BROMPTON JUNCTION KOBEブログ の1月13日付記事に2012年モデル関連記事がありました。 自転車業界は毎年2月に部品メーカーが翌年の仕様を発表してメーカーは翌年に販売するモデルを計画、6月から10月にかけて新製品を発表、順次発売します。そのため半年余りを残して在庫切れになるモデルや、在庫一掃のバーゲンプライスモデルが発生します。ブロンプトンは全1200点のパーツのうち80%を自社生産品か専用設計のものを使用し、イヤーモデルと一線を画しています。 最近の小変更では2010年モデルで右側プラスチックペダルが左側折畳みペダル同様の金属ペダルに、前年までオプションパーツだったペンタクリップ(見づらいです)が標準装備に、サドルが持ちやすいマーク入りに変更になったようです。メインフレームに展開図イラスト(写っていない)が付いたのもこの年からです。 また2010年後期モデル(2010年4月発表)からストレートハンドル仕様のSシリーズのラインナップが強化されました。Mタイプよりハンドルポジションが離れており、前傾姿勢で乗るスポーツモデルです。 モデル名では ・S1E…

続きを読む

西日本ってどこのこと?

○○西日本編とか○○西日本版、西日本では・・・と聞いたとき、具体的にはどこの地域をさしているのか考えてしまいます。「西日本」は東日本に対する言葉ですが、法律等で定義されているわけではなく、その範囲は明確ではありません。 「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」によると「西日本」は広くは近畿地方・中国地方・四国地方・九州沖縄地方と中部地方の一部(三重県)を指す。狭くは、中部地方を除く場合があり、さらには近畿地方を除いた中国地方・四国地方・九州沖縄地方を指す場合があるそうです。もっとも見聞きする機会の多い気象庁の気象情報などに用いられる「西日本」は、近畿、中国、四国、九州北部地方、九州南部と定められています。 気象協会の定義 北日本=北海道、東北地方。 東日本=関東甲信、北陸、東海地方。 西日本=近畿、中国、四国、九州北部地方、九州南部。 沖縄・奄美=鹿児島県奄美地方、沖縄地方。 九州、中四国地方は、「西日本」当確?として問題は近畿地方です。国交省の扱いは、三重県が除外され福井県が入っています。近畿地方整備局が、福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県の全域と三重県の一部地域を管轄してるためと思われます。 ちなみに近畿財務局は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀の2府4県を管轄しています。気象庁定義の近畿地方もこの二府四県です。省が違えばでということしょうか? キリのいい「西日本」だけでも、自転車で走破したいと思っています。…

続きを読む

晩秋の出雲路自転車道をサイクリング

一年前に出雲路自転車道(記事はココ)を走りましたが、一日で三つの自転車道を走るという強行軍が祟り、最後の出雲路自転車道は日没没収の観が否めませんでした。日本海が突如見たくなり、再度、出かけてきました。 出雲路自転車道の二つ目の記事ですが、合わせても自転車道の魅力が伝わるか心配ですが、Wらないように書いたので最初の記事と両方読んでいただければと思います。写真の銀輪荘(案内地図にも記載) は営業休止のようでした。 どうやっていくか? 車の場合、湖遊館等の駐車場に車を置くと便利です。輪行の場合は湖遊館新駅か園駅(小さい無人駅)下車です。県道431号が一畑電車の上を通る手前に案内標識が有ります。進入禁止道路(時間帯指定)を入ります。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 最初の地図とGOAL地点が違うこと、工事にともなう代替ルートを走行したこと以外はルートは変わりません。 ここから本文です 再び起点に立ちました。距離標は表も裏も起点からの距離を表示しています。したがって残り距離=31Km-表示距離となります。 湖遊館が見えてきました。この辺は野鳥の飛来が多く、宍道湖西海岸に新しい学びといやしの空間・宍道湖ネイチャーランドとして整備…

続きを読む

小豆島(紅葉の山間部)を自転車で走る

小豆島の海岸線沿いに自転車で一周(小豆島を自転車で走るの記事)した際、やり残した感のある山間部を走ってきました。海岸線沿いも平坦地は少ないですが、山間部は名に負う劇坂で、上りは途中で吐きそうになるほど厳しかったですが、下りは天国です。紅葉には少し早かったですが、秋の小豆島を堪能しました。 どうやっていくか? 今回は、日生港からフェリーでいくことにしました。小豆島の大部港から寒霞渓が一番近いこと、車の駐車料金が無料で安上がり故の選択です。大阪をはじめ、京阪神からの車が以外と多かったです。冬季限定ですが、帰りに日生のカキオコを食べるのも楽しみの一つです。日生港の関連記事です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です 山育ちなので、フェリーに乗るだけで楽しいです。船上からフェリー乗り場を写しました。ラインが引かれているところが乗船待ち用、その他が車を置いて乗船する人の駐車場です。 大部港に着いたら、県道31号線を上っていきます。走るのではなく上っていきます。県道31号線はカブとか軽トラとが走る地元の人の生活道路のようで、交通量が少なく安心して走れました。 休んでいるとカブが止まり、行き先を聞かれたので寒霞渓と答えると大層、驚かれました。ギア…

続きを読む

白浜日置川自転車道をサイクリング

和歌山県道801号白浜日置川自転車道線は、白浜町十九渕(つづらふち)を起点とし、同町(旧・日置川町)日置 を終点とする計画延長20.6kmの自転車道で白浜日置川自転車道と呼ばれています。うち 12.4kmが整備済みです。猿橋前では、自転車道から山が海に迫る景観が楽しめました。海がエメラルド色です。 整備済み区間には4箇所の自転車専用道があります。右の地図は三つの専用道(椿温泉周辺、市江隊道付近、三ツ石隊道付近)です。 ※隊道はトンネルのことで、和歌山県ではトンネル表記より多いと思います。 残りの笠甫から日置までの自転車専用道です。専用道以外は整備・未整備は別にして、現道(国道42号線)を利用した自転車道です。 ※日置は地名です。 二つの地図は電子地図ポータルで作成しました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 市江隊道付近は、加筆修正しています。 ここから本文です 白浜日置川自転車道の起点、富田橋です。ここから案内板に従って10分ほど歩くと熊野古道・大辺路の富田坂入り口にでます。 自歩道があれば、利用します。スピードは出せませんが、安全に通行できます。 ここを左折しても熊野古道・大辺路の富田坂…

続きを読む

太地新宮自転車道をサイクリング

和歌山県道802号太地新宮自転車道線は大地新宮自転車と呼ばれ、太地町太地(太地町役場前)から、新宮市新宮(速玉大社前)に至る延長25.3Kmの自転車道として計画されました。白浜日置川自転車道とともに太平洋岸自転車道のひとつです。古式捕鯨発祥の地・太地町らしい、くじら(親子です)のモニュメントです。 現状 現道が利用できない区間は、当初専用道が計画されていましたがH10年に事業休止に、現在は専用道として整備された箇所も通行止です。現道(国道や県道)利用区間も未整備の箇所(自歩道がない箇所や断続箇所など)が3/4程度有りますが繋がっていない箇所は国道42号等を迂回して走りました。写真は工事中の県道231号線です。 ※計画を下敷きにしたルートだとご了解願います。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。 ここから本文です 太地町役場前です。休日閉庁でよかったです。自転車道沿いは、椿の花芽も膨らんでいましたが、季節外れの八重桜が咲いていました。 くじらのモニュメントを回り込んで通りすぎます。下りきったところで、振り返って写真を撮りました。ここに限らず、劇坂ではありませんが高低差がかなりあるコースです。 JR湯川駅です。森浦湾に面した無人駅はTVの旅行番組にでてき…

続きを読む

奈良自転車道をサイクリング

奈良自転車道は、奈良県道266号奈良西の京斑鳩自転車道線の通称です。奈良市東向中町(近鉄奈良駅前)を起点とし、生駒郡斑鳩町法隆寺へ至る延長21.9kmの自転車道です。途中、多くの名所・旧跡に立ち寄ることができます.が、外から眺めながら(拝観料をケチり)、走りました。写真は法起寺前の自転車道です。 最初にお断りしますが、実走行区間は奈良市奈良阪町(県道44号線から専用道に入る地点)から終点までです。奈良入り前に車のブレーキパッド磨耗の警告表示が点滅、明るいうちに帰宅したいこと、駐車場の門限の関係で始点からの走行は泣く泣く断念しました。写真は走出しのゴルフ練習場周辺です。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合ココをクリックしてください。 起点から走り出し地点までは加筆修正しました。 ここから本文です 今回の走り始め地点です。ゴルフ練習場の横の自転車道です。案内板の左手の矢印方向が消されており、気になります。目を凝らすと奈良ドリームランドと読めました。そちらのほうへ進むと・・・ 2006年8月31日に閉園となった奈良ドリームランド跡です。今は亡き父が泊付きで連れてきてくれた思い出があります。廃墟と化した遊園地は寂しいです。 市(それも県庁所在地)の中心から、余り離れていないのに人家もまばらな山里があ…

続きを読む

飛鳥葛城自転車道をサイクリング

飛鳥葛城自転車道は奈良県道274号明日香大和郡山自転車道線の通称です。奈良県高市郡明日香村祝戸を起点とし大和郡山市小泉町へ至る全長30.0kmの自転車道です。全線開通し使用に供されています。写真は橘寺です。 明日香村の石舞台古墳(明日香村島ノ庄)を出発し、慈光院近くの富雄橋に至ります。飛鳥川を始め、川のある奈良の景観の中を走ります。写真は石舞台古墳の駐輪場です。多くの人がウオーキングや自転車を楽しんでいました。 ※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。 地図が読み込めない場合ココをクリックしてください。 ここから本文です 国営飛鳥歴史公園石舞台地区の広い敷地内では人もまばらに見えます。ここが、起点のようです。 起点近くの玉藻橋です.。橋を渡り、右折します。 眼下に飛鳥川を見ながら、山を下ります。左手の石段は展望台へと続く飛鳥周遊歩道(と書いてある)です。 村落まで降りてきました。向こうから若夫婦と子供さんが歩いてきます。この先に天台宗橘寺(一番上の写真)があります。付近には聖徳太子が誕生したとされる場所があり、太子が建立したとされるお寺です。 美しい田園風景が続きます。 …

続きを読む