筑後川自転車道(筑後川サイクリングロード)をサイクリング

画像筑後川自転車道は福岡県道806号吉井久留米自転車道線の通称です。うきは市吉井町桜井を起点として久留米市合川町に至る延長27.4キロの自転車道です。筑後川を下流に向けて走る途中に移り行く川の景観が楽しめます。








画像長野水神社(原鶴大橋上流附近)から百年公園までが県道(自転車道)です。現地案内に記載されている公園先から筑後川大堰間(7Km)は、久留米市公園土木管理事務所が管理している「公園内園路」です。板筑後川サイクリングロードはこの2つの総称です。写真をクリックすると拡大します。




どうやっていくか


画像今回は百年公園に車を止めさせていただきました。久留米市が平成元年に、市制100周年を記念して作った公園です。河川敷に降りると自転車道は目の前です。他にも途中の河川敷に駐車場があり、利用者の利便を図っています。








※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください


ここから本文です


画像案内板(二番目の写真)があるので起点だと思います。ここから河川敷、堤防道路を走って筑後川を下っていきますが、途中、自販機やお店がないので水、食料は持参されたほうが安心です。








画像対岸に原鶴温泉が見えてきました。












画像筑後川サイクリングロードの距離標です。長野水神社からの距離と久留米百年公園までの距離を併記してあり、重宝します。










画像自転車道が河川敷を離れ、堤防道路になったところです。横は県道でしょうか?











画像自転車道は、直線区間が多いですがときどきクランクがあったりします。











画像途中、九つの橋がありますが、それぞれ形や色が異なり趣があります。この橋は筑後川橋でしょうか?近くに片の瀬温泉があります。










画像自転車道で時々見る干草ロールのある風景です。











画像途中、釣り人に出会うことが多いです。また、自転車道を走行する車もけっこう多いので、注意が必要です。










画像筑後川川沿いには、こんなものがあったりします・・・











画像宮の陣橋が見えたら、手前に終点を示す距離標?がありました。この後、ひびき灘自転車道も走る予定でしたが中途半端な時間になってしまい、早々に帰郷しました。







最後に


画像周辺は史跡も多いようなので立ち寄るのも面白いかもしれません。本当は筑後川大堰まで足を伸ばしたかったのですが・・・
写真は西鉄甘木線です。本文中の不適当な箇所や間違いがあればお教えください。お詫びして訂正します。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック