京都八幡木津自転車道をサイクリング

画像京都八幡木津自転車道は、京都市西京区嵐山を起点に、木津川市木津雲村に至る総延長45Kmの自転車専用道です。起点から御幸橋までの桂川沿いの19.6Kmを桂川サイクリングロード、御幸橋から終点までの木津川沿いの25.4kmを木津川サイクリングロードと呼びことがあるようです。







画像自転車道は路面状態もよく、迷いやすい箇所があるものの案内板も整備されており走りやすいです。写真は流れ橋付近の休息所です。土曜日のせいか、多くの人が自転車道を利用していました。







どうやっていくか?



画像今回は京都まで高速バスを利用しました。自転車持込不可なのでレンタサイクル利用です。今回お世話になったKCTPさんです。木津駅から輪行で京都に引き返すので、BD-1を選択しました。折りたたみ方を覚えるのが一苦労でした。








↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。



ここから本文です



画像渡月橋から東へ数分、砂利道をいくと起点があります。京都駅からここまで既に10Km走っています。振り返れば暑さで走行を断念したり、車に前輪を積み忘れて走行できなかったりして、車を変え今回が3回目の挑戦です。









画像以前、別記事で書きましたが私の場合、除草作業中にかなりの確率で遭遇します。残暑厳しき折、ご苦労様です。おかげで気持ちよく走れます。










画像上野橋から西大橋までは農道のようです。そういえば農作業中のお百姓さんに出会いました。












画像自転車道の大半は川に並行して走っており、いくつもの橋や鉄橋の下を通過します。目の前を新幹線が通過していきました。











画像久我橋の袂でミスコースしました。前のロードレーサーに続いて交差点を直進したら、その人が100m先で立ち往生しています。話かけると前回もここで迷ったそうで、苦笑いされています。正解は久我橋手前交差点を左折です。









画像鴨川にかかる橋を渡り終えると、河川敷に降りていく道が見えてきます。先程の道を失ったロードレーサーさんは走りやすい堤防道路部分を通っていきました。










画像京滋バイパス下を通過します。この後、府道13号線に合流すべく坂道を上っていきます。












画像本日二回目のミスコースです。府道に突きあたれば右に見える御幸橋(ごこうばし)をそのまま渡るのですが、自動車を対象とした看板に従い、橋の手前を左折してしまいます。










画像橋の袂まで引き返し、自転車道の案内標識を探すと右手にありました。冷静に考えれば「京都・淀方面」ではUターンです。疲れで朦朧としていたということで・・・










画像御幸橋は宇治川に架かる淀川御幸橋と木津川に架かる木津川御幸橋の総称です。2つの橋の間にある「背割堤」の淀川河川公園背割堤地区の駐車場から淀川御幸橋を見たところです。(駐車場の案内はハメコミ合成です)









画像木津川御幸橋を渡りおえ、振り返って撮ったところです。拡幅のための架替工事はすべて終了、新しくなっています。自転車道は矢印方向に続いていきます。










画像自転車道上、唯一の観光名所?のながれ橋(上津屋橋)です。TVの時代劇でお目にかかる橋です。名前のとおりS28年の架設時から15回以上流されたと案内に書いてありました。すぐ直せるようロープで結わえてあります。









画像このあたりでは河川敷を利用した茶畑が目立ちます。直射日光を遮るための黒いカバーが目につきます。











画像夕立です。途中でも小雨が降ったり止んだりしていましたが、ついに本降りになりました。雨粒が火照った体に気持ちよいです。濡れては乾きの繰り返しです。










画像自転車道終点です。空は黒雲に覆われ、まるで夜になったようでした。途中、足が引きつりかけましたが、無事にたどり着きました。









最後に



画像コースアウトして嵐山や桂離宮等の観光地に立ち寄りたいところですが、総延長が長くて完走で精一杯でした。時間的余裕もありませんでした。なお本文中の間違いや不適切な箇所があればお教えください。お詫びして訂正いたします。










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック