武庫川サイクリングロードをサイクリングする

画像武庫川サイクリングロードは、武庫川と仁川との合流点付近から、同河口までの右岸(西岸)を走る7.1kmの自転車専用道です。西宮市公園緑地課が管理しています。武庫川公園(河川敷公園)内を通っており、ジョギングコースと合わせ、多くの人が利用しています。





どうやっていくか

車を止める場所に悩まないですむ輪行です。JR東海道線の甲子園口で降車、武庫川に向かいます。地元の方は自宅から自走?鳴海浜公園や鳴海浜臨海公園の有料駐車場に車を止める?



※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。
西宮市、(財)西宮スポーツセンター作成のコース案内を参考に走りました


ここから本文です


画像県道114号線の一里山陸橋から河川敷に降ります。写真はたぶん始点だろうと思われる地点です。ここから県道を頭上に、あるいは平行して下り基調のコースを走ります。









画像この道路は西宮市が市制50周年記念事業として計画し、(財)西宮スポーツセンターが市の交付金と日本自転車振興会の補助金を受けて建設しました。立派な松林が多くあります。歩行者の方に注意して走ります。








画像旧中仙道の渡し場があったところです。対岸に髭を蓄えていた老人の営む茶屋があり、その老人が渡しに多少関与していたことから髭の渡しと呼ばれるようになったとか?すごい髭と推量されます。








画像高校野球で有名な報徳学園でしょうか?












画像新幹線が頭上を通り過ぎました。












画像水位標がありました。武庫川流域の市街化の進展による保水・貯留能力の低下や集中豪雨の多発により洪水被害が心配されるようです。当然、自転車道は一番先に水没しそうです。









画像昨日まで雨が降っていたようで川も増水していました。ウォーキングしている人が足早に通り過ぎました。










画像所々に、休息広場等の休める場所があります。












画像松並陸橋です。自転車道に入るには武庫川右岸の堤防道路を横切らなければならず、一里山町と松並町の陸橋や、信号機のある4箇所の進入路(桶ノ口町二丁目、小曽根町三丁目、小松南町一丁目、東鳴尾町一丁目)が安全です。








画像JR東海道線の下を通過します。自転車道は、鉄橋や陸橋の下を通過するので、遮るものがなく、一直線に河口目指して走れます。










画像武庫川の上をまたいでホームが設置されている阪神電車武庫川駅です。











画像阪神高速神戸線の下を通過します。中央が自転車専用道、左が未舗装のジョギングコースです。










画像コース途中には
「危険につき!
スピード(速度)
出し過ぎ禁止!
・安全な速度(20Km以下)を守る。
・合流地点や見通しの悪い箇所では必ず徐行」
と書いた案内板があります。






画像東鳴尾レストエリアでしょうか?終点と思われる地点です。この先はどうなっているか気になり、更に走ります。










画像行き止まりのようです。










最後に


画像帰る途中、全面的改修工事の終わった甲子園球場を見に行きました。伝統ある佇まいが見れなくなり、さびしくなりました。なお、本文中の間違いや不適切な箇所がありましたらお教えください。お詫びして、訂正いたします。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック