ブロンプトンS1E 輪行スペシャルに

画像英国の折り畳み自転車ブロンプトンは、1986年にアンドリュー・リッチーが初の量販車30台を発売して以来、基本デザインはほとんど変わっていません。2012年モデルは、2012年1月中旬以降の発表とのことですが、価格を含めてどのように変わるのか、変わらないのか不明です。

(2012年1月19日追記)BROMPTON JUNCTION KOBEブログ の1月13日付記事に2012年モデル関連記事がありました。



画像自転車業界は毎年2月に部品メーカーが翌年の仕様を発表してメーカーは翌年に販売するモデルを計画、6月から10月にかけて新製品を発表、順次発売します。そのため半年余りを残して在庫切れになるモデルや、在庫一掃のバーゲンプライスモデルが発生します。ブロンプトンは全1200点のパーツのうち80%を自社生産品か専用設計のものを使用し、イヤーモデルと一線を画しています。
最近の小変更では2010年モデルで右側プラスチックペダルが左側折畳みペダル同様の金属ペダルに、前年までオプションパーツだったペンタクリップ(見づらいです)が標準装備に、サドルが持ちやすいマーク入りに変更になったようです。メインフレームに展開図イラスト(写っていない)が付いたのもこの年からです。


画像また2010年後期モデル(2010年4月発表)からストレートハンドル仕様のSシリーズのラインナップが強化されました。Mタイプよりハンドルポジションが離れており、前傾姿勢で乗るスポーツモデルです。
モデル名では
・S1E シングルスピードモデル
 泥除無の9.9kg ターキッシュG ¥120,750
・S2L 外装2段変速モデル
 泥除有の10.7kg B&W他 ¥140,700
・S3L 内装3段変速モデル 泥除有の11.2kg B&W他 ¥151,200
・S6L 内装3段外装2段の6段変速モデル 泥除有の11.6kg。B&W他。¥161,700
・S2L-X 一部チタン採用超軽量モデル 泥除有の9.8kg。B&W他  ¥252,000   
 ※S:ストレートハンドル、数字はギア数、E:泥除無、L:泥除有。X:一部チタン
 ※Sタイプはシュワルベ/コジャックのスリックタイヤ(米式)
 ※価格と色は2011年モデルを参考にしています。オーダーカラーは+10,500円。
ギアは、S1E(前50T後12T)、S2Lは(前54T後12T/16T)、S3Lは(前50T後13T)で内装ギア比0.75/1.00/1.35,S6L(前50T後13T/16T)で内装ギア比0.64/1.00/1.56/0.64/1.00/1.56です。ギアチェンジは内装変速時は足を止めて、外装変速時は回しながら行います。



画像BD-1等の他社のホールディングバイクにも乗りましたが、わたしはS1Eを、使用目的と値段で選びました。自転車を担ぐ時、重さが気になるようでは気軽に出かけられません。
※引っ張れば楽ですが、人目が気になるので持ち上げ専門です
シングルスピードは変速機が無いぶん、シンプルな構造で壊れにくくなります。またそのぶん安価で軽量となりますし、パンク時にも修理が簡単です。ダイレクト感があるいっぽうで状況に応じた走りが難しくなります。強力エンジンと優秀な変速機を持ち合わせていないわが身ですが、S1E購入を機に、「割り切りの志、男らしくて良し」と自分を励まし、体を鍛えようと思います。


画像BROMPTONStartingBOOK2011は一見、メーカー作成の入門書?のような名前ですが、プロンプトンユーザーである拝御礼先生による全53Pの漫画です。ブロンプトンの特徴、買い方、メンテナンス、改造等々を幅広く触れられています。2011年モデルに準拠していますのでこれから買おうという人の参考になると思いますが、すでに買った人も楽しめるそうです。どうやって同人誌を入手しょうかと探していたら和田サイクル online 支店 で取り扱っていましたので紹介させていただきました。イラストが詳細でタイヤの交換が参考になりました。


最後に


ミズタニのカタログを見ても仕様の詳細な記述がなく、ネットでそれなりに調べましたが間違っているかもしれません。ロットによっても仕様が異なるのかもしれません。お気づきの点があればお教えください。お詫びして訂正します。なお、こちらにも関連記事(初走行の記事)がありますのでよかったら読んでください。走行インプレッションなど書いています。









この記事へのコメント

  • ココ

    始めましてココと申します。
    ターキッシュのS1E、ステキですね!
    私も先日(先週!)ターキッシュのS2Lを購入
    したばかりです。
    初心者なので、いろいろ参考にさせていただきます!!
    http://sonaeyotuneni.blogspot.jp/
    2013年07月25日 11:03

この記事へのトラックバック