ルートラボの公開機能代替えサービス(『轍 Wadachi』オンライン)(2)


地図サービスは、各人の使用目的で選択肢が違います。サービス内容が日本語対応していないとか、ルート表示できないとか、公開機能がないとか、新規作成や編集機能がないとか、無料(使用制限付き無料を含む)利用できないとかサービス内容(範囲)は、千差万別です。自分の使いがってが一番です。私には「Google Map」や「『轍 Wadachi』オンライン」が公開用によさそうです。他にもいいのがあるのでしょうが、詳しく知りません。以下は、忘備録として作成しました。


◎ 『轍 Wadachi』オンラインの概要

『轍』は、2006年当時画期的だったGoogleマップ上にGPSで取得したログを描画させるために開発されたソフトです。クラウド型サービス『轍 ONLINE』との連携により、作成した地図を公開することが可能です。現在は、オープンストリートマップと地理院地図に対応です。(㏋から)
『轍 Wadachi』オンラインは、グーグルマップと違い、コースのアップダウンを示すプロフィールマップや、平均速度や移動距離などのログ解析結果も表示できます。また、閲覧者は埋め込んだ地図の「詳細を見る」から、GPSファイルをダウンロードできます。大きなメリットです。



owari21.jpg轍 ONLINE』の公式サイトで、動作環境を確認します。ユーザー登録は後でもできます。
・ハードウェア
 Pentiumおよびその互換CPUを搭載したWind
 ows PC メモリ512MB以上
・オペレーティングシステム(OS)
 Windows 7/8/8.1/10
・ブラウザ
 IE11またはEdgeがインストールされた環境
※わたしはMac上でWindows 10 を使用。



owari22.jpg上記サイトの「ダウンロード」からwadachi_v422Zipファイルをダウンロードします。Zipファイルを全て展開するとwadachi_v422フォルダがデスクトップ上に生成されます。ちなみにプログラムの削除は、このフォルダをゴミ箱に入れて完了です。
同フォルダ内のWadachiアイコンからプログラムを起動します。





owari23.jpgホーム画面です。
使用方法はヘルプメニューのリファレンスガイドに書いてありますが。以下に、はしょって触れておきます。









owari24.jpgGPSで取得したログファイルを同ソフトにインポート(読込)します。
※メニューの「開く」は、『轍』専用のファイル(.wdf)を読み込みこむためのメニューです。








owari25.jpg「ファイルの種類」で読み込むデータの種類を選択します。
読み込みたいファイルを選択し、開きます。









owari26.jpg読み込みが完了しても、画面転移しないので、画面下部の「読込完了」表示で確認するか、画面上部の「ブラウザでプレビュー」ボタンを実行するとブラウザ上で確認できて、安心です。








owari27.jpg「ブラウザで確認」を実行すると、ブラウザが開き、ルートが読み込まれた地図が表示されます。










owari28.jpgファイルメニューの「Webにアップロード」を選択します。読み込まれたデータからレポートを生成し、「轍ONKINE」(管理人様の維持運営されるサーバー)にアップロードされます。
アップロード時に、タイトル、タグ(任意)、レポードID等を入力します。
※いったん保存したwdfファイルからもアップロードできます。





owari30.jpg
メッセージウインドウで、「アップロードは完了しました。ブラウザで確認しますか」と問うてくるので「はい」を選択すると、ブラウザ画面で確認できます。画面を下にスクロールするとブログ埋め込み用HTMLタグが生成されています。ブログ作成の、HTML入力画面に生成されたHTMIタグをコピーすると地図を埋め込めます。
※生出タグ例:iframe src="https://map.cyclekikou.net/embed.php?id=4862&h=560" width="100%" height="615" scrolling="no" frameborder="0">

最後に

なお、当記事中に不適切な箇所や間違いがありましたらお教えください。お詫びして、修正します。ユーザー登録がうまくいかない場合、過去に入力したデータがメモリーに残っている?等々原因が考えられるので、ブラウザを再起動するなど色々試して再トライしてください。私も戸惑いました。出力設定タグ等の詳細設定は、各自で勉強してください。「『轍 Wadachi』オンライン」に感謝して、本記事を作成して公開します。下の地図は、沖縄のみち自転車道です。

↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。



あわせて、関連記事(ルートラボ代替えサービス(Google マイマップ)(1))をお読みいただければ嬉しいです。



2020年4月12日追記


『轍 Wadachi』では、公開されている削除基準により、すなわちアクセス数が基準より少なければ90日経過後に投稿が自動削除されます。サーバーのリソースが限られていることや、質の低いレポートが大量にあると利用効率が低下するためとのことです。ホームページ,ブログでの使用が永続的に保証されているとは限らないので注意が必要です。

ホームページ,ブログへの埋め込みの場合は全くアクセス数にカウントされないので、「詳細を見る」をクリックしてサイトにアクセスされた場合だけカウントされます。もしくはレポートURLに直接リンクを張った方がアクセスは伸びやすくなります。結局はサイト自身のページビューに依存するとお教えいただきました。







この記事へのコメント