春の下津井電鉄廃線跡サイクリングロードを自転車で走る

画像以前、下津井電鉄廃線跡サイクリングロードの記事で一番似合う季節は春だと書きました。今年は桜の開花が東京より遅れましたが、桜並木を見たくなったので走ってきました。記事のタイトルが長くてすいません。




※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。
2010/11/12 の記事と同じ地図です。


ここから本文です。


前回の記事と重複しないように心がけました。合わせてお読みいただけるとうれしいです。


画像今回は車載しやすいブロンプトンでお出かけです。シングルギアが恨めしい時もありますが、ゆっくり走りたいときには最適です。









画像さくら さくら 今、咲き誇る
♪♪♪
















画像天気がいいと寄り道したくなります。写真は延喜式外古社で、御鎮座この方、千誌五百年経ている古社だと案内に書いてありました。備前池田藩累代の御祈願所です。






画像自転車専用道が県道276号線とぶつかり、ピンクの喫茶店が目に飛びこんできます。コーヒー&お好み焼きのAMANです。今日はいちだんと鮮やかなような気がします。







画像稗田駅跡付近です。夜は夜桜見物の人(酔っ払いか)で賑わうのでしょうか?













画像大正橋まできました。水ぬるむ季節になりました。














画像倉敷雛めぐりは、市内の商店街、ギャラリー、旅館、ホテルでお雛様を飾るイベントです、展示期間切れの気がします。









画像風の道旧児島駅舎です。金・土・日および祝祭日の8時30分から17時まで自転車歩行者の通り抜けができますが、なかなかご縁がありません。残念ですが案内に従い北側の迂回ルートを通行します。




画像廃線跡というとへんぴな場所を想像しますが、倉敷市は、周辺部も宅地化が進み、周囲の景色に溶け込んでいます。よい意味で、生活感があるサイクイングコースです。おばちゃんが今にも家から出てきそうです。




画像倉敷シティ病院の前でメジロを見ました。甘党でサクラ、ウメなどの花の蜜を吸いにきます。わたしの腕とカメラではこれが精一杯です。









画像鉄道が走っていたころを想像させる光景です。















画像下津井の里に春が来ました、土の上を走るのも、たまにはいいものです。














画像終点につきました。














最後に


画像本記事中に間違い等ありましたらお教えくだい。お詫びして訂正いたします。写真は、鷲羽山山頂から撮った瀬戸大橋です。








画像終点の先に漁港が見えています。瀬戸大橋が霞んでいます。本サイクリングコースは、珍しい市営のコースですが、山と海が一度に楽しめます。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック