「爽快!岡山満喫サイクリングロード事業」推奨ルート備中周回ルート(矢掛~笠岡)を走る2

画像爽快!岡山満喫サイクリングロード事業の推薦ルートの一つ、備中周回ルートの矢掛~笠岡間の20Kmを走りました。春爛漫の一日でした。





どうやっていくか?


画像旧矢掛町には、江戸時代に旧山陽道の宿場町として栄えた当時の面影を残す街並みが残っています。町並み保存地区には無料駐車場があります。







※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください
・岡山県ホームページのサイクリングロード事業詳細はコチラ


ここから本文です


画像観光駐車場の西側の町道に、しまなみ海道でお馴染みのブルーラインと方向表示がペイントされています。矢掛~笠岡間の起点から出発しました。







画像町並み保存地区を抜け、小田川の支流にかかる栄橋を渡り、国道486号線にでます。












画像しばらく国道を走った後、交通量の少ない堤防道路にでます。














画像矢掛の町を東西に横切るように流れる小田川の岸に、堤防道路が続きます。













画像小田川には、所々に沈下橋があります。















画像堤防道路は県道48号線に交差します。かんのん橋を渡り、笠岡方面に進みます。












画像ソメイヨシノとシダレザクラでようか?桜が見事です。















画像井笠鉄道記念館があります。軽便鉄道の中でも遅くまで残ったため、当時の車両や鉄道用品がよく残されています。建物は旧新山駅舎です。








画像井笠鉄道は昭和46年(1971)に本線が廃止になり、およそ60年の歴史の幕を閉じました。当時を知る人はだんだん少なくなっています。









画像山陽自動車道が見えてきたら、県道48号線から、狭い県道288号線に入ります。












画像桜が満開です。


















画像県道288号線がややこしいので、方向標識を見逃さないようにします。













画像長い坂道の先に笠岡市の町並みが見えています。















画像今回の終点です。ここから玉島方面への道路標示になります。見所もないので矢掛方面に引き返しました。







最後に


画像時間があれば、矢掛の町並み保存地区を散策できます。なお、本文中の間違いや不適切な箇所があればお教えください。お詫びして訂正いたします。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック