アルファロメオ・164

画像164 は6(セイ)、それを吸収した90に代わり、1987年に登場した開発コード名を名前にしたアッパーミドルクラス4ドアサルーンです。写真は、PMAのアルファ 164 3.0 V6 スーパー 1992Mブルーです。世界のアルファ・ファンに今も愛されるモデルカーは少ないです。






イタリア産業復興公社(IRI)の支配下にあった1980年にFRサルーンとして開発が始まりますが、主に財政的な理由から自社内での開発を断念し、フィアット(クロマ)、ランチア(テーマ)、サーブ(9000)の3社間で推進されていたセグメントEの中型FFサルーンのためのティーポ4プロジェクトに1982年に正式契約、最後の1台として参加します。アルファロメオがフィアットに買収された翌年の1987年、164は、フィアットによりリファインされ,フィアットの傘下に入って最初のモデルとして登場します。164は1998年に後継モデルとして166が登場する約10年間に27万台生産され、156登場まではアルファロメオ史上、最多量販車種でした。
※ティーポ=Tipoは英語で“Type”の意で、ティーポ2、ティーポ3、ティーポ4はそれぞれ今で言う所のCセグ、Dセグ、Eセグに当ります。


本来は望んでいなかったFFシャシですが、アルファ・ロメオの技術陣はスッドでの経験を生かして大柄なボディを感じさせない軽快なフットワークとシャープなハンドリングのクラス随一のドライバーズサルーンに仕立てます。


また、ピニンファリーナ(メインデザイナーはエンリコ・フミア)によるボディデザインは他のティーポ4プロジェクトの車とは全く似ておらず、スポーティーかつスタイリッシュなプロポーションと、優れたパッケージングを実現しています。164は、新世代アルファ・ロメオの代表として、また近年の最高傑作とされるモデルです。


モデル期としては1987年の発売から1992年のマイナーチェンジまでの前期と、それ以降の後期に分かれます。エンジンはデビュー当初は、アルファ・ロメオ製2リッターの直4DOHCツインスパーク、VM製2.5リッター直4ディーゼルターボと、主に輸出向けにアルファ・ロメオ製のV6SOHC3リッターが用意されます。1988年にはランチア・テーマと共用のフィアット製2リッター直4DOHCターボも追加されますが、後にイタリア国内専用として2リッターV6ターボ(アルファ・ロメオ製)へ変更されます。


1993年のマイナーチェンジの際には、3リッターV6(アルファ・ロメオ製)がダイレクトイグニション化され、ヘッドライトも薄いプロジェクターランプに変更になるなど、小改良をうけます(164FL)。人相が悪くなったとか言われ賛否が分かれます。また、3リッターV6は4カム24バルブ化されサイドインパクトバー、前後のバンパーが大型化するなどで安全面を強化したスーパー(Super)に搭載され投入されます。その翌年1994年には、その4カムユニットを搭載した4WDスーパースポーツサルーン、Q4が追加されます。シュタイヤープフ社と共同開発したビスコマティック・システム(フルタイム4WDシステム)を装備した、画期的なモデルでした。ゲトラグ社製の6速マニュアルを採用しています。


その後、1995年には小改良とともにSOHC12Vモデルにもスーパーボディが与えられます。単にスーパーと呼ばれていた24バルブモデルはスーパー24Vに名称が変更され、12バルブモデルはスーパー12Vと呼ばれるようになります。


164にはチューニングバージョンであるQVが200台数限定で1990年に発売されます。クアドリフォリオ・ベルデとは「四葉のクローバー」を意味し、ジュリア以来アルファ・ロメオの高性能モデルに付けられている名称です。エンジンはハイカム化等のチューニングを施され、ノーマル比15ps増の200psとし、高い評価を受けました。エアロパーツとスピードライン社製の15インチ専用ホイールで概観を差別化していました。後期型として、24Vのクアドリフォリオも製造されました。


日本導入は本国発表から遅れること約1年半、当時のインポーターである大沢商会アルファロメオ事業部を通じて輸入され、大沢自動車販売株式会社ネットワークとコーンズモータース・ネットワーク系列でが発売されます。本国では2.0L以上になると車両価格が高額になるため、2リッターの直4DOHCツインスパークが生産台数の約6割を占めましたが、日本では3リッターのV6搭載するトップレンジモデルの4AT仕様が輸入されました。


H20年4月13日午前8時20分頃、大阪府東大阪市で「ひき逃げ事件」(後で計画殺人とわかる)が発生しました。現場に残った塗料片から、犯行に使われてた車がグリーンの164と判明しますが、この時点で捕まったも同然だったと思います。なにせ、現存する164は希少ですから。犯人はアルファロメオ好きな元クルマヤでしたが、おかしな目立ち方をしたものです。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック