備中・倉敷あんこめぐり

画像「備中・倉敷あんこめぐり」(県備中県民局、倉敷市、山陽新聞社などでつくる実行委主催)は、倉敷、総社など7市1町の48店のお菓子屋さんが参加し、各店を紹介したマップを持参し、商品を購入するとスタンプが押してもらえ、応募すれば抽選で商品券(スタンプ3個分)やオーダージーンズ(同15個分)が当たります。
ちなみに、備中国(びっちゅうのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった国の一つで、山陽道に位置する。現在の岡山県の西部にあたります。

かつて豊かな自然に恵まれた「備中」は、北海道、丹波と並び三大産地とされ、伝統の老舗をはじめ、地元に親しまれた名店が風味豊かな銘菓を生みました。こだわりの職人が丹念に拵えた「あんこ」を味わいながら、あわせて備中・倉敷の歴史と文化を味わおうという企画です。←「備中・倉敷あんこめぐり」(のリーフレットから

りっぱなHPも、ここにあります。とうぜん48個のお菓子の写真がありますが写真を見るだけでお腹が膨れそうになること、うけあいです。

画像わたしも、一念発起し、歩きつくそう、食べつくそうと思い、土、日に暇を見つけては訪店活動しています、甘い物の摂取過多による肥満、病気の発症には厳しい自己管理が必要です。また、買い求めたお菓子を写真に撮りためています。無事に全店回れたら、あまり見る人もいないでしょうが、アルバムにアップしたいと思います。上の写真は、倉敷阿智神社入り口横の「えびす饅頭」の店頭です。みごとに女性客ばかりです。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック