びわ湖よし笛ロード をサイクリング

画像滋賀県道600号近江八幡安土能登川自転車道線は、滋賀県近江八幡市白鳥町を起点に東近江市躰光寺に至る25.4kmの大規模自転車道です。びわ湖よし笛ロードの愛称で親しまれています。昭和62年に全コースが完成です。途中で水郷めぐりの船に出会いました。なかなか絵になる風景です。






画像専用道部分が多く安全性が高いこと、コースが平坦で路面状態も比較的良いこと、多くの案内標識やカラー舗装で迷う心配がほとんどないことから初心者や家族連れの方にもお勧めできるコースです。水郷をはじめとする湖東の風景が楽しめます。あし(=よし)が群生しているびわ湖らしい景色です。




どうやっていくか


画像輪行も可能なようですが、初めての電車は混みようが不明で躊躇します。車に自転車を積んで梅雨の谷間に出かけました。国道175号西の神出ファームビレッジ・神出サイクリングターミナルに許可を得て車を停めました。帰る際、お礼を述べてささやかですが売上げに協力させていただきました。






画像びわ湖よし笛ロード の起点は八万駅前の県道48号線を西進した店舗が多い商業エリアの一角です。看板が無ければ見落としてしまいます。今回は車で有料駐車場を利用しましたが、列車で来てレンタサイクル利用も便利です。









※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合ココをクリックしてください。


ここから本文です


画像白鳥川を渡る橋のたもとに起点があります。駐車場や住宅へ出入りする車が入ってきます。起点周辺や安土町の住宅地を通るところでは、自転車道完成の後に宅地化の波が自転車道周辺にも押し寄せたのだと思います。








画像ちょっと進むとカラー舗装が、緑から朱色に変わる地点があります。ここから本格的な自転車歩行者専用道になります。どうなることやらと心配しましたが、杞憂でした。一安心です。









画像白鳥川の川沿いを北上します。湖岸道路に突き当たったら右折です。びわ湖湖畔を走りますが、残念なことに、びわ湖は県道の反対側で観にくいです。びわ湖周辺道路では、結構な数の老若男女が自転車で走っています。








画像びわ湖に注ぐ長命寺川にかかる橋を渡ったら、自転車道は上流の西の湖を目指します。左手に長命寺山が見えています。時間が許せば長命寺に立ち寄るのですが、昼からは湖西線の沿線を走る予定なので先を急ぎます。








画像しばらく行くと観光船乗り場がありました。水郷は西の湖を中心とした低湿な水辺地域で琵琶湖国定公園第2種特別地域です。水郷めぐりは観光の目玉ですが、和船の手漕ぎの船がより風情があっていいと思います。








画像渡合橋北詰まできたら、右折して川を渡り、西の湖を目指します。前方に滋賀県の誇る近江鉄道バスが信号待ちで止まっていました。ライオンズカラーやレオマークを久しぶりにみました。








画像県道26号線近江八幡市北之庄で西の湖に入るため、左折します。ちなみに写真の左の橋は左折してすぐの黒橋川にかかるよし笛橋です。途中でちょくちょく見る三角の自転車マークが、橋にも付いていました。








画像途中、水郷めぐりの船に出会ったりしながら、自転車道は水郷地帯を進みます。湖畔を半周して湖を離れます。写真の地点は起点から10Km地点ということで、途半ばまでもきていません。








画像湖を離れた自転車道は安土町の住宅地を通過します。新興住宅地のようでお子さんが大勢遊んでいて、こちらを見てなにか言っています。ジャージにレーパン姿でなくてよかったです。周囲から浮いてしまいます。








画像安土郵便局前交差点まで南下したら、左折してJR線路下の地下通路(自転車道)を目指します。うっかり直進すると安土駅にでてしまいます。よく見れば郵便局前の歩道部分に、見慣れたよし笛ロードの標識が立っています。








画像県道201号はJR線の上を越えていきますが、自転車道は、線路下の地下通路で反対側にでます。田んぼでは田植え前の農作業中でした。道路にはちょくちょくトラクタ通過後の田んぼの土の落し物があり、要注意です。








画像加賀団地口交差点を左折して、安土城考古博物館に向かいます。起点から17.0Km地点で、桜が散り始めでした。岡山と三週間近くずれており、思わぬ桜見物ができました。









画像東海道本線を眼下にを高架橋上を通過、県道2号線を横切ったあと、大同川沿いに走っていると巨大な水車が見えてきます。水車資料館です。景色がいいので大勢の人でにぎわっていました。








画像乙女橋を渡って、大同川対岸にでます。川沿いに進んだ後、東近江市(旧能登川町)の市街地をしばらく進むと能登川スポーツセンター前交差点に出ます。ここが終点のようです。帰りは県道2号線で一気に帰りました。







最後に


画像滋賀県内の大規模自転車道は、県の設定した琵琶湖を周遊するサイクリングコース 「ぐるっとびわ湖サイクルライン」と一部を共有しています。また社団法人びわこビジターズビューローが定めた複数のコースとも一部、重なります。
近江八幡市で社会人生活を始めました。人も物もなつかしかい思い出です。本文中の不適切な箇所や誤りがあれば、連絡いただければうれしいです。お詫びして訂正いたします。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック