キウイハズバンド

アクセスカウンタ

zoom RSS GIMPで合成写真

<<   作成日時 : 2008/09/15 04:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

GIMPの2.6.4ヴァージョンを使って新たに記事を作り直し、2009年4月記事としてアップしました。よかったらそちらのほうもご覧ください。


画像切り抜き画像はブログやホームページの背景等に利用したり、美人とワンショットの写真を作るなどに役立ちます。VHSの普及に裏ビデオの流通が貢献したという説があります。合成写真を作る目的はさておき、出来上がりが楽しい作業です。しかし何事にも最低限の知識は必要です。写真を合成するには「レイヤー」、「フローティングレイヤー」、「アルファチャンネル」について少しでも理解したほうがいいので、まとめてみました。順番としては「GIMPを使い始める前」にを最初に読んでいただき予備知識を得てから「合成」にチャレンジしたほうがいいのでしょうが、一番楽しい?ことから始めるるのもいいかと思います。わからないことができたら調べる、それで十分だと思います。GIMPについて詳しいサイトはいくらでもありますので、やりたいことがスキルに応じて書いてあるサイトで必要な情報を入手してください。

これから書くことは、以前紹介させていただいた、みんなのIT活用術を見ながら練習した時の自分の覚えを元にしており、直接前記サイトを参考にていただいたほうがいいです。わたしと同じレベルか、過去に合成に挫折した人(わたしです)、とりあえずやってみたい人には参考になるかと思います。ここでつまずくみたいな、注意書きのまとめです。

◎用語の説明
・レイヤー
透明な層にイメージを描いていき、それらを重ね合わせる事で新しいイメージを作れます。但し、背景色が塗られた状態のレイヤーが1番上にあると、その下にあるレイヤーの画像は表示されません。背景の透明な部分のみ、下のレイヤーが表示されます。画像を編集する際は、まず各レイヤーを選択して操作していきます。操作が全く反映されないと思ったら、違うレイヤーを操作してたという事がよくあるので注意します。各レイヤーはそれぞれ不透明度を設定出来る他、「目のマーク」をクリックすれば特定のレイヤーを編集画面に表示させないように出来ます。「レイヤー」ダイアログでレイヤーを新しく追加する時は左下にあるページのボタンの「新規レイヤー」をクリックします。その隣のアイコンはレイヤーの重なりの順序を操作します。上の位置にあるレイヤーほど、前面に表示されます。レイヤーを削除する場合は対象のレイヤーを選択して一番右のゴミ箱ボタンで行います。
※「背景」も「背景レイヤー」です。

・フローティングレイヤー
文字を入力した時や選択範囲を移動させた直後などにできます。浮かび上がった状態になっている一時的なレイヤーで、一部の操作ができなくなり、処理は全てフローティングレイヤーに対してしかできなくなります。レイヤーに固定する事で通常の処理ができるようになります。

・アルファチャンネル
普通 GIMP で作業するときは RGB 画像で作業をしますが、このとき背景レイヤー以外はアルファチャンネルを持っています。アルファチャンネルというのは透明度の情報で、そのレイヤーのある部分がどのくらい透明であるかという情報を持っています。普通は背景レイヤーはアルファチャンネルを持っていないので透明にする事はできないのですが、「レイヤー」メニューから 透明部分→アルファチャンネルを追加.をすることによりアルファチャンネルを付加する事ができます。基本的にアルファチャンネルを持たないレイヤーというのは背景レイヤーしか存在しなくて、レイヤーからアルファチャンネルを取り除くには 「画像」メニュー→「画像の統合」をするを実行する必要があります。画像の統合を行うと全てのレイヤーが一枚のレイヤーに統合され、アルファチャンネルを持たない背景レイヤーだけが画像に存在するようになります。

前書きが長くなりました。

◎準備作業
1.背景にしたい画像ファイルを「ツールボックス」(GIMP本体)の「ファイル」メニューから開きます。「レイヤー」ダイアログを表示させます。
・「ツールボックス」の「ファイル」→「ダイヤログ」→「レイヤー」。
・「レイヤー」ダイヤログには、開いた画像が「背景」として表示されています
2.切り抜きたい目標物の写った画像ファイルも「ファイル」メニューから開いておきます。
・「レイヤー」ダイヤログには新しく開いた画像が「背景」として表示されました←アクティブな画像ウィンドウの状態を表示します)。
画像←は1から2までの画面です










3.1の「背景」画像の「画像ウィンドウ」をアクティブにして「レイヤー」ダイアログから「新規レイヤー」(塗りつぶし方法:透明)を作ります。
・「レイヤー」ダイアログ→「新しいレイヤー追加アイコン」→「レイヤー塗りつぶし方法:透明」で作ります。
・「レイヤー」ダイヤログの「背景」の上に市松模様の「新規レイヤー」が表示されました。
※「新規レイヤー」は、「背景」画像のサイズで作られます。貼り付ける画像(コピーした画像)が貼り付けられる「新規レイヤー」より大きい場合、コピーした一部分しかペーストできません。
画像←3の画面です












4.2の切り抜きたい目標物の写った画像をコピーし、3の新しく作った「新規レイヤー」(塗りつぶし方法:透明)にペーストします。2のコピー元画像は閉じておきます。
5.「フローティング選択領域(貼り付けられたレイヤー)」が新規レイヤーの上(一番上)にできたので「レイヤー固定アイコン」を使用して「新規レイヤー」に固定します。名前が「フローティング選択領域(貼り付けられたレイヤー)」から「新規レイヤー」に変わります。
6.「新規レイヤー」の切り抜き作業をするので、「背景」レイヤーは「目玉マーク」をクリックして非表示にしておきます。
画像←4から6までの画面です。










◎編集作業
・「あいまい選択」ツールで切り抜く
背景、又は目標物の色が比較的単純な場合
「ツールボックス」(GIMP本体)の「あいまい選択」ツール(最上段左から4番目の鉛筆?の先が光っているアイコン)をひまわりの上の空中あたりでクリックし、「あいまい選択」メニューの「閾値」を変化させ選択領域の変化をみながら最適な選択範囲になる値を見つけます。「閾値」をあげると選択範囲が広くなります。後で「消しゴム」ツールで手直しするので最初は不完全な切り抜きでいいです。取り消しは「取り消し」ダイヤログか、「画像ウィンドウ」の「編集」から行います。選択の解除は「選択」メニュー→「なし」です。

※画像(特に小さい画像)を見やすくするため、必要に応じ「画像ウィンドウ」の左下の「拡大・縮尺」のプルダウンメニューを使用します。

背景、目標物も単純でない一般的な場合
あいまい選択実施後の選択抜け部分を選択領域に含めていく作業と不要な選択領域部分の削除を実施します。選択領域に加える場合、「あいまい選択」ツールのツールオプションのモードで「選択領域に加える」を選択し、「閾値」の設定を最初におこなったときよりも低く設定してから選択領域を加えてみてください。選択領域に加える動作のときは、マウスポインタの右に「+」のマークが付きます。「Shift」キーを押しながら選択しても同様です。

選択領域を削除する場合、モードで「選択領域から引く」を選択するか、「Ctrl」キーを押しながら選択しても同様です。マウスポインタの右に「−」のマークが付いて選択領域を減らすことができます。

※なにを「あいまい選択」ツールの対象にしたかで、消去(Delate)の結果が違います。必要に応じ「選択」メニュー→「反転」で、選択領域を逆転させてから「編集」メニュー→「切り取り」を実行して背景を消し去ります。
画像←「あいまい選択」ツールで不要部分を消去する画面です









・消しゴムツールで修正する
「あいまい選択」ツールででおおまかに目標物の切り取りができたと思いますが、まだ不要な部分が残っているので「消しゴム」ツールで不要部分を消します。「消しゴム」の大きさや形状は、「ブラシ選択パネル」の設定が有効になっています。また、キーボードの「 Ctrl」+「 Z 」を押すことにより、直前の作業を取り消すことができます。原寸大で見ると細部は意外と見えないものです。
※消しゴムツールの動作の違い
  o 「アルファチャンネル」があると透明になる
  o「 アルファチャンネル」がないと背景色で塗られる

・背景と合成物をマッチングさせます。
レイヤーダイヤログから「背景」も表示してできあがりを確認します。背景と貼り付けた画像が違和感のないように、「拡大縮小」ツール(レイヤー全体か選択範囲を拡大/縮小するツール)や「移動」ツール(レイヤー全体か選択範囲を移動するツール)を使って調整します。
画像←貼り付けた画像を縮小している画面です










・完成したら別名で保存します。 
・「ファイル」→「別名で保存」)
・「画像の保存」画面で保存先を指定(初期状態:My Picture)→JPEGでエクスポート(=レイヤーを統合)→JPEGの圧縮率を設定(初期状態:85))
・名前は「.jpg」のように拡張子名を入れて名前をつけます。「.xcf」の拡張子付きで保存すれば、レイヤーの状態をそのまま保存できるので、あとで簡単にに修正ができます。
ファイルの保存については、GIMPを使い始める前にの画像の保存も参考にしてください。



JIMP関連記事
9月01日UP
GIMPをインストールをUPしました。
9月05日追加
GIMPを日本語化をUPしました。
9月21日追加
GIMPを使い始める前にをUPしました。
9月25日追加
GIMPでレタッチをUPしました。
9月28日追加
GIMPでレタッチ(レイヤー編)をUPしました。
10月09日UP
GIMP( 2.6.0)を使うをUPしました。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GIMPで合成写真 キウイハズバンド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる