玄海自転車道をサイクリング

画像玄海自転車道は福岡県道611号西ノ浦今宿自転車道線の通称です。福岡市西区西浦を起点とし同今宿を終点とする一部現道利用区間もありますが計画延長15.5km(内14.6Km施行済)の自転車専用道です.。福岡市管理です。








画像今津休息所のサイクリングロードのイラストマップ(全体計画)です。地図のように室見川(福重)まで足を伸ばす約6Km長の21.4kmとなります。15.5kmは事業区間(西浦から今宿まで)です。ややこしいです・・・







どうやっていくか?


画像二見ケ浦前の無料駐車場を利用させていただきました。置き引き等に気をつけるよう注意書きがありましたが、トイレ・自販機もあり便利です。多くの観光客で賑わっていました。二見ケ浦が目の前です。








※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。


ここから本文です。


画像海中にそびえ立つ男岩と女岩から少し離れたあたりを、起点とかってに決めて県道54号線を海に沿って北上します。風光明媚な玄界灘を左に見ながら走るので気分は爽快です。
※二見ケ浦は糸島市です。








画像海沿いには、意匠を凝らした食事処が立ち並び、若い人たちで賑わっていました。











画像玄海灘から博多湾に出るため、岬を横断します。北崎郵便局先を右折して県道を迂回するようですが、そのまま県道を走ってしまいました。この自転車道では、地元?の多くの自転車乗りさんとすれ違いました。








画像昭和バス中間バス停の付近に珍しい建物がありました。振り返ってまじまじ見ると、妙齢の看護師さんが働いているのが丸見えです。どうやらクリニックのようです。周囲の風景に埋没することなく、異彩を放っていました。








画像海釣り公園で、きょろきょろ(釣りをしないのでなにもかもが珍しい)していると、逞しい若者がかなりのスピードで通り過ぎていきました。
  








画像防風林の切れたところに大原海水浴場西入り口がありますが、通りすぎてしばらくすると、県道54号線からわき道に入る入り口があります。ここから先も美しい松の防風林を見て走ります。








画像楽しみにしていた元寇防塁です。防風林(保安林)の中を海に向かって入っていくのですが、見落としてしまいそうな入口です。かれんに咲く花の名を教えてくれた散策中の老夫婦との出会いがなければ通りすぎたいたかも。








画像元寇防塁先にあった周辺図です。県道を外れ、再び県道に出る道が、事前調査で分かりませんでしたが、やはり現地でも分かりませんでした。大きな道を求めて進みましたが、ルートラボは、参考ということで。








画像県道をさらに進むと海に張り出すようにして今津休息所がありました。上から二番目のイラストマップがあるところです。










画像今津湾に架かる今津橋です。良い子は自転車専用(兼歩道)部分を通りますが、多くのロードレーサーは、路面状態がよくスピードがでる車道を走ります。また一人、大外から追い抜かれてしまいました。








画像今宿交差点です。ここから国道202号線が終点まで続きます。JR築肥線の上を道路が通っています。行きは車道横を通りましたが、帰りは安全策で高架下の側道を進んだ後、スロープ付き階段で線路を跨ぎました。








画像今宿大塚まできました。起点から15Km先地点です。福岡前原有料道路が頭上に見えています。ここから先は、高架下を天神方面に走ります。









画像自転車専用部分があったり、なかったりして進みます。











画像今回のお楽しみ、博多ラーメン しばらく 福重店でラーメンを食べました。やっぱり本場ものは、うまかばい!。

薬味のすりごま?と紅ショウガを入れて食べればよかったかなと今になって、ちょっぴり残念です。






画像小田部大橋西交差点につきました。ここらが終点かと思います。
大急ぎで引き返しました。








最後に


画像関門海峡を渡ったのは、本当にしばらくぶりです。土地勘もなくて迷いましたが、道を尋ねると、皆さんが博多弁で親切に教えてくださいました。なお。本文中の不適切な箇所や間違い等があればお教えください。お詫びして訂正します。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック