綾川自転車道をサイクリング

画像綾川自転車道は一般県道香川坂出丸亀自転車道線の通称です。香川郡香川町を起点とし、丸亀市土器町を終点とする延38.5kmの自転車道です。途中、府中湖を含む綾川の上流から河口までの景観が楽しめます。写真は府中湖に沿って走る自転車道です。日時を変えれば府中湖の四季が楽しめます。


画像老健施設「鮎の里」駐車場付近を出発し、土器川大橋東詰を終点とする香川県真ん中の自転車道です。バブル崩壊後の1990年工事に着工、約18kmが今だ未完成ですが迂回路もあるようなので行ってきました。写真は道の駅「滝宮」です。府中湖観光に便利です。 いつの間にか「きな子」がいます。




※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。


ここから本文です


画像香東川自転車道の起点から2.5Kmほど北上すると介護老人保険施設「鮎の里」があります。綾川自転車道は鮎の里駐車場先が起点と思われます。ここから道の駅滝宮下まで、自転車道を示す表示はなにもありません。



画像国道193号線を経て、国道377号線に入ります。以後、綾川町山田下の綾上橋まで377号の道路標識を見ながら走ります。人・自転車通行帯が有ったり無かったり、どこが完成なのか未完成なのか判然としません。



画像綾川にかかる栗原橋です。河川修繕工事をしていました。綾川に沿って自転車道は走っていますが、川が見えるところは以外と少ないです。









画像国道377号線にはこれといった見所もありませんが、まんのう町のうどん屋さんは、遠くからでもよくわかります。うどん関連の本やネットでお目にかかるお店です。一日30食限定という肉ぶっかけをいただきました。



画像綾上橋歩道橋まで来たら橋の手前を右折して堤防右岸を走ります。国道とお別れです。最も未着工区間なので橋を渡って、国道377号線を琴平方面(綾川の左岸)に向けて走ると道路状態は格段にいいです。



画像堤防道路や、堤防下の道路を西に走ります。一部、未舗装のところもありますが、国交賞HPの地図を見ながらコースアウトしないように走ります。もっとも工事未着工区間なので走れなくて当たり前なので神経質になっても・・・



画像宮武橋まできました。ここからは綾川を離れて北上、集落の中を通り道の駅「鳴宮」を目指します。当然、道の駅までの案内もなにもありません。運よく人に出合い、道を教えてもらいました。




画像道の駅滝宮の下(東側)を綾川が流れています。川に沿ってカラー舗装された自転車道が延びています。ここからは「歩行者・自転車専用道」で車を心配することなく府中湖の景色が楽しめます。




画像湖畔を進むと橋が見えてきます。梅橋と書いてあります。橋の色が梅色というか藤色です。橋の下を除くと木や流木が湖面を覆っていますが、梅の木はないようです。






画像今度は竹橋です。橋が竹色というか、緑色です。橋が竹で覆われているから竹橋なのでしょうか?











画像竹橋を過ぎてしばらくすると、「1400m先工事中通行止」の案内表示がでています。
「まあ、どうにかなるだろう、だめなら引き返して別の道を探せばいいし」と楽観的に考えて進みます。1400mも先の話ですし・・・



画像予想に違わず、「松橋」の前にたどり着きました。ここで「松」以外の名前の橋で肩透かしを食らうと、それはないでしょうと突っ込みたくなるところです。この橋の色が「松色」でしょうか?周囲には松は生えていません。



画像ふたたび通行止までのカウントダウンが始まります。
「1000m先」→
「300m先」→
「この先」→
だんだん不安になってきます。








そして予告どおり、淡い期待を裏切って道路が無くなりました。覚悟はしていましたががっくりです。起点から19Km、綾川自転車道のほぼ中間地点です。








画像ふと横を見ると舗装はされていませんが通れそうな道がありますが、どうも私道臭いです。慎重に進むと県道184号線に出ましたが、どうも引っかかりお勧めできません。大人の事情があるのでしょうか?




画像そこで助言をいただき、後日走ったルートがこれです。1400m先工事中のところまで引き返し、民家の前の道路を進むと同じように184号線にでます。県道の走行距離が長くなりますが、どちらも下の写真の所に出ます。



画像184号線を北上すると、自転車の続きが現れました。その先には高松自動車道が見えています。しばらく走ると自転車道は右折して、再び湖畔に戻ります。








画像府中湖に架かる高松自動車道のさぬき府中湖橋です。斜張橋は今では瀬戸大橋をはじめ珍しく無くなりましたが、やはり間近で見ると美しいです。府中湖と合わせた景観は綾川自転車道のハイライトです。



画像ニールセン橋の府中湖大橋です。橋のたもとではボートが見えます。
高校のボート部だと思います。インターハイや国体を目指して頑張っているのでしょうか。







画像府中湖畔で見かけた自転車道の標識です。自転車道は平成5年の国体(カヌー競技会場)に合わせて府中湖畔から工事が開始され、1.7Kmが先行完成とかで、当時の意気込みが感じられます。





画像府中湖をすぎると、あとは綾川河口までもくもくと走ります。この区間も工事未着工区間で、一般道路の重用です。堤防道路の区間が多いですが、比較的車が少ないのがありがたいです。うっすらと川霧が発生しています。



画像綾川と県道186号線(さぬき浜街道)と交わると、左折してさぬき街道を、土器側大橋東詰まで走ります。











画像坂出市の交通量の多い道路を走りますが、サイクリングに向いているかどうかは、人それぞれだと思います。個人的には、路面が荒れていても自然の中を走るほうが好きです。






画像綾川自転車道の終点です。終点表示はありませんがここだと思います。写真を撮ったときは引き潮だったようで水量が少なかったです。






最後に


このコースは、工事着工が遅れているようで個人的には府中湖畔の6Kmが現段階でのメインコースだと思います。往復で80Km弱のコースはけっこうな運動量になるので府中湖畔往復12Kmのコースがお勧めです。また、トレーニング用としては路面状態のいい一般道を走る人を多く見かけました。なお、正確を期したつもりですが、文中の誤り、不適切な箇所があればコメント欄からでもお教えください。よろしくお願いいたします。迂回路等で香川県の助言をいただきました。ありがとうございました。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック