しまなみ海道を自転車で走る!(2)





↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。



本文はここからです



画像四国から来島海峡大橋を渡ると大島に着きます。橋を降りてすぐ見えるのが道の駅・よしうみいきいき館です。同敷地内にレンタサイクル管理事務所と「島じゃこてん」屋さんがありました。お土産に、いつものじゃこてんを買います。大島島内では他に亀老山展望台(来島海峡一望)、よしうみバラ公園(四国最大級)がサイクリングコースから近いです。





画像大島側から伯方・大島大橋を見ます。伯方・大島大橋は大島と見近島との間に架かる大島大橋(吊橋)と見近島と伯方島の間に架かる伯方橋(桁橋)の総称です。村上水軍博物館(大島内)への「矢印標識」が見えます。今回は時間がないので立ち寄りません。







画像伯方島にある道の駅・伯方S・Cパーク内の「マリンオアシスはかた」で伯方の塩ソフトを食べました。意外とおいしいです。駐輪中の高そうな自転車を鑑賞させていただきました。








画像伯方島から大三島橋を望みます。大三島橋は、伯方島と大三島とを結ぶ弓を上向きに置いたようなアーチ橋です。本州四国連絡橋の中で最初の橋として着工され、開通当時は我が国最長のアーチ橋でした。







画像大三島の多々羅大橋のたもとの、道の駅・多々羅しまなみ公園です。多々羅大橋が建物越しに見えます。ココを過ぎて多々羅大橋の自転車導入口に向かいますが、左折するのか、直進するのかわかりませんでした。正解は右手に見える原付導入口の手前を左折です。






画像多々羅大橋は、鳥が羽を広げたようなかたちをした美しい橋で、世界最大級の斜張橋です。愛媛県大三島と広島県生口島を結びます。県境は両島の間の瓢箪島(無人島)の東西を走ります。塔の形状から、歩道で手を叩くと日光東照宮の鳴き龍のように音が、何回にも渡って反響する多々羅鳴き龍という現象が起こります。






画像生口島のサイクリングロード途中にある耕三寺の前を通ります。5時過ぎで閉門作業中でした。時間が許せば、レモン谷サンセットビーチに足を伸ばせます。シトラスパーク瀬戸田はかんきつ類のテーマパークで魅力的ですが、最寄自転車道から40分、50分(自転車で)かかるので、時間に余裕が必要です。





画像生口橋は生口島と因島とを結ぶ斜張橋で、「A」の文字を上下に張り合わせたような主塔とケーブルが美しい橋です。この時、すでに日没間近で山の端が美しい夕焼けで、絵葉書のようです。「走れ!メロス」の心境で、自転車をひたすら漕ぎます。心とは裏腹に、なかなか先に進みません。






画像因島内の因島フラワーセンター前を、通過します。すでに閉門しており、連休中に賑わったであろう駐車場は車が一台もなかったです。※帰って調べると閉門は5時でした。
「早く急がねば!日が落ちる!!!
まだ大丈夫と先をひたすら急ぎます。







画像因島大橋手前の因島の自転車道入口の看板です。ほぼ、日没状態です。よく看板を見落とさなかったと思います。ここから因島大橋までの山道は月明かりを頼りに走ります。ライトは持参してないので月明かりの中を目を凝らし、全神経を集中して走ります。心細いというか、不安が募ります。このとき時刻は午後7時、まったくの予定外です。





画像因島大橋は、因島と向島との間に架かる吊橋です。橋桁が2段になっていて、上段が自動車専用道路、下段が歩行者・自転車・125cc以下の二輪車道です。写真は明るいときの自転車道です。今回は自転車通路も暗いので、要所に配置された蛍光灯を頼りにばく進します。







画像因島大橋を降りて、向島の渡船乗り場を目指します。真っ暗な海岸線をひた走ります。出会う人がいないので道が聞けません。やっと釣り人にあい、道を教えてもらいます。
写真は向島発の駅前渡船が尾道駅前に着いたところです。この時、すでに午後8時を回っていました。この後、ほっとして尾道駅前で尾道ラーメンを食べます。その後、自転車を輪行バッグに入れて、9時13分の上り電車に乗りました。最終的に自宅着は11時前でした。疲労困憊の一日でした。

※参考にさせていただいたサイト



最後に


なお、当記事中に不適切な箇所や間違いがありましたらお教えください。お詫びして、修正します。あわせて、関連記事をお読みいただければ嬉しいです。



2014年7月4日追記


広島県や愛媛県がルートを示すブルーラインや終点までの距離表示施策の実施後の、走行記事を別記事として書きました。よかったら合わせて見てください。







" しまなみ海道を自転車で走る!(2)" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: