下津井電鉄廃線跡サイクリングロードを自転車で走る

画像茶屋町児島自転車道は、JR茶屋町駅から(旧)下津井駅まで約20kmの歩行者・自転車専用道です。1991年に廃線となった下津井電鉄跡地を倉敷市が譲渡され、その大部分が自転車道に転用されました。特に児島 - 下津井間は通称「風の道」として重点的に整備されています。


画像本サイクリングロードは、地域社会に密着した生活道路です。住民の方が清掃や花の手入れをしている姿をよく目にします。この日は花の植替作業中でした。住宅街では通行の方への配慮が必要です。


どうやっていくか?


JR茶屋町とJR児島駅周辺に有料駐車場あります。輪行の場合、瀬戸大橋線の茶屋町と児島駅を最寄り駅にすると便利です。わたしの場合、自宅から5Kmなので自転車で直行か車を利用します。



※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。


ここから本文です。


画像起点は、JR茶屋町駅正面右横の自転車駐輪場後にあります。茶屋町駅周辺は住宅地として発展しており、往時を偲ばせるものはなにも残っていません。








画像最初の距離標識が500m先にあります!それぞれの自転車道には一番似合う季節があるものですが、ここは桜のトンネルや桜並木を見ながら走れる春が一番似合うと思います。





画像しばらくいくと藤戸駅跡に出ます。ナローゲージの軽便鉄道ということで、駅跡も思いのほか小じんまりとしています。駅名表示は、ペンキが剥げ、かつ退色して判読不可能です。





画像上の写真は自転車道と県道165号線が交わる交差点です。信号の押しボタンを押します。
ほどなくすると県道21号線に出てきます。交通量が多い4車線道路ですが歩行車・自転車専用帯を走ります。




画像最初に迷う地点です。県道21号線から水島IC入り口へ至るループ状の道路に沿って半周します。直進しても同じところに出ますが、横断歩道を余分に渡ります。







画像上の写真は瀬戸中央道の高架下を通過する自転車道です。周囲に民家はありません。
続いて県道62号線下のトンネルを通過します。昼間は快適ですが、夜は(特に女性には)怖いかも?




画像コース中で、目立つ坂道です。しんどければ歩けばいいです。距離は短いのであっと言う間に峠を越えています。










画像県道21号線横の休息所です。車も自転車も利用できるようになっています。この先で、県道横のリサイクル屋さんを過ぎたら、わき道(廃線跡)に入ります。






画像専用道をしばらく走ると、県道に突き当たります。県道の先にピンクの喫茶店が見えます。よく見ると軽自動車と船もピンクです。









画像二番目に迷う地点です。坂道を下り横断歩道を渡って反対側(喫茶店側)の道路に出ます。しばらくいくと、自転車道が見えるので右折します。見落として下まで行き過ぎないようにしてください。




画像県道276号線をまたぐ歩行者・自転車専用の高架橋です。面倒がらず、自転車を押して上り下りします。というか、乗って上るのは不可能です。








画像高架橋から、これから通る住宅街を望んでいます。


おじさんが、自転車でゆるゆると走ります。邪魔にならぬようそっと横を通り過ぎました。





画像車道を横切り、大正橋を渡ります。当時を想像すると、橋からまっすぐ行きたいところですが、すぐ道を失います。線路跡を忠実に進みたいところですが不可能なので、左の車道に進みます。最後に迷うところです。



画像児嶋駅舎跡です。金、土、日、祝日以外は閉鎖され、通り抜けできません。 案内に従い、駅舎の裏側に回り込むと「風の道」の起点があります。








画像風の道の起点~老人健康施設オアシス、県道393交点~下津井駅跡が舗装道路です。地面が固いので問題なく走れます。スピードは出せないのでゆっくり走りましょう。







画像備前赤崎駅跡です。遠くに鷲羽山ハイランドとせとうち児島ホテルが見えています。













画像自転車道が国道430号線と交差するところです。道路の向こうに廃線跡が見えますが、目の前に横断歩道が無いため、横断歩道を通るよう迂回指示の案内板です。手作り感溢れる案内板と注意喚起です。




画像老健施設を過ぎると道路はアスファルト塗装になります。この辺は枕木が柵に使われています。

この先、JR瀬戸大橋線の下を潜ると写真右のように瀬戸内海が見えてきます。





画像自動車で通り過ぎるだけでは見れない児島ボートの全景を山の上から眺められます。ボートを見に行ったことがなかったので面白かったです。ぐるぐる回っていました。






画像自転車道から大畑漁港を見下ろせます。大槌島が見えています。














画像鷲羽山駅跡から瀬戸大橋が見えます。ほかにも見えるポイントがありますがここがベストポイントだと思います。ここには、トイレと休息所が設けられており、しばし休息といったところでしょうか?天候がいいときに訪れたいところです。



画像下津井駅跡につきました。ここが終点です。















画像下津井駅駅舎の後にかって走っていた電車が保存というかおいてあります。かって電車を保管していた車庫でしょうが、屋根部分がボロボロです。





最後に


文中の誤りや不適切な箇所があれば、お教えください。修正しますのでよろしくお願いいたします。また、別記事「春の下津井電鉄廃線跡サイクリングロードを自転車で走る」をUPしました。合わせて見ていただけるとうれしいです。なお、茶屋町児島自転車道については、倉敷市観光課作成の倉敷WEBのサイクリング特集が本記事より参考になるかと思います。ご紹介させていただきます。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック