伯耆自転車道をサイクリング

画像鳥取県中部及び西部を伯耆と呼びますが、伯耆自転車道(鳥取県道501号倉吉東郷自転車道線の通称)は、鳥取県中部の倉吉市と東伯郡湯梨浜町を南北に結ぶ総延長24.3kmのコースで「東郷湖畔打吹ルート」の名が冠されています。廃線跡、河川、日本海、湖畔と変わる景色が楽しめます。


画像1985年にJR倉吉線が廃止になりましたが、上小鴨駅~西倉駅間はサイクリングロードに姿を変え、特に「花と緑のふれあいロード」と呼ばれています。起点は旧上小鴨駅の一角です。廃線区間を過ぎ、小鴨川、天神川沿いを北上した後に日本海沿いに走り、東郷池の西湖畔(北山古墳付近)に至るコースです。3駅跡は、駐車場とトイレが完備していたので利用させていただきました。




※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。


ここから本文です。


画像伯耆自転車道の起点です。起点は小鴨橋付近とする他ブログ等の記述を見かけましたが、写真を見ると明らかですが.,、ここ(旧上小鴨駅跡)が起点です。県指定史跡の石塚廃寺塔跡入口が近くにあります。



画像驚いたことに、自転車専用道の県道標識がコース途中に立っていました。本物より非常に小さい気がしますが、目の錯覚でしょうか?初めてみました。







画像造園業者の方が除草作業をしていました。おかげで気持ちよく走れます。感謝です。

下の写真は旧小鴨駅跡ですが、りっぱな休息所と駐車場がありました。
線路は西倉駅のみ、現存します。




画像小鴨橋付近です。ここから北にむかって東郷湖にいたります。どこか見た風景、そんな気がします。











画像パチンコUFOが見えたら橋を左折します。ルートラボの地図では正しく表示できていませんが、ここから保険所犬管理センターを経て倉橋大橋にいたるまでが複雑です。下見の時は、ここで挫折して引き返しました。



画像倉吉大橋北側にある不思議な人体オブジェです。クラリネットを吹いているのでしょうか?それにしても不恰好です。倉吉大橋南側のオブジェ?もよくわかりません。ご存知の方はお教えください。木口小平を一瞬、思い出しました。



画像河川敷には、色々な人が様々なスポーツと趣味を楽しんでいます。ランニングする人、ウオーキングする人、自転車で走る人、つりをする人などです。写真は珍しい模型飛行機(かなり大きい)を飛ばしていた人達です。



画像国道9号線を走ると見える風力発電の風車が見えてきます。かなり巨大なので、遠くからでも視認できます。昔の鳥取を知るものにとって、高速道路と風車が目新しい景観でしょうか?9号線は、相変わらずよく混みますが・・・。



画像9号線を渡ろうと、土手を上がっていきましたが交通量が多く渡れません。諦めて下を見るとトンネルを潜ると反対側にでそうです。引き返したら、トンネル手前に自転車道を示すマークがありました。安心しました。



画像天神川が海に注ぐところまで来ました。水鳥が急に多くなりました。走っているうちは逃げませんが、自転車を止めるとさすがに逃げていきます。向こうに日本海の波が泡立っています。





画像川と海が一緒になる地点です。海と言えば穏やかな瀬戸内海を思い出す私ですが、日本海の荒波が川に雪崩れ込んでは、穏やかに消えていく様は感動的です。この景気が見れただけで来た甲斐がありました。



画像自転車道が日本海と平行する区間(1500m)は、折り返し3Kmのウオーキングコースにもなっています。「さあ、がんばろう!」、「元気をだして!」、「もうすぐゴール」とかの標識が立っています。波の音がよく聞こえます。



画像ココの駐車場で日本海とお別れです。駐車場に車を止め地元の方が海を眺めていました。サーファーらしき人達もいます。

ここから自転車道は橋津川流域に入っていきます。





画像橋津川に沿って自転車道を走ります。昨夜来の雨は止みましたが、ところどころに雨の痕跡を残しています。低気圧の影響でなかなかすっきりしない天候でした。







画像浅津橋近くに来ました。ハワイ夢広場が見えています。屋根付グランドです。右折して反時計回りが伯耆自転車道で、橋を渡り湖畔を時計回りすれば鳥取県中部海岸自転車道です。※2つの自転車道は一部共有区間があります。



画像東郷湖の景観です。東郷羽合臨海公園は複数の公園があり、ナビで電話番号検索するとあやめ池公園です。

湖畔モニュメント。

水に浸かった公園です。




画像はわい温泉街に入ってきました。ホテルや温泉が集中してあります。湖底から湧き出る温泉を利用した温泉地は、他にも東郷温泉(中部海岸自転車道沿い)があります。





画像はわい温泉にある足湯です。温泉街には複数の足湯がありますが、自転車道沿いにも2箇所ありました。めぐみの湯公園内にも足湯がありました。ここはお客さんがいませんでしたが、岩作りの足湯と公園内足湯は賑わっていました。



画像めぐみのゆ公園で見つけた温泉スタンドです。温泉水を100円で100ℓ給油できるようですが、運搬が大変そうです。白い蒸気が漏れているので、「ああ、本当の温泉なんだ」と思いました。




画像終点に着きました。二度目に訪れたときは、地元のマラソン(駅伝?)大会をしており、自転車道がコースとして使われていました。参加者用にコースを示す白線があちこちにあり、スムーズに着くことができました。


最後に


文中の誤り、不適切な箇所があれば指摘してくださればうれしいです。訂正しますので、よろしくお願いします。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック