加古川右岸自転車道をサイクリング

画像加古川右岸自転車道は、兵庫県道569号加古川右岸自転車道線の通称です。高砂市向島町を起点とし、加古川市志方町終点とする22.5Kmの自転車歩行者専用道です。一部で一般道の重用区間がありますが、大部分は自転車専用道です。写真は自転車道とマラソンコースが平走する区間です。






画像加古川河口の高砂海浜公園から加古川右岸沿いに北へ進み、権現ダムを経て仕方東公園に至るコースです。播磨灘と加古川、権現ダムが楽しめます。ほぼ平坦で、舗装もまずまずでマイペースで楽しめます。※海(下流)に向かって右が右岸です







※ルートラボのタイトル名をクりックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。


ここから本文です。


画像加古川右岸自転車道の起点です。海浜公園の加古川河口側にあります。自転車の形をした案内板は前輪が地図、後輪部分には「終点志方東公園まであと22.5Kmファイト!」の文字が見えます。








画像海浜公園の一角にある軟式野球場で少年野球の大会が開かれており、自転車道の下の駐車場は大混雑でした。高砂右岸自転車道は写真のように、緑のカラー舗装が特徴です。左手に工場を見ながら川上を目指します。








画像工場前の横断歩道で道路の反対側に渡ります。「加古川自転車道」の案内標識が縦や横になって、行くべき方向を指し示してくれています。志方東公園の道路標識も参考になります。









画像道路は車の通行量が多いので、迂回路があればそちらを利用します。思わぬ住宅地が出現して驚いても、通行させていただくのが「吉」です。当日は土曜日の早朝でしたが、とにかく車が多かったです。








画像山陽電鉄の鉄橋下を通ります。山陽電鉄の車両を久しぶりに見ました。トンネルを過ぎてしばらくすると、加古川の河川敷に下りる道が見えてきます。









画像河川敷に下りたところで女子中学生?がダンスの練習をしていました河川敷の区間は、一番上の写真のように自転車道とマラソンコースが平行しています。老若男女、老いも若きも思い思いに汗を流しています。








画像新幹線の鉄橋下を走ります。新幹線が身近に見られるのでアマチュアカメラマンが通過する新幹線に合わせシャッターを切っていました。わたしも1枚パシャリ。レールスターのようです。 








画像加古川沿いには見所は余りないのですが、「古新堰堤(えんてい)」と言う名の河川構造物がありました。地下水の逸散を止め河床の低下を防ぎ、高砂町の水源に対する塩水遡上防止を図る役目と案内に書いてありました。








画像山陽本線の下を通ります。JR貨物が通過していきました。ここを過ぎると河川敷を離れ堤防道路に上がります。左手に見える巨大なフェンスはゴルフ練習場です。









画像道路に上がったら、横断歩道で県道79号線を横切り、県道の反対側に降りていきます。交通量が多いので横断時には注意が必要です。遠方に加古川バイパスが見えています。









画像ゴルフ練習場、乗馬クラブ、GSの前を通り過ぎ、ポリテクセンターの建物が左手に見えたら、再び県道79号線に上がる道が右手にあるので上ります。県道を横断歩道で横切った後、県道の歩行者自転車通行帯を走ります。








画像権現ダムに端を発する西川(加古川の支流)に沿って自転車道が延びています。案内標識に従い途中で岸を変えながら走り、県道79号線を目指します。









画像県道79号線が384号線と分岐する里下新田の手前です。自転車は多くの部分で県道と接していますが、ここの横断が最難関です。横断歩道がありません。車が途切れるのを待ち、駆け足で横断しました。








画像権現ダムが目の前に現れました。終点まで9Km地点です。権現ダムは岩石や土砂を積み上げて建設するロックフィル形式のダムだそうで、ダムの下の公園では、子供たちが野球をしていました。








画像九十九折の自転車道を上がっていきます。途中にタイミングよく休息所がありますが、一気に走りました。自転車が県道79号とぶつかると、ダムまではほんの少しです。









画像権現ダムに着きました。こんなところで兵庫県知事のサインを拝見しようとは思いませんでした。










画像ダムより先は湖に沿いながら走り、湖を半周します。完全な歩行者・自転車専用ですが、歩行者や自転車にも注意が必要です。スピードを出した自転車がブラインドコーナーから現れることもあります。








画像ダムの周囲には、いろいろなタイプの休憩所があり、休憩しないでも見ていて楽しいです。











画像終点まで2Km地点です。自転車道は、ダム湖を離れ、志方東公園を目指します。前方に山陽自動車道が見えています。










画像自転車道はここから一般道を走ります。終点の1.4Km手前の地点です。幸いなことに車の通行量が少ないので、気が楽です。










画像志方東公園の案内板の前です。ここらが終点だろうとかってに決めつけ、写真を撮って引き返しました。








最後に


数十年前は加古川市民でした。久しぶりに訪ねましたが、ベッドタウン化が進んでいてびっくりしました。自転車道は案内標識も充実し、よく整備されており、手軽にサイクリングを楽しめます。なお、文中の不適切なところ、誤った記述があればお教えください。お詫びして訂正いたします。






この記事へのコメント

  • tako-sun

    このホームページを見て同じコースを走りました。
    たいへん参考になりました。
    2013年07月08日 08:50

この記事へのトラックバック