ブロンプトンで飛行機輪行(覚え)

画像飛行機輪行について勉強しています。鉄道輪行については過去に調べましたが(過去記事はココ)、飛行機に自転車を乗せるのは初体験です。









画像機内へ持込むことができる手荷物は大きさ・重さ・個数に制限があります。航空会社HPで確認です。ツアー利用なら、旅行代理店にも確認します。








画像ちなみに岡山発那覇行JTA(JAL)はB737です。ホームページの手荷物欄(座席数100以上)によると普通席では











画像機内持込可能は、合計重量10kg以内で身の回りの品(カメラ、ハンドバッグなど)の他、合計115cm以内で各辺はイラスト図以内です。個数は1個です。







画像貨物室に預けられる手荷物は20kgまでが無料で、個数制限はありません。3辺は、右イラスト図以内です。重さが超える場合は、超過料金が発生します。








画像自転車の場合、分解・折り畳んだ状態で受託手荷物規定サイズ内であれば、保護用ケースやカバーなどで梱包されていることを条件に預けられます。








画像旅は、「身軽が吉」だと思っています。キャプテンスタッグ大型収納トートバッグMの内部を、ダンボールで補強しました。これを使おうと思います。








画像ブロの保管兼移動ケースとしても使えそうです。



   











画像保安検査場での手荷物検査は、出発時刻の15分前までに終わらせている必要があります。駐車場から保安検査場まで、カートが使えればいいのですが、ブロは荷姿を解くと自走もできますが、最悪の場合は10Kg余りを持って移動しなければなりません。本番で「案ずるより、産むが易し」ならいいのですが・・・






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック