播磨中央自転車道をサイクリング

画像播磨中央自転車道は、兵庫県道572号播磨中央自転車道線の通称です。加東市下滝野から、加古川市平荘町までの総延長25.0Kmの自転車歩行者専用道で、一部県道を重用しています。起点と終点付近が未整備です。写真は北条鉄道と平行して走る朱色にカラー舗装された自転車道です。







画像播磨中央公園をスタートし,権現ダムに至るコースでは、川のある風景が楽しめます。また、途中では玉丘史跡公園(写真は玉丘古墳です)や無人駅の網引駅に寄り道できます。兵庫県北播磨県民局、加東土木事務所作成のサイクリングコース図(但し総延長は22.5Km)を参考に、花曇の日に走ってきました。








↑の「詳細」からGPXのダウンロードとプロフィールマップ、GPSログ解析が見られます。



ここから本文です



画像播磨中央公園は丘陵地に広がる広大な県立公園で、スポーツ・レクリエーション・など様々な過ごし方ができます。正式な起点が不明ですが、はぴねす滝野(福祉施設)が起点付近だろうと写真撮影してスタートです。









画像いきなり未整備区間です。県道145号線を下っていきます。桜は散り始めですが、このあたりは菜の花もたくさん植えており見事でした。宇仁の里花畑街道では菜の花祭りがおこなわれていました。









画像青野運動公苑前を通り、県道370号線を目指します。この先の道路では、青野ゴルフコースからのボールの飛来防止策でしょうか?道路が網フェンスで覆われていました。










画像中国自動車道の下を通過します。時々、車が思い出したように通行してきますので、走行中は前後左右に注意が必要です。











画像スタート地点から約10Km、加西市がサイサイロードと名付けた加西球場前のカラー舗装道路にでます。所々でカラー舗装は途切れますが、自転車専用道らしくなり、走りやすくなります。ここから走り始めてもいいかと思います。









画像王丘史跡公園前を通過し、玉野南交差点で県道716号線にぶつかります。県道を南下し、JA兵庫みらい前を通過したらこの横断歩道を左折して満願寺川を目指します。標識が小さいので見落とさないようにしてください。









画像山を回りこむように山すそを走ると、見慣れた朱色のカラー舗装道路にでます。途中、ローディーに数人すれ違いました。この先にある池では多くの人が魚釣りを楽しんでいました。休日の過ごし方も人それぞれです。









画像満願寺川にでました。堤防道路を利用した自転車専用道が10Kmほど続くでしょうか?一部を除きほぼカラー舗装されており、また自転車道の標識も数箇所に有り、わかりやすいです。










画像馬渡橋を渡り、川向こうに渡り岸を変えて進みます。また、自転車道が国道、県道を横切る地点では、一時停車して左右確認が必要です。けっこう、車が通ります。










画像自転車道は、北条鉄道にぶつかります。踏み切りを渡った後は、一番上の写真のように自転車道は線路の下を走ります。網引駅で時刻表を確認して電車が来るのを待って写真を撮りました。









画像網引駅手前で自転車道は、線路と平行した部分が終わり、右に曲がります。満願寺川沿いから下里川沿いにと進みます。直進すると網引駅の下にでます。










画像県道79号線にでてきました。兵庫県道79号は高砂市から加西市を結ぶ主要地方道です。写真のように車通行帯の横にカラー舗装された専用通行帯が設けられています。










画像加西市と加古川市の境界付近は未整備区間(一部工事中)です。片道1車線の道路は交通量が多くて道幅が狭いです。そのため車も自転車にも逃げ場がないので非常に危険です。車が途切れた時に写真を撮りました。









画像山陽自動車道の高架下を通り、権現ダムに着きました。近くにキャンプ場や駐車場がありますが、この辺が終点だろうと思い、写真を撮りました。休まずに来た道を引き返しました。








最後に



今回は車に自転車を積んでいきましたが姫路市内では災害派遣の自衛隊車両四、五十台の隊列に出会い、不覚にも涙してしまいました。大規模自転車を久しぶりに走ることができ嬉しかったです。本文中の間違いや不適切な箇所があればお教えください。お詫びして訂正いたします。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック