キウイハズバンド

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉野市電廃線跡を自転車で走る

<<   作成日時 : 2010/12/21 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像玉野市電(玉野市電気鉄道)は、国鉄宇野駅と郊外の玉遊園地を結ぶ総延長4.7Kmの鉄道でした。備南電気鉄道が三井造船の引込み線を活用する形で1953年開業しますが、赤字続きで玉野市に譲渡されます。しかし黒字になることなく1972年3月31日に廃止になります。写真は現在の宇野駅です。玉野の町も瀬戸大橋開通など時代の波を受けて大きく変化し往時を偲ばせるものが少なくなりました。



画像線路跡の多くは歩行者・自転車道に姿を代えて利用されています。距離も短かく、ジョギングコースとしても想定しているようです。天気がいいので自転車で走ってきました。写真は三井造船近くの専用道です。





※ルートラボのタイトル名をWクリックすると地図が拡大します。
地図が読み込めない場合、ココをクリックしてください。



ここから本文です。


画像国鉄時代の宇野駅は、現在のJR宇野駅の西に位置していました。市営鉄道は国鉄ホームへ乗り入れていました。駅前交番近くにそのホームがあったようです。写真は交番とJR宇野駅の間の月極め駐車場付近です。





画像旧宇野駅〜小潟駅間は、現在通れるコースを通っています。JR宇野線沿いに北上します。

玉野競輪に向かう誇線橋を過ぎたら左折し、JRバス操作場前を通過します。廃線跡らしくないのですが・・・




画像県道22号線にでてきました。歩道橋に「玉野市広潟」と書いてあります。歩道橋を降りたところが、最初の駅「広潟駅」があったところです。宇野駅から700m先地点です。







画像広潟駅跡は歩行者・自転車専用道のスタート地点ですが、ジョギングコースのスタート地点でもあります。ジョギングについて書いてある案内板が風化して文字が読めません。







画像天狗山トンネルが見えてきました。全長179mで玉野市電最長のトンネルで、出口が見えません。声がトンネル内で反響して面白いので「ヤッホー」と連呼していたら、おばさんが反対側からひょっこりと出てきました。





画像西小浦駅跡はベンチがあり、休憩スペースになっています。時候のいいときには、近所の方の話の輪が広がるのでしょうか?









画像玉野市民病院前です。ここもジョギングのスタート地点のようです。かってはここに玉野市役所があり、玉野市役所前駅はこのあたりにあったようです。今は何も残っていません。







画像中山トンネル出口から、専用道を撮ってみました。町にも、通り過ぎるお年寄りにも時間がゆっくり流れているようです。そんな気がする昼下がりでした。








画像廃線跡の自転車道らしい風景です。自転車道からも住居に出入りできるよう、にフェンスに切れ目があります。ここに住んでいる方は、どんな目で鉄道の変遷を見てきてきたかと感傷的になりました。





画像大仙山トンネルです。出口付近でおじいさんが倒れておりびっくりしました。散歩途中で腰がくだけ起き上がれなくなったようです。助け起こしましたが「年は取りたくない」とおっしゃっていました。お年寄りが目立ちます。




画像専用道は、三井造船前の道路につき当たります。道路向こうには、大聖寺と巨大なクレーンが見えています。大聖寺前駅は道路向こうにあったようです。








画像白砂川橋梁ですが、いまは専用道橋に姿を変えて役立っています。














画像三井造船前の駐車場です。三井造船所前駅(旧玉駅)はこのあたりにあったと思われます。ここまでが当初の開業時の区間だと思います。宇野駅から約3.5km地点です。







画像玉駅は商店街のイベント広場(休息所?)になっています。市営となってから乗客を増やすため、ここから玉遊園地前まで路線延長が行われました。写真は廃線跡と思われる通路です。ここにもジョギングのスタート地点があります。




画像電車は、写真の駐車場のあたりを走っていたようです。駐車場は長細く、月極と有料に別れていました。30分ごとに60円らしいです。手前の建物に駐車場の管理人の人がいました。







画像玉野市電の線路延長区間は白砂川の中に橋脚を立てて路面を作り、川にせり出す部分を走っていました。川幅は狭くなりますが、低コストを狙ったのでしょうか?








画像玉遊園地前駅(終点)と思われる地点です。ご近所の人がここだということなので、写真を撮りました。来る前は、どんな遊園地かと思っていましたが、遊具のある公園を「遊園地」というらしく確かに公園がありました。




最後に


画像有志の方で作る「玉野市電保存会」が、HPを開設されています。本記事を書くにあたり参考にさせていただきました。また、香川県から里帰りした玉野市営電鉄モハ103号は、すこやかセンターに静態保存されています。




画像同館では、玉野出身の漫画家いしい ひさいちさんのまんがも見ることができます。当時を知る方にとって噴飯物の記事かもしれません。文中の間違いや不適切な箇所があればお教えください。訂正いたします。

同じ玉野市で玉野市・東海岸後閑サイクリングコースを走りました の記事もUPしました。よかったらごらんください。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玉野市電廃線跡を自転車で走る キウイハズバンド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる