ああ、岡山弁!

画像


上(左)のポスターは日本観光ポスターコンクールに入賞した岡山県の備中地域の観光PRポスター「でぇれー ぼっけーもんげー」です。ちなみに「でぇれー ぼっけーもんげー」は〔すごい〕の原形、比較級、最大級で「すごい」、「す、すごい」、「すす、すごい」の意です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に詳しい説明があります。
「でーれー」「ぼっけー」「もんげー」は程度を表す形容詞・副詞。「とても」「すごい(すごく)」等の意味で使う語で典型的とも言える岡山弁。
でーれー=「どえらい」が中国方言音便により変化したもの
ぼっけー=老人などが「ぼっこう」と発音する。昔からよく知られた岡山弁
もんげー=「ものすごい」が省略と音便により変化したもの


以前読んだ岡山弁に関するエッセー(題名不詳)の話ですが、「私は郷里の岡山に帰るたびに岡山弁の汚さにうんざりする。電車の中で女子高生が「~じゃ」とか「~けー」とか「~なぁ」とか楽しげに大声で話しているのを聞くと、百年の恋がさめるわけではないがまことにがっかりする」という一文を読んだことがあります。

またフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用させていただくと
じゃ=断定の助動詞。年齢・性別・職業などを問わずほぼ全ての層で用いられ、岡山弁を特徴付ける大きなポイント
~けー、~けん=「~から」を表現する。関東方言はもちろん、近畿方言でも用いられることはなく、中国方言を特徴づけるポイント
な、なぁ、なー=念押しとして使われる助詞。広島弁では男性が「の」「のぉ」「のー」、女性が「ね」「ねぇ」「ねー」となるが、岡山弁では男女問わず「「な」「なぁ」「なー」を使用


きつい・きたないと言われがちな岡山弁ですが、地元のわたしでもあまり聞きたくない岡山弁を思いつくまま書いてみました。お隣の県の広島弁も「仁義なき戦い」を見るとけっこうどっきりする言葉がたくさん出てきますが、けんかするには岡山弁が最適な方言だと思います。まったくの私見ですが。
いやなことを岡山弁で言われた際には、標準語で言われたときよりも数倍感情を害せられる気がします。

オメー=「あなた」の意。「オミャー」と変化することもある。二人称単数形。複数形は「オメーら」。
使用例/「オメーらは、昼間からぶらぶらしゃーがって」(あなたたちは昼から遊んで)
ケエツ=此奴(こいつ)の意。「ケェーツァー」となまること多し。
使用例/「ケェーツァー使えんやつじゃ」(おまえは役にたたない人間だ)
オドリャー=呼びかけ語。オドリャーは「オドレー」より語気荒く語りかける時に使用する?
使用例/「オドリャーなにゅうしょうるんなら!(いったい、なにをしているのですか!)
タレナ=言うなの意。強い抑制。
使用例/オドリャー大うそをタレナ(あなた。大きいうそをいわないでください)
きゃーくそがわりー=気分が悪いの意。短縮して「きゃーが悪いー」ともいう。
使用例/「勝手なことばーしゃーがって、きゃーくそがわりー」(自分勝手なことばかりして、気分が悪い)
おえん=いけない、だめ の意。オエマーと変化することあり。
使用例/そりゃー、オミャー.おえまー(そんなことをしてはいけないでしょう)
ちばける=ふざけるの意。
使用例/あいつはちばきゃーあがってどんならん(あの人はふざけていてどうしようもない)


◎岡山弁に関心をもたれたら
岡山弁JAGA!(青山 融著)(←音声入り)を読んでみてください。岡山弁の表現の多彩さと活用形を勉強?するには最適な本だと思います。CDが付いていますので岡山弁の正しいイントネーションを学べます。わたしも正統派の岡山弁をマスターしたいとの思いからカーステにかけて一時期、かなり勉強しました。

また、WEB上に公開されている漫画、岡山弁少女漫画/ボッケーLOVEが面白いと思います。ザグザグ(岡山県中心のドラッグストアチェーン)のCMにでてくるザグザグファミリーの作者で岡山市在住の山吹あららさん作の漫画です。岡山の若者にも岡山弁が引き継がれていることがわかり、たのもしいかぎりです。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック